FC2ブログ

記事一覧

ロングライド6日目 今治へ

今日は午後3時から雨という予報、急いで食事をすませます。
DSCF7839.jpg
食事は、昨夜作っておいてもらったものをレンジでチンです。

6時半には出発、とにかく今日は今治までという一番長いライドですから。

誰もいない朝の海を見ながら自転車を走らせます。
DSCF7844.jpg

宿の方の話では、伊方原発を迂回するように上っていけば、
距離的には長いけど、昨日の下ってきたルートよりは緩いそうです。

坂道になってきました。
確かに昨日より緩いです。
DSCF7845.jpg

ここまで上ってきましたが、メロディラインにはまだだいぶ上がらなければなりません。
DSCF7846.jpg
バックのオレンジ色は、ミカン畑のモノレールです。
ミカン畑のモノレール、急こう配の斜面を上り下りしてすごですね。
あれに人間も乗るとは信じられません。

坂道をこのまま上ってくれたらいいのに、一旦急降下をして…、
DSCF7847.jpg

やっとメロディラインが見えました。
あそこまで上がればいいんです。
DSCF7848.jpg

これでメロディラインに合流です。
DSCF7850.jpg

合流したら、さっそくトンネルです。
DSCF7851.jpg

ところがここからのトンネル、昨日までのトンネルと違ってやばいです。

路側帯は一段高いのですが、とにかく狭い、
おまけに、ところどころ泥水が溜まっています。
DSCF7852.jpg
ここは、とても自転車が走れる路側帯ではありません。

このようなトンネルが3か所続きました。
いちいち自転車を降りて、押して狭い路側帯を歩いていきます。

車道を走ればいい?
無理です、朝の時間帯、車の量も多いですし、相当スピードを出しています。
トンネルの中、自転車にちょろちょろされたら、危険極まりません。

瀬戸かぜ海道「メロディライン」が、メジャーになれない理由は、
ここにあるのではないでしょうか?

某自転車雑誌でこのメロディラインを推薦していた編集者の方、
本当にここを走ったのかなー?

まー、眼下はそれなりに迫力ありますけどね。
DSCF7856.jpg

メロディラインがいつ終わったかわかりませんが、
国道197号線から373号線で八幡浜の方に向かいます。

平家谷を過ぎて、2156メートルの「ごぜトンネル」に入ります。
DSCF7859.jpg

しかし、このトンネルは、長いけど路側帯は広いです。
DSCF7860.jpg

と、安心して走っていたら、真ん中を過ぎたあたりで前輪に違和感!
パンクです。
こんなきれいな道で一体何を踏んだのでしょう?

1キロ以上、自転車を押して、出口に向かいます。

お、非常電話があるではないか、
これでレスキューを呼んでいいのかなー?
DSCF7861.jpg
と、しょーもないことを考えながら、自転車を押して歩きます。

1キロって、長い!

出口が見えたときは、やれやれでした。
DSCF7862.jpg

トンネル出口でパンク修理、これって青垣峠のときといっしょ?
DSCF7863.jpg

で、刺さっていたのは、これです。
DSCF7864.jpg
木の枝かと思ったのですが、鳥の足の爪みたいです。

これなら取り除くだけで大丈夫です。

今回、予備のチューブは2本、タイヤは1本持ってきています。

それでは再出発、まだ20キロほどしか走っていないのに、
だいぶ時間を食ってしまいました。
DSCF7868.jpg

ここからは瀬戸内海に向けてどんどん下っていきます。
DSCF7869.jpg

そして海岸沿いに出ました。
DSCF7870.jpg

はっきり言って、今日のライドはこれまでのような目的がないんです。

サンライズ糸山に行くだけです。

なぜって、サンライズ糸山に行かなければ、明日しまなみが走れないから、
まー、「ねばならない」「must」ですね。

コンビニに入って10時のおやつにしましょう。
DSCF7871.jpg

じつは、昨日の夜中、寝ていて、左足の太ももの裏側がつったのです。

太ももの裏側の筋?筋肉?
むちゃくちゃ痛いのですが、こむら返りと違ってどうしようもありません。

ちょっと引き足を使いすぎたのかもしれません。

ということで、エネルギーを補給しておきます。
DSCF7872.jpg

相変わらずの海沿いの道、飽いてきました。
DSCF7874.jpg

ちょっと背の低い余部(あまるべ)鉄橋?がありました。
DSCF7876.jpg

まー、寄るところもないのですが、下灘駅にだけは寄っておきましょう。

前回は、来るときは雨でしたが、駅ではいいお天気でした。
今回はもやっています。

夕陽が最高って、夕陽を見たいけど、どこで泊まるのか(笑)。

ここで、名古屋からのサイクリストOさんに出会いました。

10時半の電車が来たので、Oさんを見送ります。
DSCF7881.jpg

Oさんは、この後、高松、そして小豆島ですって。
雨に気を付けてくださいね。

そして取り残されたメリダが寂しく下灘駅に残っています。
DSCF7883.jpg
ウソウソ(笑)。

ここで、もう一枚、下灘駅の写真をお届けします。

このアングル、めったにないと思いますよ。
DSCF7879.jpg

道の駅「双見」、あー、前回ここで食事をしたなー。
あの時、むちゃくちゃ風が強かったんです。
DSCF7887.jpg

松山市に入りました。
DSCF7889.jpg

あと、今治まで47キロ、これなら雨の降りだす3時までに着けるかもしれません。
DSCF7890.jpg

もうすぐ1時、エネチャージの効力も切れてきました。

道はいいのですが、何の変哲もない道で、面白くありません。
DSCF7892.jpg

ラーメンでも食べたいなと思っていたとき、
ラーメン屋発見、これは運命ですな。
DSCF7894.jpg

しかし相変わらずこの道、面白くありません。

まー、天気のせいもあるのでしょうが、
義務感だけで走るって、しんどいですねー。
DSCF7895.jpg

案内地図を見ると…、あー、まだだいぶありますね。
いやんなっちゃうなー。
サンライズ糸山は、岬の先です。
DSCF7898.jpg

不満たらたらペダル漕いでいると、やっとしまなみ海道が見えきました。
DSCF7900.jpg

ここが入り口か。
DSCF7901.jpg

おー、自転車専用のループ橋、すごいなー。
DSCF7903.jpg

そしてサンライズ糸山に到着が3時15分、雨が降り出す前に着けました。
DSCF7904.jpg


前回泊まれなかったサンライズ糸山、今回は泊まれます。

前回途中で大久野島に行ってしまったしまなみ海道、今回は完走します。

ところで現在の時刻が6時15分、雨が降るまでにと頑張って走ってきましたが、
まだほとんど雨、降っとらんがな(怒)。



最後までお付き合いいただきありがとうございます。
応援のクリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

折れた断面を見ても植物のトゲとかではないようですね。質感や色の具合からしても動物の爪や角といった組織の一部が折れた部分のように見えます。
野鳥は普通、長いトンネルの奥まではめったに入ってこないものです。トンネル入る少し手前辺りに落ちてたのかも。
野鳥の爪、けっこう長いですよ。爪の中には血管が伸びていて、爪が伸びると血管も伸びます。でも先端の数ミリは血管が届いてない部分があります。
爪が伸び過ぎると邪魔で動きにくくなるし、血管が伸びたことで爪が欠けたり折れたりした際、出血するし、そこから雑菌が侵入して、場合によっては命にかかわることもあります。
野鳥は自然界で動き回っているうちに爪が物にあたって擦れるので、自然と爪とぎできるんですよ。伸び過ぎた爪を自分でかじって折ることもあります。
写真のは、爪の先端部分で、切り口がきれいなので、自分でかじって折り取ったとも考えられますね。

タイヤをチェックしていて、見つけた瞬間はトゲだと思ったのですが、
折ろうとしても折れないので爪だと思いました。
確かにトンネルを出て、バルブを開けたとき、チューブの中にまだ空気が残っていましたから、
うさうさんの言われるように、トンネル内でパンクしたのではないですね。
トンネルのちょうど真ん中あたりで、おかしいと思ってすぐに自転車を降りたんです。
それにしてもトンネル内で1キロ、自転車を押して歩くのは長かったです。
しかも、3時から雨という予報でしたから(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -