FC2ブログ

記事一覧

サイコンの勾配表示は、信用できませんねー

先日の黒滝ライドで、平井山越えをしたとき、
ポラールV650の勾配が22%を示しました。

22%?私の脚で上れるはずがない。
黒滝ルート
ちょっと話はそれますが、
黒滝から千丈寺湖までは、10キロほどしかなかったんですねー。
(それがどないしたん?)

で、話を戻して、22%なんて、私の貧脚で上れるはずがないということで、
高度表示を表すと、こうなっています。
走行高度

拡大すると、こうなります。
拡大

なるほど、この出べそみたいなところ、すごく急だなーという気がしますが、
調べてみると、390m走って、20mしか上っていません。

ということは、勾配は5%ぐらいです。

なぜ22%と表示されるかは謎です。


では、山陽自動車道横の斜度14%の勾配表示は正しかったのか、改めて調べてみました。
DSCF5574.jpg

場所はここです。
久留美付近見どころ
ちょっと話はそれますが(またかい?)、
こうして地図に落とすと、三木市の久留美付近って、見どころが多いですねー。

では、話を戻して、地図の上の方に山陽自動車道が走っていますが、
その横道の上り勾配、下り勾配がそれぞれ14%でした。

これを、Polar Flowに落として、計算すると、
より急坂だと思われる下り勾配でも14%ではなく8%でした。
山陽自動車道

道路表示が間違っているのか、ポラールが間違っているのか。
まー、ポラールでしょうね。


サイクルコンピューターのほとんどが、標高を大気圧で割り出し、
距離はタイヤの回転数で割り出しています。
そして割り出した高さ÷距離で勾配を算出しているようです。

標高を大気圧から割り出すのが問題だと思います。
GPSで割り出せば、正確な勾配が出るのになー。

でも、そうすると膨大なデータが必要か、ネットにつながっていないとダメなんでしょうね。

自転車で走っているとき、傾きを見るのは、楽しいのですが、
まー、本当に信用できませんねー。
DSCF5829.jpg

で、ときどき、サイコンを叱っちゃうんですよ。
「おいおい、もっと勾配、急だろう!」って(笑)。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村

コメント

はじめまして
サイコンの斜度表示って意外といい加減ですよね。
GPSの計測精度が水平方向で3mぐらい、垂直方向で10mぐらいの様で水平方向の精度を上げる様なアルゴリズムの様です。
全ての地点の高度情報があると良さそうですが、データ量とリアルタイムでの検索を考えると厳しそうですね。
3mの誤差があると、道路から落ちそうですし(笑)
高度気圧計を使ってるのに、短時間で大きめな誤差が出るのは理解できませんが。。
と言いつつもまっ平らな所に住んでるからか、そう言う誤差は把握できてませんでした。

そう言えば、V650の傾き表示の初期状態が斜度(%)ではなく、傾斜角ですよね。
恥ずかしながら、気づくのに1年近くかかりました。老眼で単位が見えてませんでした(^^;
ロギング中に傾きの項目をタッチすると斜度と傾斜角が変わりますが、電源ONした時は常に傾斜角なのは変更できる様にして欲しいです。
日本人には角度表記は馴染みがありませんよね。

訪問、ありがとうございます。

高度気圧の正確性って、どれくらいなんでしょうね。
山陽自動車道、ポラールでは標高156mでしたが、実際は126mで、30mも違っていました。
家を出るときに、高度補正は、していたんですよ。

それにポラールV650の傾き表示、確かに「°」と「%」、とても判別しにくいです。
坂道になって、思い出して慌てて「%」に切り替えるのですが、悲しいかな、切り替わったかどうか定かではありません(笑)。
まあ、数字が2から4になると、「あー、%になったんだな」と、安心していますが…。

でも。まー、ソロライドの時は、いい相棒なので、サイコン相手に愚痴りながら、乗っています(笑)。

こんにちは
Polarのサイコンの補正がどうなってるのか今ひとつ分かりませんが、高度と気圧の関係だと1ヘクトパスカル=10mの様です。
なので、出発してからの天気の変化の影響は受けると思いますが、そこまでの変動幅は持っていない様なので、GPSである程度補正はされている様ですが。。
GPSの高度精度を考えると。。色々疑問です(^^;
なので、最近は標高は相対的にしか見てないです。
住んでいる場所が高度4m前後の所なので平気でマイナス高度表示されます。

1ヘクトパスカルで10mですか?
それを1m単位に割っているのでしょうかねー。
走っているうちに気圧も変わりますから、止むを得ませんね。
私も、出発の時、必ず高度を7mに補正するのですが、あてになりません。
加古川の河川敷を走ると、海底を走っていることがよくあります(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -