FC2ブログ

記事一覧

涙は枯れていた

春の陽気、こんな日は畑じゃなく海が見たい、
ということで西に向かって出発しました。

加古川を越えて、市川を越えて、夢前川まで来ました。
兵庫県は川が多いです。
IMG_1467.jpg

揖保川でたつの市に入りました。
IMG_1468.jpg

住んでいるのが加古川ですから、すぐ近くに海はあるのですが、
行き先は新舞子かその向こうの七曲りを考えています。

「ようこそ御津町へ」、新舞子はもうすぐです。
IMG_1469.jpg

ん?御津町と言えば、35年ほど前に親父と、
「涙観音」を見に来たことがあるのを思い出しました。

石の観音さんが涙を流しているってことで有名になったんです。

親父の供養にお参りに行っておくかな?

確か、あの山の裾にあったはずと探していると、お寺らしき屋根を見つけました。
IMG_1495.jpg

これです。
IMG_1496.jpg
IXY200、安くても拡大率はすごいですな(笑)。

そうです、「円融寺」です。
IMG_1494.jpg
錆びた案内板が傾いて立っていました。

そう言えば、こんな所を上って行ったなー。
IMG_1471.jpg
しかし、こんなにさびれていたっけ?

仁王門、あったあった。
IMG_1481.jpg
右下の駐禁の呼びかけをご覧ください。
「駐車するな!迷惑かけるな」、たつの警察、なかなか強気です。

仁王さんのお顔は優しいです。
IMG_1479.jpg

えーと、右門も、あら、阿吽じゃないのね。
IMG_1480.jpg

境内もさびれていて、相当痛みが激しいです。
IMG_1473.jpg

涙観音の案内も年季が入っています。
IMG_1472.jpg

涙観音菩薩、お参りしましたが優しいお顔に涙は流れていませんでした。
IMG_1474.jpg

失礼かなと思ったので写真は撮っていません。

確かにあの時は両目からさめざめと涙が流れていました。

いつ頃、涙が枯れたんでしょう。

手押し車を押しているおばあちゃんに聞いてみました。

「円融寺の涙観音なんですが。」
右手を耳に当てて、「はー?」
「涙観音についてお聞きしたいんですが。」
「えー?、なにー?」
「な・み・だ・か・ん・の・ん」
「お・だ・いしさん?」
「いや…。」
「お大師さんやったら、そこを上がって行ったらええがな。」
「あ、ありがとうございます。お大師さんでもええわ。」

今度は畑をされてるおばちゃんに尋ねました。
「涙が出んようになって20年ぐらい経つかなー。」
「前は綾部梅林に来た観光バスが、何台もここへ来よったんやけどなー。」
「参拝する人も、少のーなってなー。」

ということは、15~6年は涙を流し続けていたのか。

石づくりの観音さんが、多いときで1日にバケツ一杯ぐらいの涙を流していたそうなんですが、
どうして涙を流しはじめたのか、そしてどうして涙が枯れてしまったのか。

親父との数少ない思い出でしたが、やっぱり歳月人を待たずでした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -