FC2ブログ

記事一覧

シリカ(SILCA) skymounti勾配計の疑問点

台風接近中なので、今日は朝早く畑に行って風対策をしてきました。

そして、帰り、いつもの坂です。
ここは下り8%です。
DSCF9229.jpg

昨日は、上りで6%でしたが、同じ坂でも場所によって微妙に違いますね。

今度は東播磨道の側道で測ります。
DSCF9231.jpg

上る前は、当然0%です。
DSCF9230.jpg

そして、途中でポラールは上り傾斜2%を示しました。
DSCF9232.jpg

自転車を止めて、勾配計を見ます。
DSCF9234.jpg
これ、2%まで行っていませんねー。

そこでハタと気づきました。

気泡から0%までの間の部分は、勾配に含まれないのでしょうか?
DSCF9230-3.jpg

水準器の場合、気泡が両側の線の中に入っていれば水平ということですが、
DSCF9237.jpg
そもそも、水準器で勾配を測ろうとしているところに無理があるようです。

で、ちょっと実験をしてみました。

まず自転車を水平に置きます。
DSCF9240.jpg

そして前輪の下にノートを一冊置きます。
DSCF9244.jpg

気泡は上に上がりましたが、まだ0%です。
ノートを一冊置いているのに、0%?
DSCF9243.jpg

ノートの厚さは1センチあります。
DSCF9245.jpg

ということは、前後の車輪間約1mで1センチの上昇と考えると、
勾配は1%にならないとおかしいはずです。

つまり、この勾配計で、斜度を出す場合、
上りでも下りでもプラス1%とするのが正しいのではないでしょうか?

たぶん、私の考え方、あっていると思うんですが…。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

気泡の大きさ、たぶん構造上の関係でこの大きさなんでしょうね。0%の範囲内ならば、まだ1%に満たない傾き度だということだと思いますよ。
水平度を測定するものを水平器とか水平計とか言われてますが、勾配計は水平度を主体に測定するものではないでしょうから、こんなもんではないでしょうか…。

気泡が、プラスマイナスの0%までの大きさなら、水平を取るのがむちゃくちゃ難しくなってしまいますからねー。
だから、ポラールよりは正確だけど、すごーく正確かと言われると、そうでもないってレベルですね。
まー、しばらくはこれであっちこっちの傾き調査に出かけます。(笑)

私も、同じシリカの勾配計を持っているのですが(笑)確かに、少し水泡が小さいようですね。
まー私の場合は、老眼なので、あまり気にならなかったです。

そりゃそうでしょう、Nさんの真似をして買ったんですから(笑)。
確かにおもちゃとしては楽しいし、自分の限界を知るにはいいツールだと思います。
今度、大山を走りたいと思うので、その時にまた足を着いて斜度を調べます(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -