FC2ブログ

記事一覧

いよいよ鳥取の秘境、板井原へ

チューブを交換してタイヤの補修をして、次の大原宿を目指しますが、
このタイヤでどこまで走れるのか心配です。

しかもわき道に入ったため373号線に戻る道が見つけられなくて、
あぜ道を押して歩くことになりました。
IMG_2208.jpg

自転車は人生と一緒で、一度道を間違えると元の道に戻るのが大変です。

若いもんに、よー、ゆうて聞かせとかにゃあいけんばい。

11時41分、大原駅に到着。
IMG_2209.jpg

派手なパンクのおかげでだいぶ時間をロスしました。

大原宿は時間があれば帰りに立ち寄ることにして、先を急ぎます。

日本で何番目かに美しい村、西粟倉村に入りました。
IMG_2210.jpg
山に囲まれたのどかで本当に美しい村です。

道の駅「あわくらんど」、お腹は空いていますが、
自転車を持ち込めないので、立ち寄りません。
IMG_2211.jpg

でもその隣の建物には立ち寄ります。
IMG_2212.jpg

むちゃくちゃ立派なトイレです。
IMG_2214.jpg
さすが平成の市町村合併を拒み、「百年の森林構想」で
地域再生に取り組んでいるだけのことはあります。

トイレの入り口の自動ドアがとても広かったので、自転車も入れました。

よかったのかどうかはわかりませんが、安心して用を足せました(笑)。

それでは因幡街道最大の難所と言われる志戸坂(しとさか)峠に向かいます。

と、その途中で廃校を発見。

門柱には歴史を感じさせる「影石尋常小学校」の文字があります。
IMG_2215.jpg

車が数台止まっているし、ここならお昼を食べられるのでは、と思って校庭に入りました。

「フレル食堂」、今日は土曜日なのでやってるね。
IMG_2216.jpg
自転車は食堂の前のテラスに置けるので、安心です。

廃校にはなっていますが、いろんな団体が入っていて活気がありました。
IMG_2218.jpg

「お昼、食べられますか?」
「どうぞー。」
IMG_2219.jpg

注文したのは、日替わり定食、地元の野菜や惣菜、焼き魚、ご飯と具沢山の味噌汁、
とても体によさそうなものばかりでした。

なぜ写真がないかと言いますと、そこのお姉さんと話し込んで、
写真を撮るのを忘れていたんです。

私が板井原に行くつもりだと言うと、自転車で行った人は見たことがないと言われていました。
智頭駅から4キロほどの急な坂で、道は狭く、片側は崖なので、とても危険だそうです。
彼女は、歩いて行ったことがあるそうで、集落に入るトンネルを抜けると、別世界だったみたいです。
六尺道やそこに一軒だけあるカフェの話も聞きました。

それではフレル食堂を後にして、志戸坂峠へチャレンジです。

これが県境の志戸坂トンネル、1.6キロほどあります。
IMG_2220.jpg

そしてトンネルを抜けると、そこは…、そこは…、そこは鳥取県です。
(県境のトンネルやから、当たり前やがな。)
IMG_2221.jpg

ここからは標高178mの智頭までぐんぐん下ります。

手前に見えるのが高架の智頭急行、奥は無料の鳥取自動車道です。
千代川は、鳥取まで流れています。
IMG_2223.jpg
「ちよがわ」かと思っていたら、「せんだいがわ」なんですね。

智頭急行、本当に金がかかっています。
IMG_2225.jpg

智頭宿まで1キロ、板井原まで6キロになりました。
IMG_2226.jpg

時間は午後1時40分、智頭宿もパスしてまっすぐ板井原を目指します。

「フレル食堂」のお姉さんも、板井原に行くのなら、
早く行ったほうがいいですよ、って言ってたもんね。
IMG_2227.jpg

智頭駅を通りすぎて少し走ると板井原への案内標識がありました。
IMG_2229.jpg

あれ? 話が長すぎて、板井原に到着しませんでした。

はー⤴、今日到着するんとちゃうかったんかい?

すんません、明日は必ず到着しますんで…、
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -