FC2ブログ

記事一覧

また無理しちゃいました蒜山(パート2)

ぐんぐん下ってきたと思いましたが、まだ標高702mなので、300mぐらいしか下っていません。
DSCF9630.jpg

そしてさらに下って地蔵峠という展望駐車場にやってきました。
DSCF9632.jpg

ここを過ぎたところで、「ツールド大山」の案内がありました。
DSCF9635.jpg

「ツールド大山」をされる方、クマに注意ですよ。

そう言えば、「熊注意」の標識を見たとき、
上り坂ならまだしも、下り坂でクマに出会うと、逃げきれないなーと思いました。

なぜって、下り坂でクマに出会うってことは、
自転車を方向転換して、今下ってきた道を、
必死で上らなければならないのです。
上りでクマに追いかけられると、絶対負けます。

ということは、クマに出会うときは、上りで出会った方がよさそうです。(笑)

まだ標高は600mぐらいありますが、完全に景色が変わりました。
緩やかな下り、最高に気持ちいいです。
DSCF9638.jpg

カヌー(?)が、盛んな町なのかな?
DSCF9640.jpg

そして関金に到着。
DSCF9643.jpg

本当は、ここから国道313号を通って、蒜山に帰る予定だったのですが、
ん、倉吉まで11㎞?往復22㎞…、うーん、どうするかなー?
DSCF9642.jpg

大体人間、迷っているときは、もう心の中では決めているんですよ。

あーあ、また悪い癖が出てしまいました。

なんと、313号線を、蒜山とは逆方向に進んでいます。
DSCF9648.jpg

人間かと思ったら、よくできていますね、特に右に座っている人。
DSCF9644.jpg

確か、この辺りに廃線跡の自転車道があったはずです。

ちょうど交番があるので、聞いてみます。
DSCF9646.jpg

え、留守?パトカーがあるのに?
居留守じゃないでしょうね(笑)。
緊急の人は、本署に電話してくださいだって。
緊急というほどのことでもないので、自分でさがします。

そして見つけました、きっとこれです。
DSCF9651.jpg

まさに、「努力は裏切らない」でした。

畑作業をされてるおばあちゃんに聞くと、ここは倉吉線の跡で、
このまま倉吉まで行けるそうです。

しばらく走っていると、駅跡のようなところがありました。
DSCF9652.jpg

ここで、作業休憩されているおじさんに聞くと、
「この道?倉吉までは行けへんよ。そこから車の道に出な、あかんよ。」

えー、どちらが本当なんだ?

今度は前から来られた自転車のおばちゃんに聞きました。

結局、この道は途中で車の道に合流して、倉吉まで行けるということがわかりました。

私が行こうと思っていたのは倉吉駅なのですが、
駅まではまだ2㎞、結局、関金から13㎞でした。
DSCF9655.jpg

なぜ倉吉駅に行こうと思ったかと言いますと、
高校の時、友達とテントを担いで、倉吉駅に降り立ったことがあるのです。
そこからバスに乗って、高清水高原に向かいました。

おー、懐かしい、思い出の倉吉駅だー!
DSCF9656.jpg

なーんて感慨は、これぽっちも、浮かんできませんでした(笑)。

仕方がないので、有名な赤瓦と白壁の家並みを見ていきます。
(ん、仕方ないので?、なんちゅう失礼なことを言う奴や。)
DSCF9661.jpg

いやー、すごいです、見ごたえあります。
DSCF9662.jpg

でっかい鯉も、泳いでいます。
DSCF9665.jpg
城下町の津和野みたいです。

そして発見したのが、旧倉吉線自転車道の始発駅「にしくら」です。
DSCF9667.jpg

それでは、本当に蒜山に帰ります。

あ、熊注意は標高1000mでしたが、倉吉駅は標高18mです。

郷愁のために、ちょっと下りすぎました。
これからまた標高500mをめざさなければなりません(涙)。

(おいおい、まだ続くんかよー。)
すみません、明日が最後です。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

兵庫、岡山、鳥取のこのあたりの山々では、結構な確率でツキノワグマに遭遇することがあるようですね。毎年、怪我人がでてるみたいです。
春から秋にかけてが熊の活動期間ですが、遭遇が多いのは春と秋のようです。でも夏の目撃もあるようなので、注意は必要かも。
これからの時期は、蜂にとっては新女王蜂と新王蜂と付き添いの働き蜂が新天地求めて旅立つ頃なので、この蜂の大群に遭遇すると大変です…。

熊注意の看板を見たときは、ドキッとしました。
今度、イベントで京都の綾部を走りますが、集団で走っていると心強いのですが、一人で走っていて、この標識を見ると、本当に心配になります。
ロードバイクで走っていても、音が鳴るわけじゃないので、今度からクマよけの鈴を付けようかなー。

蜂にしろ、熊にしろ、走るときに想定していませんから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -