FC2ブログ

記事一覧

早朝サイクリング

朝5時、台風前なので曇っています。
s-IMG_2833.jpg

空気はそんなに重くはなく、快適です。

蓮の花も咲き始めました。
s-IMG_2834.jpg

ここはレンコン池、これでレンコンができるんです。
s-IMG_2835.jpg
と言ってしまえば、あまり情緒がありませんねー(笑)。

今日の早朝ライドは、実は畑の台風準備のためでした。

で、準備も終わって今度こそ本当の早朝サイクリングです。
s-IMG_2836.jpg

先日の夕暮れライドで写真を撮った場所です。
s-IMG_2837.jpg

やっぱり夕方と朝では全然違いますねー。

ん、あんなところにシラサギが。
s-IMG_2838.jpg

親子かな、のどかですねー。
s-IMG_2840.jpg

7時半、日が差してきましたが、久しぶりに涼しい朝です。
s-IMG_2841.jpg

台風が来て加古川が荒れ狂わなければいいのですが…。
s-IMG_2842.jpg

台風が過ぎた後も、あの親子が無事でいますように…。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

シラサギは親子ではありませんね、種類が違いますから、
群馬伊勢崎は、雨は降りましたが、特に問題はありませんでした。

親子じゃなくて友達でしょうかねー。
カモの刷り込みみたいに、アオサギのあとをコサギが付いて回っているんですよ。
こちらは相当降ったようなので、夕方畑に出かけてきます。

黒っぽい部分があるのがアオサギの成鳥ですね。大きさは夏鳥の大型シラサギであるダイサギとほぼ同じぐらいです。全身が明るめの灰色をしていて、羽の一部、喉の一部、後頭に青みががった部分があります。
若鳥は全身が灰色と黒っぽい部分が混ざっているので、灰を被ったみたいに汚れた感じに見えます。
手前の白いのがアマサギの幼鳥です。全身が白く、オレンジ色の部分が薄いです。脚が黒く、嘴はやや短めの黄色ががった色です。
成鳥は全身が白く、ベールをまとったようなややくすんだオレンジ色の飾り羽の部分があります。冬期には飾り羽が取れて、全身白羽になるんですよ。
サギのほとんどが嘴と脚の色が変化するのが多いです。でもコサギは四季を通じて嘴が黒色なので、サギを見分ける際の指針にされることが多いんですよ。

小さいサギは遠目では全身真っ白みたいなので、コサギかと思っていましたが、なるほどくちばしの色が違いましたね。
アオサギは畑をしていてもよく見かけるのですが、灰色っぽく薄汚れた感じであまり美しい感じはしません。
ほとんどの国では「灰色サギ」と呼ばれているらしいですが、なるほどと思います。
サギがエサを探している様子は、のどかでいいですね。

アオサギは羽を畳んだ状態だと、黒っぽい部分が白羽の下から覗いて見えて、いまいち魅力的には見えないかもしれないですね。でも、翼を広げた飛翔姿はきれいですよ。
広げた翼の、身体の前面に近い部分を「雨覆」と言います。「雨覆」はたいがい3列になっていることが多いです。この「雨覆」よりも後方部についてる部分を「風切」と言います。
「風切」は羽の大きさが大きく、風を全面に受けて飛ぶ役目がある羽です。アオサギの黒っぽく見える部分は「風切」です。翼を広げると、羽が重なってない状態なので、濃い青色をしていることがわかりますよ。
今の時期はまだ、サギには後頭部や喉の部分にふわふわした感じの飾り羽がありますからきれいですね。

そう言えばアオサギが近くから近くへの低空飛行はよく見かけるのですが、大空を飛んでいる姿は記憶にありません。
だから美しい姿を見ていないんですね。
羽をたたんでいると薄汚れたように見える風切り羽が、くっきりと白と蒼のコントラストになる飛翔している姿、今度、注意して見ておきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -