FC2ブログ

記事一覧

加西、再発見ポタ

網引駅を予定通り10時に出発、平和祈念の碑で、
ボランティアガイドさんと落ち合い、鶉野飛行場について説明を聞いた後、
近くの戦争遺跡を案内してもらいます。

私たちは、自転車ですが、ガイドさんは軽トラです。
DSCF8861.jpg

まずは、一番行きたかった「航空隊飛行科の地下飛行指揮所跡」です。
DSCF8869.jpg

ここは、ガイドさんがおられないと入れません。
DSCF8868.jpg

なぜって、残念なことに、以前、自由に入れるようにしていたら、
置いてあったテレビやビデオを盗られちゃったんですって。
DSCF8867.jpg

指令室にたどり着くまで、中は、くねくね折れ曲がっています。
DSCF8863.jpg

これは、爆風を防ぐためだそうです。

この後、見学した防空壕も、すべてそのように作られていました。

四国上空に敵機が現れると、まず青野ヶ原の通信指令所に連絡が行き、
そこからこの鶉野の指令室に情報が来るという仕組みになっていたらしいです。
DSCF8866.jpg

地下防空壕の中には、二十歳にも満たない特攻隊員の遺書や、
紫電改の模型などが展示されています。
DSCF8865.jpg

「生きてるって素晴らしい」
この感動は彼らにはなかった。

これは、特攻最前線で書かれた最後の言葉だそうです。

確かに、死を前にした彼らにとって「生きてるって素晴らしい」を実感することできなかったでしょう、
それを考えると、「今、生きている」私たちは、命を粗末にせず、
「今、生きている」ことを大切にしなければならないと思いました。

隣には神戸大学の農場が広がっているのですが、
この場所は、実写版「火垂るの墓」でのロケ地になったそうです。
DSCF8870.jpg

農場の横の道を下っていくと、たくさんの戦争遺跡があります。

しっかりしたつくりの防空壕、防空壕には必ず、2つの入り口があるのを知りました。
DSCF8872.jpg
片方の入り口が爆弾で壊されても、もう一方から脱出するためだそうです。

こちらは素掘りの防空壕跡です。
今は、入れません。
DSCF8874.jpg

防空壕の中、コオロギやコウモリの住処になっています。
DSCF8875.jpg

最後に爆弾倉庫跡に向かいます。
DSCF8877.jpg

1mもの分厚いコンクリートの倉庫です。
DSCF8878.jpg

左側が爆弾倉庫跡ですが、右側のこんもりした築山、
これは爆風除けのため、人工的に作られたものだそうです。
DSCF8880.jpg

「これまで『負の遺産』と言われて、大っぴらにできなかった戦争遺跡、
平和を願うからこそ、後世に伝えていかなければならない。」
ガイドさんの言葉が心にしみました。

戦争遺跡を見学した後は、地元の人たちと仲良く交流です。
(どれが本物の人間やねん?)
DSCF8884.jpg

そしてお昼は予定通り、「イル ビナーリオ ディオーロ 」でピザを食します。
DSCF8887.jpg

ところが、ですよ、おいしかったピザの写真、完全に撮り忘れていました。

本格的な窯で焼かれたピザ、おいしかったですよ。

水や氷の補給もOKです、私たちの自転車、この店のフェイスブックに出ています。

播磨横田駅を後に次の長駅を目指します。
DSCF8888.jpg

このあたりの風景、とても好きです。
DSCF8889.jpg

そして長駅到着、なんか、とてもにぎわっていました。
いいですねー、北条鉄道、和気あいあいのとても素敵なローカル線です。
DSCF8892.jpg

そして、ところ変わって法華口駅、残念ながらパンは売り切れ、
駅長さんもすでに退社された後でした。
DSCF8888.jpg

ジャーン!
暑いときは氷が一番!
DSCF8898.jpg

加西ポタ終了は午後5時30分、網引駅で北条行の列車を見送りました。
DSCF8901.jpg

10時出発の17時30分終了、7時間30分での走行距離は………、

なんと…………、

なんと…………、

27㎞!

はー?

27㎞? そんなもん、1時間で回れるやんけ!

いえいえ、27㎞を7時間半かけるという実に内容の濃い加西ポタでした。

お世話になったボランティアガイドのMさん、
変なおじさんたちの相手をしてくれた放送委員の高校生たち、
ありがとうねー。

Mさん、Nさん、おつかれさまでした。


最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -