FC2ブログ

記事一覧

一皮むけたポラールV650

昨日、ポラールV650の表面をセロテープでペタペタやりましたが、
今日自転車に乗ってみると、反射がすごいです。

いつものように加古川河川敷を走っています。
DSCF9350.jpg

で、ポラールV650は、このようになっています。
DSCF9351.jpg

自分の顔も、カメラを持つ手もはっきり写ルンです。
DSCF9345.jpg

いや、写ルンですなんて言ってる場合じゃないです。

液晶保護フィルムの第一層は、反射を低減させる層みたいで、これがあることにより、
これまで自分の顔が液晶の表面に写るなんてことはなかったのですが、
その層を剥がしてしまったため、スマホみたいになってしまったと思います。

反射するために、それぞれの数値が見にくいということはあまりありません。

そしていいこともあります。

まず地図が見やすくなりました。
DSCF9341.jpg

それに画面タッチの反応がとてもよくなりました。

少々の反射は我慢できるので、これでも十分というか、
この方がいいのでは、と思います。

話は変わりますが、今日、畑の帰りに、
「十方法界萬霊」を見つけました。
DSCF9346.jpg

たまたまこの辺りが工事になるので、草が刈ってあって、
見つけることができたのですが、説明板は判読不能です。
DSCF9347.jpg

なんて書いてあったのか、興味はありますねー。

まー、ポラールV650の液晶保護フィルム、
表面を削ってしまっても使えるというお話でした。
DSCF9353.jpg

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

供養塔のようですね。こういう供養塔を法界萬霊(または万霊)供養塔というそうです。
十方法界萬霊とありますね。他にも三界萬霊とか四生六道法界萬霊とかの呼び方があるようです。どれも、あらゆる精霊(萬霊)を供養するための塔のようです。
十方とは四方八方+上下の方向のことで、あらゆる方向のことだそうです。
三界とはこの世における三つの迷いの世界のことだそうです。
六道とは地獄から天上界までの精霊や仏が居る全部で六の世界のことだそうです。
文化財のマークの説明板があるならば、近くに石仏、塔、石碑、石標か何か他にもなかったでしょうか。四方の面にも彫られてる場合もありますよ。

十方とは、四方八方に上下をプラスしたものですか、勉強になりました。
この供養塔は比較的新しく、側面に大正14年8月と刻まれていたので、そのころに何か起こったのか調べてみましたが、わかりませんでした。
この辺りから古墳や銅鐸なども出土していたようで、それに関係があるという説もあるようです。
いずれにせよ、誰かお参りもされているようなので、興味がわきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -