FC2ブログ

記事一覧

北条線列車転覆事故の真実を知りました

北条鉄道網引駅の西300m、終戦間際にここで、
多数の死傷者を出す脱線転覆事故が起こりました。
IMG_3018-1.jpg

19日の日曜日、アスティア加西で上谷昭夫さんの講演会がありました。
IMG_3030.jpg

上谷さんは何年もかかって事故の真相を調べられたそうです。

私はこの講演で昭和20年3月31日の列車転覆事故の真相を初めて知りました。
IMG_3023.jpg

16時12分、鶉野飛行場から飛び立った試験飛行の紫電改が、
エンジンを停止し、滑空しながら田んぼに墜落したのです。

そのとき、紫電改の尾輪が北条鉄道のレールを引っ掛けたため、
ちょうどそこへやってきた粟生行のC12が横転転覆、
12人が死亡、62人が重軽傷を負うという大惨事を引き起こしたのです。

網引駅の説明板も上谷さんたちが建てられたものです。
IMG_3017.jpg

謎はいくつかありました。
なぜ墜落したのか、なぜ炎上しなかったのか、なぜ北条線だったのか…。

事故と紫電改の関係については軍事秘密のため、
当時新聞にも列車単独事故として、真相は人々に知らされなかったのですが、
その紫電改の整備士であった方がまだご存命であったことから、
最近になってやっとこれらの謎が解けてきました。

C12がすし詰め状態で法華口駅を3分遅れで発車したことだけが原因ではなかったのです。

詳しい内容については上谷さんの調査研究なのでここで書くわけにはいきませんが、
数年前、網引駅に置かれていた動輪は、転覆したC12のものだったそうです。

今は京都の鉄道博物館にあるそうです。

上谷さんの講演を聞き、よくここまで調べられたと感心しました。

事故の真相だけでなく、関係された人々の生き方、
本当に平和の大切さを感じさせられる講演会でした。

クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

4年前の話と同じようです。
4年前は北条鉄道の線路上へ不時着しようとしたようですが・・・・

今回の講演では不時着という言葉は使われませんでした。
たぶん、燃料切れ=不時着という解釈をされていたのだと思うのですが、操縦していた五田上等飛行曹出ない限り、それはわかりませんからねー。
また滑走路を横切ったのが女の子と話されましたが、これも以前と変わったかも…。

その様な講演があったのですね。 じっくり聞いてみたかったです。
ちなみに林は憲兵をしていて、軍の関係でその列車に乗り合わせたとのことでした。任務中だったので、戦死扱いになってます。親父からは、詳しくは聞いたことが無かったもので。(72年後の孫より)
https://gruppetto-tail.muragon.com/

死亡されたのは五田上等飛行曹と乗客11名となっていますが、その一人が若き日のおじいさんだったのですね。
確かに犠牲者に、多紀郡日置村の林孝さん(38歳)のお名前があります。
だからnekoq07さんもときどき網引駅に寄られたんですね。
いろいろとつながっていくものですねー。
話は変わりますが、nekoq7さんのブログ、時々訪問させてもらっていますが、muragonって、コメント書くの難しいです(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -