FC2ブログ

記事一覧

チューブの収納について

先日の生野ライドでパンクしたチューブを修理しました。

おー、あの凍えるような雪の中のチューブ交換、
私をたくましく成長させてくれたのが、このパンクかー?
(んな、アホな…。)
DSCF6287.jpg

えー?
継ぎ目の近くの嫌なところに穴が空いていますねー。
うまく穴をふせげるかなー?
DSCF6288a.jpg

うーん、完璧です。
DSCF6289.jpg

で、チューブを巻いてツールボックスに入れようと思ったとき、
いつも、ぼわーとしか巻けないから、どうしたらうまく巻けるだろうと考えました。

そして、発見しました!

まず2つ折りにして、バルブの反対側から、しっかりとチューブを巻いていきます。

チューブの中に空気が集まってくると、バルブの先をちょんちょんして、
空気を抜きながら、最後まで巻いてしまいます。
DSCF6295.jpg

巻き終わったら、空気が入らないように、バルブを閉めてキャップをします。

見てください、ぺったんこです。
DSCF6297.jpg

それを伸ばすと、空気の入っていないぺらぺらのチューブが出来上がりました。
DSCF6298.jpg

それを今度はバルブ側から巻いていきます。
ほらっ、買った時みたいに、きちんと巻けました。
DSCF6300.jpg

ツールボックスに余裕で2本入りました。
DSCF6301.jpg

これは、いい方法を発見した、
みんな知らないだろうなー、と思って、ウェブ検索。

ところがサイクルア〇ヒさんのページを見ると、
なんと、同じようなやり方が詳しく載っているではありませんか。

あら?知らなかったのは、私だけで、みんな知っていたのね?
チャンチャン。

ただサイクルア〇ヒさんのページを見て、分かったことがあります。

普段、私たちは、当然のように、チューブをラップでくるんでいますが、
あれは、空気に触れさせないためなんですって。
空気に触れると、ゴムは劣化するので、その防止のためなんですって。

いやー、いくつになっても勉強ですね。
「一生勉強、一生青春」、相田みつをさんの言う通りです。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです。
佐渡ロングライド、今年もですかー?
5月21日なんですよね。
私、5月は去年と同じで、ちょっとどこかを回ってこようと思っていますが…。
うーん、佐渡ですかー。
いいですねー、いいですねー、うーん、うーん(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -