FC2ブログ

記事一覧

ポラールV650の液晶保護フィルム

自転車から離れるとき、サイコンを外して持ち歩くのですが、
以前、液晶保護フィルムがむちゃくちゃ傷ついてしまって、
新しくフィルムを買って貼り直したことがあります。

それからは、ずーと、気を付けていたのですが、またまたやっちまいました。

今回は4か所ほど傷がついています。
DSCF9327.jpg

純正のフィルムを買うと、千円程するんですが、別に純正でなくてもと思って、
よく行くホームセンターで、レジにて30%オフを見つけました。
DSCF9335.jpg
これなら、3回分ぐらいは使えそうです。

純正フィルムはだいぶ分厚いので、それをはがして、
型取りをするつもりで、フィルムにセロテープをペタッとくっつけました。

すると、セロテープをくっつけたところだけが、
薄皮がはがれたようにとてもきれいになりました。
DSCF9331.jpg

全面セロテープでペタペタやっていくとこんなにきれいになりました。
DSCF9336.jpg

一枚目の写真と比べてみてください、とてもぴかぴか反射しています。
DSCF9334.jpg

純正フィルムは低反射で直射日光の下でも見やすくなっています。

今回、セロテープペタペタで鏡のようになったのは、
2層構造のアンチグレアの層の被膜が剥がれたんだと思います。

文字通り、ポラールも一皮むけたんですなー。

しかし、せっかく買った3割引きの保護フィルム、どうしようかなー?

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

原理を調べてみました。セロテープを上から貼ると、セロテープの糊が、液晶画面の表面の樹脂コーティングについた傷の窪み部分にはまり込んで埋まることで、傷ついた部分が平らになるので、見た目がツルツル光沢がもどるということだそうです。
実際、傷や擦ってくすんで見えたデコボコの部分が平らになるので、樹脂コーティング面が回復したと言っても間違いではないですね。
でもセロテープの糊が埋まっただけなので、早目に液晶保護フィルムを大きさに合わせたのを貼っておくといいそうですよ。
樹脂コーティング面が取れたのではなくて、傷の窪みが埋まったんですね。

今回の場合は、セロテープでペタペタやっていくと、それにつられてペタペタやっていない部分も剥がれていくような状態でした。
傷のくぼみが埋まったにせよ、第一層が剥がれたにせよ、まー、もうあまりもちませんよねー。
周囲のカットは問題ないと思うのですが、切り抜きの部分がうまくできるか、自信ないです。

いちばん表面の、透明で薄皮みたいにはがれ取れたということですか。
もしかして、そのはがれ取れたのは、出荷時点においてサイコンの液晶画面を保護するための目的で、購入者の手元に届くまでの保護用シール?
出荷時の保護用だったら、セロテープで貼り付けると一緒に剥がれると思うんですが…。

やっぱり反射低減の層が剥がれたようです。
今日、自転車に乗ってみると、むちゃくちゃサイコンが見やすくなっていました。
ただ、自分の顔が写るほど反射もしていますが(笑)。
今日のブログで報告します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -