FC2ブログ

記事一覧

サドル高の見直し

もうすぐ、びわ湖です。

で、最近気になっていたサドルの高さを見直しました。

サドル高は、股下×係数で決まりますが、この係数がまたたくさんあります。
0.855、0.875、0.885、0.893…、いったい、どれがホンマやねん?
DSCF6329a.jpg

今回は、0.885で計算することにします。

私の股下は78cmですから、78×0.885=69.03
うーん69センチぐらいがちょうどいいのか。

で、今の高さは…、何と、73cmもあるではありません。
DSCF6327.jpg

「ホビーレーサーは、サドルをむやみに上げたがる」
うーん、わたしも、いつの間にやら、どんどんサドルを高くしてしまっていたようです。

ただ、私の場合、ホビーレーサーではなく、ホビーチャリダーなんですが。

そこで、サドルを下げて、基本に戻ります。
DSCF6330.jpg

だいたいこんなもんでしょうか?
DSCF6331.jpg

約4cm下げました。

最初の写真とだいぶ変わりましたね。
DSCF6332.jpg

もちろんサドルの前後も見直して、水平も取り直しました。
DSCF6307.jpg

「迷ったときは、基本に戻れ」

で、基本に戻った結果、走りはどう変わったか?



…こんなに風がきついのに、走れますかいなー(笑)。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村

コメント

今時点では、琵琶湖北湖部にあたる彦根、長浜、高島、大津西部あたりは今度の日曜、曇り/晴れです。最近、実際の天気が予報より時間や日がずれ込むことがあるので、注意ですね。
この中途半端な時期なのは、北湖のクルーズ船の、“雪見クルーズ”が終了し、“桜見クルーズ”が始まる前だからなんです〜。

天気は良さそうですね。
問題は、風ですが、びわ湖の場合、一周していると必ず追い風と向かい風があるので、
まー、それは仕方ないのですが、できたらあまり吹いてほしくないなーと思っています(笑)。
びわ湖一周ロングライドのサイクルージング部門などは、家族連れの参加者には好評でしょうね。

滋賀県は周りを山々にガッツリ囲まれてます。山から琵琶湖に向けてあちこち川が流れていて、一部の湖岸周辺を除けば坂道だらけです。
山の近く地域では山と川の関係で、午前と午後では風向きが少しずつ変化しますし、強さも1日の内でよく変わります。
琵琶湖の周辺では琵琶湖がある関係で年中、風ありますが、特に季節の変わり目の時期は強風が吹きまくる日々が続きます。
今の時期に、晴天で風がおだやかな日はめったにないですね。琵琶湖周辺へサイクリングに来た人の多くが、天候より強風で漕ぐのが大変だったっていう印象をもつことが結構あるんです。
日曜、強風でなければいいですね。“降る”って言っておいて曇っても降らなかったりという場合もありますし。あ、それと、滋賀県まだ寒いです…。

地形的にも、季節的にも、風は仕方ありませんよね。
去年は、前半は快調でしたが、後半の近江八幡からゴールの彦根で向かい風に悩まされました。

滋賀は、まだ寒いですか?
天気予報を見ても、北の方は湿雪とかになっていることがありますねー。
5℃対応のウィンドブレークジャージと、5℃対応のシューズカバーで参戦します。

いよいよ今週末になりました。
日曜日にビワイチされたmegさんによれば、
北湖岸では路肩に雪が残っている程度とのこと。
ただ、昨日、一昨日と北部では雪があり、
今朝、木之本・大音あたりでは積雪が。
日曜日にかけて気温が上昇するので、溶けるかも。

土曜日は午後2時頃に現地inする予定です。

今、ブログ拝見しました。
megさん、ビワイチソロライドだったんですねー。
すごい!
やっぱり北湖岸は、寒いですね。
特にスタート時点の早朝の寒さは、嫌ですが、朝もやの美しいびわ湖を走れるのも、早朝だけですしー(笑)。
私の方は、途中ちょっと立ち寄るところがあるので、3時ごろ、現地入りしたいと思います。
到着したら、電話します。
今回、センチュリーなので、ちょっと自信が…。
できたら、エイドで合流したいです。
よろしくお願いしまーす。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -