FC2ブログ

記事一覧

翠明湖からの生還?

せっかく翠明湖まで来たのですから、ダムカードをもらっておきます。
IMG_1066.jpg

これが翠明大橋、心霊スポットとしても有名らしいです。
IMG_1067.jpg

なんでもこの橋から飛び込む人がいるんですって。

橋の真ん中まで来ましたが、なんか変なの写ってません?
IMG_1068.jpg
そう言えば、翠公園に、「生きていれば夢がある」みたいなことが書かれていました。

怖い怖い心霊スポットを後にして、西脇に向かって走っていると、鍛冶屋線跡に来ました。

ロードバイクで走るには適していないのですが、懐かしいので走ります。
IMG_1069.jpg

鍛冶屋線跡、あちらこちらで工事をやっています。
IMG_1072.jpg

ここで問題でーす。
この重機、いったい何していると思います?
IMG_1071.jpg

答えはー、



実は私一人のために、溝に鉄板を敷いて道を作ってくれているんです。

通行止めにしてたらいいのに、申し訳ないです。

しかし、これだけ道が広くなると、一般道になってしまうんでしょうか。
IMG_1073.jpg

市原駅に到着しました。

キハ30、車体に絵がある方がいいのか、昔のままの方がいいのか、
意見が分かれるところだと思います。
IMG_1075.jpg

駅舎は、復元されて、記念館になっています。
IMG_1078.jpg

そしていよいよ帰路のメイン、河高の石積みにやってきましたが、
その手前にも道より一段高くなっている石の階段があることに気づきました。
IMG_1079.jpg

何でしょう、この高い石の塔、割と新しいように思えますが…。
IMG_1080.jpg

忠魂…。
IMG_1081.jpg

陸軍みたいです。
IMG_1084.jpg

横に回ると石の形がはっきりし、なぜこんなに高いのかが分かりました。
IMG_1083.jpg

しかし、ここではなく、フェンスで囲まれた向こうの築山が何なのかを知りたいのです。
IMG_1082.jpg

ラッキー、今から畑作業をしようとされているおじさんを発見。
IMG_1086.jpg

石積みの謎が解けました!

おじさんによると、ここには昔、役所があったということです。
IMG_1087.jpg

江戸時代か明治時代か分からないそうですが、
小さいころにそういう話を聞いたとのことでした。
IMG_1088.jpg

この河高辺りは合併を繰り返したところですって。

ちょっとは謎が解けましたが、うーん、もう一つ釈然としません。

役所跡なら、もう少し地元で知られていてもいいんじゃないですか?

<追記>
分かりました、ここは旧滝野村の村役場跡です。
旧滝野村は明治22年(1889年)、上滝野村・下滝野村・河高村・高岡村・光明寺村が
合併して、発足したらしく、その役場がここに置かれたようです。
大正14年(1925年)に、滝野村は滝野町になり、
昭和29年(1954年)には加茂村と合併しています。
ただ滝野村が滝野町となり、その町役場がどこに置かれたかは分からないので、
河高の村役場がいつまでここにあったのか分かりません。
また、調べに行ってみます。
というのは、村役場を作るためにこんな大がかりな石積みをしたとは思えないからです。
それにしても地域の人にも忘れられているんですねー。



小野市まで帰ってきたので粟生駅で一休みです。

もっとあったかければ、ソフトクリームもいいのですが、
IMG_1091.jpg

くるみのあんパンと前回と同じ百円コーヒーです。
IMG_1090.jpg

万願寺川と加古川の合流地点、今日はいい表情でした。
IMG_1092.jpg

たくさん走って…、

おいしいものを食べて…、

いい景色を見て…、

さわやかな風を感じて…、

いやー、自転車って、本当にいいですよ。


翠明湖から生還した本日のデーターです。
走行距離は、102.66キロ
平均速度は、20.5キロ
最大速度は、47.2キロ
平均ケイデンスは、66rpm
最高ケイデンスは、114rpm
走行時間は、5時間10秒でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -