FC2ブログ

記事一覧

キューちゃんの研究

昔、「緋色の研究」というコナンドイルの小説を読んだことがありますが、
「キューちゃんの研究」は、それとは全く関係がありません。
(あたりまえやがな。)

「キューちゃん」とは、「キュウリのキューちゃん」のことです。

ようやく、星野光子にも負けない「最高においしい」キューちゃんに
たどり着きましたので、そのレシピを紹介しまーす。

まず、使うキュウリは、タネをあまり感じさせない四葉(スーヨー)がいいです。
この四葉をまな板の上でごりごり、塩もみします。
DSCF8927.jpg

ほとんどネットに出ているレシピが、まずキュウリを茹でるのですが、
茹でない方が、キュウリのパリパリ感が残ります。

キューちゃんは茹でるという先入観を取っ払わなければなりません。

塩もみしたら、数分おいて、水で洗い水気を切ります。
そして、キュウリの姿づくり(笑)。
DSCF8929.jpg

たれは、キュウリ1㎏に対して、
醤油50cc、みりん90cc、酢40cc、塩こんぶ適量、生姜適量、
生姜は、チューブの生姜を使います。

ここに、「昆布だし」を適量入れてたれを作ります。
DSCF8930.jpg

これまでの、生生姜をチューブ生姜に、そして昆布だしを加えるのは、
味をしみこみやすくさせるためです。

すぐに食べることもできますし、一晩、冷蔵庫に寝かせてもいいです。
DSCF8931.jpg

キュウリを茹でる時間をいくら短くしても、キュウリのパリパリ感が、なくなってしまいます。

どうしたらいいかとずっと考えていたのですが、妻が、
「それなら、茹でなかったらいいんじゃない?」と言ったので、
キュウリを茹でずに作ってみました。

発想の転換、茹でないということで、むちゃくちゃ楽になりました。


さて、今日は、暑い中、エダマメの土寄せをしました。
DSCF8963.jpg

ブドウに石灰も、撒いておきました。
DSCF8966.jpg


で、話は戻りますが、このキューちゃん、本当におすすめです。

キュウリが余っちゃったら、どんなキュウリでもいいと思います。

一度試してみてください、ごはんのお供にも、ビールのつまみにも、最適です。


最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30