FC2ブログ

記事一覧

春まで生きられるのでしょうか?

衝撃的なタイトルですが、私のことではありません。

実は今日、畑作業をしていると、ほんの10mほどのところにキツネが歩いて来たのです。
81127 (3)

きっと春に見かけた子ギツネでしょうが、その面影は全くありません。

あの時は、母さんギツネの後をちょんちょん追って、しあわせそうでしたが、
今は、とてもみすぼらしく、しかもひとりぼっちです。
81127 (4)

U字溝で、何か餌を見つけたようです。
81127 (5)

カエルぐらいしかいないはずですが、そんなの食べてもお腹は満たされないでしょう。
81127 (6)

そして柿の木の方に向かって行きます。
81127 (7)

夏毛から冬毛への生え変わりなのか、それとも皮膚病なのか、
あばらも見えて、全身から生きることの厳しさが伝わってきます。

私の方をぼーと見ていますが、その距離5m、目は見えているのかなー?
81127 (8)

6月の時は、あんなに元気で可愛かったのに…。

ホンドギツネについて調べてみると、
「寿命は野生では3年から4年程度であるが、1歳までの生存率は4%以下である。」
と、書かれていました。

このキツネ、春を迎えて、その4%に入れるのかな?

とても寂しい気持ちになりました。

生きていくって、大変なんですねー、
もしかしたら人間が一番楽に生きているのかも知れません。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

顔の模様と体型と残ってる毛からして狸ですね。
以前見かけた皮膚病の狐と同じ皮膚病でしょう。
狸は、顔面の両目の周りにハの字型に黒い隈取りみたいな模様があります。狐は脚がもう少し長くスマートです。耳が丸っこいのも狸の特徴です。
長毛なので寒い時期の冬毛ですね。どうやら夏期に皮膚病にかかりはじめ、秋期に冬毛に生え変わった後に本格的な症状がでてきたようですね。
この病気は、むき出しになった皮膚が変質して、固くて枯れた木のような黒っぽい色になってしまうんです。
この病気は治療しなければ治らないです。

そう言えば、こいつ、タヌキですね。
キツネ、キツネという先入観がありました。
しかし、畑の近くにタヌキまで住んでいたとは…、野生動物が多過ぎます。
いったいどうなってしまったのでしょう。
キツネのねぐらの場所は知っているのですが、こいつもそのねぐらの方に向かっていきました。
春のあの子ギツネが無事でいてくれることを祈っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -