FC2ブログ

記事一覧

消された信仰

新聞の書評に、「消された信仰」という本が紹介されていて、興味を持ちました。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されたことに関して、

2014年に長崎県が作成したパンフレットには、
「禁教政策が撤廃されてからも、…伝統はいわゆる<かくれキリシタン>によって、
今なお大切に守られています」と書かれていたのが、

2017年のパンフレットでは、
「禁教期以来の信仰形態を維持し続けたが、現在ではほぼ消滅している」
とわずか3年でまったく逆になっていることに疑問を持った広野さんが、
長崎県の生月島の取材を行ったノンフィクションです。

IMG_3284.jpg

表紙のちょんまげの侍(?)の絵は、生月島で大切にされている聖画、
洗礼者ヨハネです。

遠藤周作が「死を選んでまで信仰を捨てなかった」殉教者と、
「生き抜くことで信仰を続けたかくれキリシタン」という対比をしましたが、
まさにその通りだと思いました。

生き抜くことで信仰を続けた結果、神棚も仏壇も十字架と同居することになり、
禁教政策撤廃後も元のカトリックに復帰することがない、
というよりカトリックを必要とせず、教会も必要としない生月島のキリシタン、
独自の信仰文化が形作られていく、これって本当にキリシタンなのでしょうか?

たぶんキリシタンであることが意味をなさないのではと思いました。

いやー、図書館っていいですねー。

堅苦しい話にお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -