FC2ブログ

記事一覧

幻想的集落、板井原への道

まだ板井原の話かい?
まー、そう言わんと、今日が最後ですから、我慢してつかーさい。

さて今回、佐用から智頭を往復した因幡街道ルートです。
板井原集落ルート

この街道は、のどかで景色はいいし見どころも多い、車の通行量は少ないし、
なにより疲れたら智頭急行に乗れるという最高のサイクリングロードです。

佐用から板井原までは、寄り道をしなければ48キロほどです。

平たん路はありませんが、因幡街道自体の最大斜度は7%以下(たぶん)です。
itaibarakoutei3.jpg

県境2が因幡街道最大の難所と言われる志戸坂峠ですが
今はトンネルが通っていて広い路肩が整備されているので安全です。

智頭宿から板井原集落への上りはさすがにきついですが、
500mほどの板井原隧道を抜けると別世界が広がります。
IMG_2236.jpg
先日のブログで「ジブリの世界」という言葉を使いましたが、
私自身、まったくジブリに興味がありません、というかわかりません(笑)。

本当のことを言うと、私が感じたのは、ジブリではなく村上春樹の世界でした。

四国高松から兵隊に導かれて川のある小さな町にたどり着く「海辺のカフカ」、
影と引き離された世界で死を迎える「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」、
渋滞で止まった高速道路から別の現実世界に降りていく「1Q84」等々でした。

まー、今は村上春樹にも興味がありませんが(笑)。

板井原隧道に入ったのが午後2時23分、そして隧道を出たのが3時29分、
幻想的別世界の滞在は約1時間でした。
itaibarasansaku.jpg


この板井原に行くのに一番楽なのは、智頭駅まで輪行して、
そこから4キロだけ上るという方法だと思います。

さて、今回の行程、ナビタイムで見ると、とても険しそうなルートに見えますが、
ポラールでは、それほどでもありません。
ポラールによる高低

でもやっぱり板井原への上り下りは急こう配です。

ところで、走り出したときにPOLARがおかしくなり、
地図以外データを取るのが不可能になりました。

再起動しても直らなかったので、地図だけで走りました。

センサーは全く反応せず、距離とスピードはGPSで割り出されているので、
再起動後に記録できた分では距離は98㎞でした。

なんと平均速度は11.2㎞!止まっていてもおかまいなしのようです。

困ったことに、帰ってきてからもポラールが全然直らないんですよ。

ポラール、もうご臨終かなと思いながら、畑でふと気が付きました。
いつのまにか設定が、「バイク3」になっているではありませんか。
IMG_2364.jpg

自転車を「バイク1」で設定しているので、これではデーターが取れないのは当然です。

「どないなっとんのんや、ポラールは!」と機械のせいにしていましたが、
私がわるーございました。

人間、思った通りに行かないと、「自分は悪くない」と言って、
すぐ人のせいにしたり、物のせいにしたりしますなー。

歳をとったら、謙虚に生きにゃあいけません。

どうも変な話になってしまいましたが、
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

ポラールの件、自分も先日似たようなことがありました。
あらたにMTBを登録したのですが、MTBとしては1台目だと思いMTB 1でバイクを選びましたが、ポラール内ではバイク 4だったので、なぜか測定できないと悩んでおりました。
あれ、バイクの番号ではなく、名前を入れられたら良いのですが。
自分は、バイクを新旧含めて稼働状態で、ローテーションして乗っています。
ので、ふと、このバイクの番号は?って思います。
少し話は違いますが、時折、心拍数が一定で変化しないときがあります。
センサーが怪しいのでは?と思っていますが。
ブルーツゥースのセンサ、少し長めに休憩するとセンサーがお休みするのか、再度乗車時に検出しないことがありますね。
いつも、長めに休憩した時は、センサーの再検出をしていますが、少し面倒臭いかな。
その辺は、ANT+は安定していますね。

便利なので頼りすぎて、慣れちゃって、ちょっと変化があると対応できない、でもだいたい自分に責任がある場合が多いんですよね。
まー、しばらくすると解決できるのでいいんですが(笑)。
最近、あまり心拍系はつけていませんが、つけているとき、心拍系のセンサーは安定していました。
むしろケイデンスやスピードセンサーの方が外れることがあり、再検出では検出しなくて、一度センサーを解除して、センサーの再検索をしなければならないことがあります。
センサーの安定性については、やっぱりブルートゥースよりANT+の方が一枚上手なんでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -