FC2ブログ

記事一覧

鍛冶屋線跡を走りました

申し訳ありません、寄り道が多いので、長くなっています。

今日は、畑は休んで、走ります。

そうだ、行ったことがないので、鍛冶屋線跡を走ろう。

鍛冶屋線は西脇市駅(旧野村駅)から鍛冶屋までの13.2キロで、
廃止されたのはつい最近の平成2年です。

「思い立ったら、輪行」で、西脇市駅まで輪行して、
鍛冶屋線跡を走って、加古川まで帰って来よう、と考えました。

で加古川発西脇行きが…、え?9時17分?
だめだ、今から用意しても、間に合わん。

次は、10時42分?
あかん、遅すぎる。

仕方がない、自走だ、自走!

それでは、チェーンにオイルを注して…、と。
DSCF7151.jpg
走るまえにオイルを注しましたが、
前日にオイル注したからって、ホンマに変わるんかなー?

自宅を出発したのが、9時30分。

いつもの網引駅を通り過ぎます。
DSCF7155.jpg


そして社町駅まで来ました。
DSCF7158.jpg

もう少し走ったら、闘竜灘(とうりゅうなだ)なので、ちょっと寄り道をしていきます。

11時40分、闘竜灘に到着です。
DSCF7162.jpg
なるほど、世界に一つの加東遺産か。

ところでこのオブジェは、何でしょうね。
DSCF7160.jpg
竜かな?
鮎かな?

ジャーン!闘竜灘とは、こんなところです。
DSCF7163.jpg

迫力あります。
闘竜灘は、加古川の中流になります。
DSCF7165.jpg

怖いなー、落ちたら死ぬなー。
DSCF7169.jpg

怖いと言えば、あの廃屋も怖そうだなー。
DSCF7170.jpg

では、再び西脇市駅に向かって、ゴー。

西脇市駅に着いたのがちょうど12時です。
DSCF7178.jpg
着いたとたんに、音楽が鳴りだしたので、びっくりしました。

おばちゃんに聞いて、鍛冶屋線跡を見つけました。
ここから13キロかー?
DSCF7180.jpg

ちょっと感じのいいところがあったと思ったら…、
DSCF7181.jpg

すぐに普通の道です。
DSCF7183.jpg

廃線跡の雰囲気がほとんどありません。
DSCF7184.jpg

と思っていたら、突然電車が見えました。
DSCF7185.jpg

市原駅跡だそうです。
DSCF7186.jpg

あー、ここからが本格的な廃線跡のようです。
DSCF7191.jpg

雰囲気はあります。
しかし、路面状態が…。
DSCF7192.jpg


ときどき、こんなところを通過しますが、
これ、駅舎跡でしょうかねー。
DSCF7193.jpg

あー、これは駅舎跡です。
しかし、駅名がありません。
DSCF7195.jpg

終着駅の鍛冶屋です。
♪落葉の舞い散る 停車場はー 悲しい女の吹きだまりー♪
DSCF7199.jpg
いえ、落ち葉も舞い散っていませんし、女の人もいません。

ただ、鉄道マニアの方には会いました。
DSCF7203.jpg

鍛冶屋線記念館となっていますが、なーんにもありません。
あるのはキハ30だけです。
DSCF7205.jpg

この時点で13時30分、お腹が空いたので、
エネルギー補給をしておきます。
DSCF7206.jpg

一応目的は達成したので、帰ります。

帰りは廃線跡は通りません。
あの道は、ロードバイク向きではありません。
DSCF7209.jpg

少々坂があっても、こんな道の方が走りやすいです。
DSCF7210.jpg

お、あれはなんだ?
DSCF7213.jpg

「あまんじゃこの腰掛石」ですって。
DSCF7211.jpg

「あまんじゃこ」は、播磨国風土記に出てくる大男で、
その大男が腰かけた石だそうです。

私も座ってみましたが、足ぶらで、なかなか座り心地がいいです。

んー?今度は、なんだー?
さかさま池?
DSCF7215.jpg

「あまんじゃこ」が岩をかついで千ヶ峰をまたごうとして、
岩を落としてできたのが、この池だそうです。

そして、この池の水が本来流れる方向と逆の方向に流れるので、
逆池(さかさまいけ)と呼ばれるようになったそうです。

そのため、嫁入りの時にここを通ると、出戻ると言われていて、
今でも、ここを通らないんですって。

面白い話だなー。


2時半、やっとコンビニ発見、お昼にありつけました。

そして優雅に、食後の一杯。
DSCF7217.jpg
同じ100円なら、自販機よりコンビニのコーヒーのほうがいいですね。

もう寄り道はしません。
ひたすら帰ります。
DSCF7219.jpg

よく行く「ぽかぽ」まで、あと5キロ。
DSCF7220.jpg

ここを右に上がっていたら、天然温泉「ぽかぽ」です。
しかし、今日はタオルを持っていないので、寄れません。
DSCF7222.jpg

網引駅まで帰ってきました。
電車、衣替えしたんですかねー。
DSCF7224.jpg

えー、本日の走行距離は久々の100キロ越えでした。
DSCF7225.jpg

自転車で走っていると、ついつい寄り道をしてしまいます。
でも、それが自転車のいいところですよね。

長い話に、最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

鍛冶屋線跡遠いですよね。
年2・3度行きますが、自転車乗りには会った事がありません。
鍛冶屋で時間があれば、以前ブログにあった道の駅「427かみ」や播州峠まで走っていました。
杉原川沿い良い所ですね。

確かに鍛冶屋線跡、自転車乗りはおばちゃんだけでした(笑)。
せめてアスファルトにでもしてくれたら、自転車道らしくなるのですが、
あまり力を入れていないんでしょうね。
私も杉原川沿いの方が走っていて気持ちいいので、
今度は雪のない季節に生野から再チャレンジしたいと思います。

ブロンプトンに乗っている人に勧められて昨年走ってみました。
とてもロードバイクで走るところではありません。

あの道は、私達が考える自転車道ではありませんね。
折角の遺産なので、観光資源化してくれたらいいのにと思いました。

“加東遺産”の石碑の隣りの石灯篭や、向こうの石垣…調べてみたらやはりお社でした。闘竜灘の安全の神様。川開きに祈願の祭事が行なわれるそうですね。
神様って、大勢で祈願されると、よっしゃー!って気合い入れてやってくれるそうです…。だから日を決めて集まって皆んなで祭事するんですね…。

一応展望台のような場所になっていて、そこに水神社があります。
鮎解禁のときに川開き神事が行われるそうですが、水量が多くなると迫力もすごいです。
昔、高瀬舟がここでいったん荷下ろしをしなければならないために、この辺りが栄えたそうです。
すごくいい場所なのに、先日立ち寄ったときも、観光客がいなかったので、もったいないなーと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -