FC2ブログ

記事一覧

衝動買いしたフィニッシュライン・ギア・フロスは役に立つのか

用事のついでに立ち寄った自転車屋さんで、
フィニッシュラインのギア・フロスを見つけました。
81121 (1)

スプロケの掃除の時、布を細く切ったり、布の端っこを重ねて使ったりしていましたが、
前々から、このギア・フロス、気になっていたんです。

しかし、こんなもんに907円も出すかー?

試しに買ってみました。(なんでやねん!)

なになに、3回か4回乗ったら使えだと?
81121 (2)

30センチ(引っ張ったら50㎝)ぐらいの紐が20本入っています。
81121 (3)

この前、ちょっと掃除したので、そんなに汚れていないはずですが、試してみます。
81121 (4)

使い方は両端を持ってごしごしするだけです。
81121 (5)

でもスポークを持っておかないと、リムが回ってしまいます。
81121 (6)

フロスの先が閉じ紐みたいにまとめてあるので、
81121 (8)

狭い所でも、キュッキュッできます。
81121 (7)

そしてアフターは、このようになりました。
うーん、確かにちょっとはきれいになったなー。
81121 (10)

それほど汚れてないと思っていましたが、やっぱり汚れていたんですねー。
81121 (9)

この紐が20本入って907円、1本45円かー、
まー、もう一回ぐらいは使えそうだなー。

例えば、一週間に1回、ごしごしして一か月に2本、20本だから約一年か、
それで907円、うーん、安いか高いか、ビミョーです。

で、このギア・フロス、洗えるって書いてあるんですよ。
そりゃあ洗って使うと、907円で2年ぐらいはもつと思いますが…。

ビミョー…。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

コレいいね!
変った靴紐みたいですね。
ギア回りの清掃にグッドですね。

これに金払う?って感じですが、まー、あったらあったで便利です。
今度は紐にパーツクリーナーを吹きかけてごしごししてみようかな、と思います。
たぶんその方がきれいになりそうです。

マイクロファイバーだからよく取れるんですね。同じ素材でも、服やカバンになどに使われてる布と、汚れ落としに使われてる布とでは編み方や繊維の作りが違うんだと思いますね。
高島のメタセコイア並木、少し紅葉進んでるのですが、観光ガイドなんかに見かける鮮やかな赤色にはまだなってないですね。この赤色の手前、オレンジ色です。場所によっては黄色のところもありますね。
10月の台風で葉がたくさん取れたために、スカスカ感の木々が多いようです。今年の気候はこんな感じなので、赤く色づいたら散るのは早いかも。
帰宅・移動ラッシュの4時半には暗くなりかけるので、午後の明るい時間帯には走り終えて帰路につくのもいいかも。
「大津京駅」で下車して、再度組み立てて、明るいうちに大津港を走り、この辺りで食事をして、東海道本線(琵琶湖線)の「大津駅」で乗車するというのはどうでしょう。
高島市は観光地少ないから、走り終えたら離れて、交通の分岐点になる大津の中心地まで来て、ラッシュ時間帯に食事して、7時過ぎごろに混み具合見て、本数が多い東海道本線に乗車がいいかなと…。たよりない参考ですが…。

この紐、自転車専用に開発されたマイクロファイバーって、謳い文句なんですが、
実際にごしごしやってみると、普通の布とほとんど変わらないんですよ。
でも、ギヤの間に入れる太さがちょうどで、先もまとめてあるので、使いやすさはいいです。

マキノのメタセコイヤ、もう少しですか?
それにやっぱり台風21号、大暴れしてくれたので影響大ですね。
まー、天気は良さそうなので、楽しく走れそうです。

大津の情報、ありがとうございます。
今回はグループで走るのですが、私の最初の案の近江中庄駅はやめて、便数の多い近江今津駅に集まることにしました。
(近江中庄駅にしたのは、無料駐車場があっていいかなと思ったのですが、うさうささんのコメントで便数がとても少なくなることが分かったので、無理を言いました。)
日帰りですから、帰りの電車はちょっと心配なのですが。


要らなくなった靴紐に、チーンクリーナー付けてやるのもグッドでした。

そうですね、メーカーも、きっと靴ひもをヒントに作ったんですよ。

高島市は滋賀県で一番寒い地域なので、寒さ対策で来てくださいね。兵庫県より少し寒いと思います。それに加えて琵琶湖周辺はいつも風があるのですよ。
メタセコイアを見上げると、色づいた葉に混じって、枝先に赤茶色の房みたいのが垂れ下がってます。これは雄花序です。雄花のつぼみですね。
雌花のつぼみは、雄花序の近くの枝先に数個つきます。つぼみの状態では雄花序も雌花つぼみも大変似てるので見分けは難しいです。
冬期、葉がすべて落ちて枝だけになっても、赤茶色のこの雄花序が垂れ下がってるので、枯葉が残ってぶら下がってるようにも見えます。
2月から3月ぐらいにかけて、この雄花序が開いて雄花がたくさん咲きます。雌花のつぼみも開いて、ペン先みたいな形の緑色のぼっくりが出てきます。花が終わる頃に葉芽から緑色の可愛い葉が展開します。花が先、葉はその後なんですね。
葉が伸び始める頃には花房は落ち、夏期の間に緑色のぼっくりを成長させます。晩秋の紅葉期頃から冬期の間に、ぼっくりが茶色に乾燥して開くと、中に入ってた細かい種が落ちます。
寒い時期に開花するので、今すでにつぼみが出てきてるのですよ。
並木の向こうに見えるのは、福井県との県境の大谷山、三国山で、雪被りましたよ。三国山の隣が乗鞍岳です。長野県の乗鞍岳と同じ名ですね。

寒さ対策、了解です。
手袋は、シマノの長ーい名前のグローブにします(笑)。

メタセコイヤ、枝先に枯葉のような雄花序、見つけられるかなー。
3月に走った時、全然気にしていなかったので、全く見ていませんでした。
今度は注意しておきます。
3月も北側の山は雪を被っていたので、やっぱり寒いんでしょうね。
いろいろと情報、ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -