FC2ブログ

記事一覧

伊能忠敬の足跡を求めて(追記あり)

「伊能でGo」というアプリを触っていろいろ新しい発見がありました。
shouzouga.jpg

まさに「故きを温ねて新しきを知る」ですね。

50歳を過ぎてから天文・暦学の勉強をはじめ、
「大日本沿海輿地全図」の作成にとりかかったのは、71歳。

まるで生涯現役の日野原重明さんのような人ですねー。

で、伊能忠敬の足跡は「伊能忠敬e資料館」都道府県検索を調べれば、
自分の住んでいる所に、いつ、誰と、どのようにして来て、どこに泊まったかがわかります。

興味のある人は、ぜひご覧ください。

この場を拝借して、びわ湖を調べておられるうさうささん、
「伊能でGo」システム管理の方から、
日記原文、解読文、伊能図等の資料を送付しますとのことですので、
下のコメント欄の「管理者だけ表示を許可する」にチェックを入れて、
メールアドレスを知らせてもらえないでしょうか?

また、伊能忠敬の地元の足跡に興味がある方も、
同じようにチェックを入れてメールアドレスを知らせていただければ、
橋渡しをいたしますので、よろしくお願いします。

<追記>
近江地方の忠敬の足跡について、Inopedia 横溝さんからのコメントを転記しておきます。

水口宿の本陣、脇本陣の位置につきまして、e史料館のDB登録ミスと思います。
それぞれ正しい位置を教えていただければ修正します。
 補足します。
●文化3年10月23日 宿泊宅:本陣鵜飼喜左衛門。第5次測量の帰りで、東海道を測量しています。
24日は土山宿までです。
● 文化8年12月27日脇本陣 臼井又右衛門。
第8次 九州2次測量の行き、東海道の測量は終わっているので、無測。
移動だけですが測量機器とか隊員も十数名程度であるため、
一般の旅人より歩程は短く7, 8里程度の移動距離になります。
測量時は 3, 4里/日です。
28日は草津宿泊。小倉までこの歩程で移動。
晴れた夜は天測を行っており、酒飲みは隊員になれませんでした。
理由の一つと思います。


<追記の追記…水口宿での宿舎位置修正>
伊能でGo システム管理の横溝さんから、
宿舎位置修正のメールが入りましたので、リンクを貼っておきます。


水口宿の宿舎位置修正←クリックしてください。


最後までお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

 2017-12-19 の続き、水口宿の宿舎の位置修正につきまして、こちらに書かせていただきます。
 GGチャリダさんに修正pdfを送ります。確認していただければと存じます。
 宿泊宅のプロットに関しは、位置が特定できない場合、例えば水口宿と単に書いてある場合、本町にある郵便局にせよ、と指示していましたので、かなり郵便局の位置になっています。
 作業していたころはGoogleマップには水口宿本陣跡はなかったはずです。また地方ではGoogleマップが雑なため、伊能大図、日記を見ながら地理院地図でプロット作業を行いました。かなりな集中力と根気のいる作業で、誰にでもできるものではないため、完全でないことは承知の上で公開しました。
 そんな訳で皆様から位置がおかしいとの指摘はありがたいと存じます。

Inopediaさんの宿舎位置修正を見ました。この修正も間違ってますので、Inopediaさん、再度確認をお願いします。
○「宿泊家:本陣 鵜飼喜左衛門 文化3年10月23日」
正しい位置は、旧名「作坂町」にある「水口宿本陣跡」です。「脇本陣」の近くです。地名は、旧名で「作坂町」、現在名で「元町」です。
「伊能でGO」において今まで指定している位置は「本町郵便局」になってますが、位置が間違ってます。「本陣 鵜飼喜左衛門」の表記は間違いではないので、そのままの表記でいいと思います。
○「宿泊家:脇本陣 臼井又右衛門 文化8年12月27日」
正しい位置は、旧名「作坂町」にある「脇本陣」です。脇本陣の頃の建物がそのまま残され、一般住民の方がお住まいです。近くに「水口宿本陣跡」があります。地名は、旧名で「作坂町」、現在名で「元町」です。
「伊能でGO」において今まで指定している位置の建物は「脇本陣」ではないです。その東隣りの建物が「脇本陣」です。こちらの市の資料では、「又右衛門」の名はあるものの「臼井又右衛門」の名は見当たりません。しかし間違いとは言いきれないので、そのままの表記でいいと思います。
○「宿泊家:丸屋金右衛門、万屋伝兵衛 文化5年2月19日」
正しい位置は、旧名「河内町」にある「滋賀県信用組合本店」の場所と思われます。近くに「たこやき小林さん」や「石橋交番」があります。地名は、旧名で「河内町」、現在名で「八光」です。
「伊能でGO」において今まで指定している位置は「本町郵便局」になってますが、位置が間違ってます。「丸屋 金右衛門」と「万屋 伝兵衛」は隣同士でした。この2件のどちらに宿泊したのかがわからないですが、屋号と名前は合っているので、そのままの表記でいいと思います。
あれから「丸屋 金右衛門」「万屋 伝兵衛」の場所を探してみたところ、現在の町並みに照らし合わせると「滋賀信用組合本店」の場所あたりだということがわかりました。
近くにある「ひと・まち交流館」という案内所・町の交流場所があり、ここの担当の方に聞くと、「この旅籠屋があった場所をどこと特定できないが、あのあたりだね」と、腕を振って頑張って教えてくださいました。
昔ながらの金物屋に入って事情を説明すると、自分の代ではもう昔のことは知らないと言いながら、持参してた地図を熱心に見ると、「この地の昔のことに詳しい人がいるから聞いてみたら」と進めてくれました。
そしてその方の店に入って聞くと、笑顔で奥から、昔の町並み地図を持ってきて「このあたりだね。今の滋賀信の場所だよ」と教えてくださいました。
「伊能でGO」さん、忠敬さんが泊まったこの旅籠のあった場所、ぜひ指定していただけたらと思います!

位置修正につきまして GGチャリダさんがリンクしていただいたものpdf では、アプリ表示から以下のように修正しています、これも間違っていますか?
●本陣
本町郵便局 → 脇本陣の西隣にしています
●丸屋 金右衛門、
たこやき小林さんと滋賀信 の中間(旧東海道沿い)
 さらに滋賀信の位置へ修正します。
●脇本陣
 1軒東に移動

○「宿泊家:本陣 鵜飼喜左衛門 文化3年10月23日」
宿泊場所は「水口宿本陣」です。
現在名で元町にある「水口宿本陣跡」が正しい位置です。
「水口宿本陣跡」にはすでに建物などは全く残っていません。広かった本陣の一部の敷地が残っていて、簡単な説明文の碑が建っています。
「伊能でGO」において、今までの「本町郵便局」→元町の「水口宿本陣跡」へ移動して下さい。
Inopedさんにおける位置修正「本町郵便局→脇本陣の西隣」。アップするとボケて見えづらいです。「伊能でGO」での地図上に「水口宿本陣跡」とある場所です。
○「宿泊家:丸屋 金右衛門、万屋 伝兵衛 文化5年2月19日」
「丸屋 金右衛門」と「万屋 伝兵衛」の2軒は並んで建っていました。共に旅籠屋(宿)でした。そしてこの2軒が建っていた場所が特定できました。現在名で八光にある「滋賀県信用組合 本店」の場所です。
「伊能でGO」において、今までの「本町郵便局」→八光の「滋賀県信用組合 本店」へ移動して下さい。
Inopedさんの位置修正「たこやき小林さんと滋賀信の中間(旧東海道沿い)さらに滋賀信の位置へ修正します」。そうです。「滋賀県信用組合 本店」の位置です。
○「宿泊家:脇本陣 臼井又右衛門 文化8年12月27日」
宿泊場所は「水口宿脇本陣」です。
「脇本陣」の建物は残っていて、一般住民の方が生活しています。玄関近くのスペースに、脇本陣であった事の説明文が掲げてあります。
似た造りの建物が「脇本陣」建物にピッタリくっつくように建っています。こちらも別の方が生活しています。
Inopedさんの位置修正「1軒 東に移動」。そうです。1軒 東の建物の位置です。

 位置修正、私の認識と間違いないことを確認しました。
 スマホアプリの修正はリアルタイムでできません。修正プログラムをAppleへ送り、審査を通過すると、公開できスマホ側のアプリが更新されます。したがいまして「伊能でGo」での修正位置が正しく表示できるのは、あと2週間程度かかるのではないかと思われます。
「伊能忠敬e資料館」のホームページ「伊能測量隊宿泊地Googleマップ」では確認できます。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -