FC2ブログ

記事一覧

ヴィットリア、今度のテストライドは坪川へ<追記あり>

(申し訳ありません、話、長いです。)

何回テストライドをするんや、なーんちゃって(笑)。

昨日は、天気がよいのにサイクリングできなかったので、今日こそ走ります。

で、今回のテストライド(?)は、坪川をめざします。

予定の距離は76kmですが、ストラバまかせで
ルートを作成したため、うまく走れるかどうか…(笑)。
DSCF5933.jpg

10キロほど走ってきました。
しかし福崎への道、こんな道通ったことないなー。
DSCF5936.jpg

と思ったら、
DSCF5937.jpg

いつもの調子で、突っ走ってしまいましたが…、
DSCF5938.jpg

やっぱり「通行不能」は、通行不能でした(苦笑)。

ストラバ任せのルートづくりはダメですねー。

県道65号線まで引き返して、姫路をめざします。

まー、65号線は走ったことがあるので、だいたいわかります。
DSCF5939.jpg

姫路に入りました。
このまま直進して、播但有料道路の側道を通ったら福崎へ行けるはずです。
DSCF5940.jpg

側道です。
DSCF5942.jpg


砥堀あたりでしょうか、ちょっと山越えですが、
天気がいいので気分もいいです。
DSCF5943.jpg

山を抜けました。
のどかな田園風景が広がっています。
DSCF5944.jpg

市川です。

川の中で、シラサギが、じーと獲物を狙っています。
DSCF5946.jpg

実はここから、福崎町へは向かわずに、
ショートカットして、香寺町を横切っていくつもりです。

しばらく播但線に沿って走りました。
DSCF5947.jpg

恒屋地区に入りました。
何という川か分かりません(矢田部川?)が、桜並木になっています。
春になると、すごくきれいなんでしょうね。
DSCF5948.jpg

本当にいいところです。
ぽかぽか陽気で、最高です。
あの山を越えれば、坪川へのアプローチが始まります。
DSCF5949.jpg

山上に恒屋城跡が見えます。
でも、登りません(笑)。
DSCF5952.jpg

ところで、なぜ坪川をめざしているのかというと、
坪川って、日本の原風景らしいです。

香寺、「竹取の郷」で、ちょっと休憩をとります。
たくさんのシニアの方が、グランドゴルフをされていました。

すぐ隣には、香寺荘という温泉があるので、
スポーツの後は、お風呂でしょうか?
DSCF5955.jpg

ここから、山越えで、夢前川をめざします。
夢前川から、さらに山に入ると坪川に出るはずですから。

またまた出ました、通行止め。
しかし、こんなにきちんと舗装された道が、通り抜けられないはずがない、
と、なぜか、看板を全く信用していない私(笑)。
DSCF5956.jpg

がーん!
ショックー。
何回同じ間違いをしたら、気が済むのでしょう?
DSCF5958.jpg

本日2度目、これは、ストラバのせいではありません。
工事が悪い?
アホか、お前が悪いんやろ(笑)。

しかし2度あることは3度ある…、嫌な予感が…。

まー、それは置いといてと。

とにかく中国自動車道の側道を走って、夢前高校前を南に下って、
夢前川を横切ります。
DSCF5959.jpg

ここから、本格的に坪川ルートへのアプローチが始まります。

ここまでは、ほんの序章に過ぎません。

しかし…、序章が長すぎました…、はー。

本格的なアタックを目前にして、静かなる田園と広い青空が私を迎えてくれています。
DSCF5960.jpg

この山を越えると、夢前川と平行に、北から南へ坪川が流れているはずです。

坪川は、菅生(すがお)川と合流し、菅生川は夢前川と合流します。

山へのアタック、法華山一乗寺に向かうときと同じような感じですが、
距離的にも、角度的にも、一乗寺のときよりずいぶん楽です。
DSCF5962.jpg

今度は、道を間違えるわけには行かないので、
作業をされている人に尋ねました。

「坪川?そんな川、あったかなー?」
「坪やったら、突き当りを左やで。右に行ったら山崎に行ってまうで。」

若干、不安です。
坪という地区はあるようなのですが…、坪川って川、ないの?

ここが突き当りみたいです、ここを左ですね。
とにかく人がいないので、聞くに聞けません。
DSCF5963.jpg

山懐をなだらかに下っていきます。
DSCF5965.jpg

両側は、しっかり山に囲まれています。
右手に沢が流れているようです、これ、坪川?
DSCF5966.jpg

日本の原風景というより、だいたい、山奥は、こんな感じなんですが…。

これが、坪川の由来になった川壺かなー?
向かい側に案内板みたいな物が立っていますが、
ちょっと行けそうにありません。
DSCF5968.jpg


うさうささんの情報で、ネット検索してみると、「どんどが渕」でした。
拡大写真は、これです。
滝を中心に撮りましたが、おう穴の方が有名だったようです。<追記>
DSCF5967.jpg


いい感じです、確かに日本の原風景?
でも、京都の美山も綾部も、こんな感じですよねー。
DSCF5969.jpg

木々の向こうに見え隠れするのは、幻の湖でしょうか?
千丈寺湖を思い出しました。
DSCF5971.jpg

下って下って、弥勒寺?
たぶん、これで坪川のハイライトは終わりですね。
DSCF5973.jpg

そう言えば、途中で聞いたときに、有名なお寺があるって言ってたなー。
この弥勒寺のことかな?

ちょっと寄って行きます。

古刹ですねー。
書写山円教寺の奥の院だそうです。
DSCF5974.jpg

願いが叶うなら軽くなって、叶わないなら重くなるそうです。
でも、宝銭が100円とはいかにも現代的です。
DSCF5978.jpg

のんびりした境内で、しばしの休憩です。
訪れる人もいないのではないでしょうか?
この本堂、重要文化財です。
DSCF5979.jpg

本堂の裏に、日本一の布袋さんがありました。
DSCF5982.jpg

日本一って、大きさ?重さ?
何が日本一なのか、分かりませんが、とにかく日本一の布袋さんだそうです(笑)。

でも、ちょっと、顔がこわい…、
すみません、罰当たりなことを言って(´・_・`)。
DSCF5980.jpg


横道に逸れましたが、川に戻ってきて確かめると、やっぱり坪川でした。
DSCF5984.jpg

そして菅生川、夢前川の支流になります。

ノイシュバンシュタイン城も見えてきました、太陽公園です。
DSCF5987.jpg

菅生川が夢前川に合流し、ここから夢前川CRが始まります。
DSCF5990.jpg

自転車道は、一般道と違って、
後方から来る車に気を遣わなくてもいいので、精神衛生上いいですね。
DSCF5994.jpg

南の風で少し向かい風ですが、なんのその。
どんどん進みます。
DSCF5995.jpg

どんどん進んでいると、あれー?
山陽電車?
国道2号線は、どうなったー?
DSCF5997.jpg

調子に乗って走っていたら、なんと国道2号線を通り過ぎて、
海岸近くの国道250号線まで来てしまっていました。

やはり、2度あることは3度ありました(笑)。

これは、私の責任?

でも、どうして2号線を見過ごしてしまったのでしょう?

引き返します。

ここです、この上が国道2号線です。
DSCF5998.jpg

これ、ここを上がっていかなければ国道には出られません。
こりゃ、分からんわー。
DSCF5999.jpg

姫路市さん、絶対、案内表示が必要だと思います!

姫路城マラソンののぼりをこんなにたくさん立てるなら、
「国道2号線」の案内表示ぐらい、たいしたことないでしょう(笑)。
DSCF6001.jpg

どうして国道2号線を走りたかったのかというと、
自転車DEPOさんに立ち寄って、ビワイチの車検証をもらうためです。
(3月のビワイチには、検査証が必要なんです。)
DSCF6003.jpg

自転車DEPOさんは、姫路中央店とここ下手野店がありますが、
スポーツバイクは、こちらの方が多いです。

検査と調整、手際よくやってもらっています。
さすがプロです。
DSCF6004.jpg

自分で換えたブレーキの位置、ちょっとおかしかったみたいです。
でも、これで安心して、びわ湖を走れます。
DSCF6005.jpg

やっぱり、専門家にみてもらうっていいですねー。

ジャーン、「びわ湖一周ロングライド自転車検査証」でーす。
DSCF6013.jpg
ビワイチまで、なくさないようにしなくっちゃあね。

自転車DEPOさんで、夢前川CRから国道2号線へ上がる道が
わからなかったと愚痴っていると、
姫路の人間でも、間違えることがあるって言われていました。
あそこは、本当に分かりにくいです。

姫路市さん、絶対、案内表示が必要だと思います!

これで大体今日の予定は終わりました。
DSCF6008.jpg

76km走る予定が…、97km!
DSCF6012.jpg

20㎞以上も回り道をしたようです。

いやー、ホント、私の人生と一緒ですなー。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村

コメント

調べてみました。坪川の上流の高長と大坪の間にある「どんどが渕」と呼ばれているおう穴があるんですね。どうやら兵庫県はおう穴がある場所がたくさんあるようですね。
新庄という地域の夢前川岸には桜並木があるそうなので、花見にはよさ気ですね。
姫路城周辺でマラソンやるんですね。古代、湖の底かな。だから古代、雪彦山に人住んでのかも。

情報ありがとうございました。
「どんどが淵」、ちょうど拡大写真も撮っていたので、本文に追記しました。

姫路城マラソンは2月26日だそうですが、いたるところにそののぼりが立っていました。
なのに、夢前川CRに国道2号線への案内がありません(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -