FC2ブログ

記事一覧

TANTANロングライドを振り返って

今日は雨、先日のまとめをしておきます。

海の京都TANTANロングライド、
文字通り京都の海は、初夏の日差しの中できらめいていました。
DSCF1696.jpg

Bコースは、時計回りに丹後半島を一周する100キロです。
(ちなみにAコースはグランフォンドの190キロです。)
Polar Flow からのデータを貼り付けておきます。
data.jpg

Bコース100キロと言われていますが、実際は97.2キロで、
平均速度が21.4キロでした。
去年があまり止まらずに走って、平均21.3キロでしたから
まー、今回、あれだけ写真ストップした割には速かったと思います。
(去年のブログはこちらです。)

コースは、天橋立駐車場をスタートして、
第1エイドまでが9キロ、速い速いと書きましたが、
平均速度は20キロほどです。
(地図上の赤い数字はエイドステーションです。)
route.jpg

どうしても市街地ではストップ&ゴーが多いので
平均速度は落ちてしまいます。
市街地を抜けると、平均速度30.5キロ、最高速度36.8キロでした。
DSCF1605.jpg

赤い数字の1が第1エイドの「野田川わーくぱる」ですが、
その後の短い直線路が加悦鉄道廃線跡です。
今回変更になったルートです。
DSCF1620.jpg
この廃線跡、加悦岩滝自転車道として整備されているようですね。
距離は12キロほど、うーん、走りたいけど、
そのためにわざわざ加古川から行くのは、ちょっと…。
関係者の皆さん、うまくロングライドに組み込めないでしょうかねー。

加悦鉄道廃線跡と別れると、京都タンゴ鉄道に沿って走ります。
DSCF1622.jpg

山の中を走るので当然アップダウンはあります。
ただしんどかった割には、1キロごとのラップで、
最低平均速度17.7キロ、最高平均速度33.3キロでした。

琴引を過ぎると海沿いになります。
やはり海を見ながら走れるって気持ちいいです。
特にあまり風がなかったので最高でした。
DSCF1637.jpg

そして第2エイドの道の駅「てんきてんき丹後」を過ぎると
第3ステージで、山陰ジオパークを満喫できるコースです。
大体、坂を越えたり、トンネルを抜けたりすると絶景が広がります。

苦労して坂を上って上って、さあ下りだ、と思ったとき、絶景が広がっている!
この時、止まるのって、勇気がいるんですよ。
DSCF1682.jpg

ここも、やっと下り坂、というところだったと思います。
でも私と同じように勇気を振り絞ったチャリダーたちも数人(笑)。

冒頭に載せた写真は、浦入(うらにゅう)という展望台です。
ここはトンネルを抜けた後の下り坂で、
しかも展望台には数メートル上がらなければならないところでした。
いったん行き過ぎたのですが、引き返して上がりました。
車ならいざ知らず、自転車では勇気がいりましたよ。
DSCF1699.jpg
でも、止まって景色を堪能する価値はあったと思います。
こういう景色があるから、アップダウンもあまり苦にならずに走れたのだと思います。

浦入の後は、しばらく海から離れます。
DSCF1701.jpg

そしてこの後、今回の一番のアップダウンになりますが、
それを過ぎてしまえば、日本の原風景が待ち構えています。

伊根のまち中を走っているとき、偶然、向井酒造の写真を撮っていました。
ここに立ち寄っているチャリダーもいましたね。
でも、試飲でもためですよ。
DSCF1707.jpg

最後の第3エイド「伊根町役場」を過ぎると、
もう海岸沿いばかりです。
平坦路ですから平均25~30キロでしたが、
実は、子どもたちもそれぐらいのスピードでした。
DSCF1734.jpg

「ようこそ天橋立に」のモニュメントが見えるとゴールです。
スタートが8時2分、ゴールは2時頃だったと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -