FC2ブログ

記事一覧

超簡単!ポラールでルートガイダンス

昨夜のYomosugalaさんからのコメントで、今さらですが、
PolarFlowに「ルートインポート機能」がついたことを知りました。

そうすると、ルート案内の作り方がとても簡単になります。

STRAVAやルートラボで、ルートを作って、GPXファイルに変換すればいいだけのことです。

1 STRAVAまたはルートラボでルートを作成する
  ↓
2 GPXファイルに変換する
  ↓
3 POLAR FLOWで読み込む

1・2・3で終わりです。
面倒なファイルの同期も、タイムスタンプをつける必要もありません。


では、実際にやってみます。

STRAVAでルートを作成します。
右の「ルートを作成する」をクリックします。
11sennjoujiko.png

ルートを作ったら保存します。
今回は加古川から千丈寺湖へのルートです。
右上の「保存」をクリックします。
1sennjoujiko.png

保存の窓が開きますので、千丈寺湖と名前をつけて、
人に自慢するほどのことでもないので、
プライベートにチェックを入れて、「保存」をクリックします。
2hozonsennjoujiko.png

保存をすると、「千丈寺湖」のルートが表示されますので、エクスポートをクリックします。
3exportsennjoujiko.png

「ルートをGPSデバイスにエクスポート」の画面になりますから、
下の「GPXをダウンロード」をクリックしてください。
4GPXsenjoujiko.png

そして「ファイルに名前を付けて保存」にして、
自分のパソコンの適当な場所に保存します。

名前は、やっぱり「千丈寺湖」にしておきます。

これで、STRAVAでの作業は、終わりです。

次にPOLAR FLOWを立ち上げて、右上の☆をクリックします。
polarsenjoujiko1.png

すると、なんと、「ルートのインポート」なる文字が!
感激ですねー。
「ルートのインポート」をクリックします。
polarsennjoujiko2.png

クリックすると、「ルートのインポート」の窓が開きました。
「見る」をクリックして、保存した場所から「千丈寺湖」を呼び出します。
polarsennjoujiko3.png

ルートのインポートをクリックします。
polarsennjoujiko4.png

これで「千丈寺湖」というルートがお気に入りに追加されました。
あとはポラールv650をパソコンにつなげば、完了です。
polarsennjoujiko5.png

むちゃくちゃ簡単になりました。

SyncMyTracsもAdd Time Stamps to Gpxもいりません。

♪悩みつづけたー日々がー  まるで 嘘 の ようにー♪

別に悩んではいませんが、こんなに簡単になるとは驚きです。
Yomosugalaさん、ありがとうございます。

前回のファイル変換のときは、しんざんさんにとてもお世話になりました。

ポラール、進化していますねー。

ポラールにルートガイダンスをさせて、自転車の旅に出かけよう。

以上、ポラールからのお知らせでしたー。


最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -