FC2ブログ

記事一覧

竹取の翁?かぐや姫?

今日は知り合いに案内してもらって、竹取に来ました。
竹取の翁だなー。

なので目的は、かぐや姫を探すことです。
えー?
DSCF5374.jpg

川沿いにいい竹がたくさん生えています。
DSCF5378.jpg

竹は冬に取らなければだめなんですって。
そして青い竹より白い竹の方がいいらしいです。
いろいろ勉強になりますねー。
DSCF5376.jpg

まっすぐな竹で、ツタが絡まっていない竹を選んで切っていきます。
小一時間で20本ほど取りました。

この川にも沈下橋がかかっています。
昼前ですが、凍っていて、滑りそうでした。
DSCF5375.jpg

いい雰囲気が出ていますねー。
また近々、ポタリングに来ようーっと。
DSCF5377.jpg

切った竹は軽トラに積んで、畑に持って帰ってきました。
DSCF5379.jpg

えっ、かぐや姫は積んで帰ってきたかって?
そんなもん、探していませんよ。

ソラマメの垣を作るのが、竹取の一番の目的なんですから。
DSCF5380.jpg


だいたい、あーたねー、かぐや姫があんなに細い竹の中にいるはずないじゃないですか。

かぐや姫がいるのは、きっと孟宗竹(もうそうちく=太ーい竹)の中だと思いますよ。
(はー?)

しょーもない話に、最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村

コメント

美嚢川の久留美付近の沈下橋近くの竹林に行ったのですね。
雰囲気も良くて何度も来たくなりますね。

正解でーす。
よくわかりましたねー。
近くに弁慶の足跡や竹中半兵衛の墓もあり、
ちょっとした探索気分も味わえそうだなーと思いました。

夏場は涼しくスイカでも冷やしたいです(笑)

初夏の美嚢川、いいですねー。

このルート、これまで走っていなかったので、
今度から組み入れたいと思います。

始めまして。日本一の古代湖の県で安クロスバイクやってる者です。こちらでは県内全域、積雪で白化粧でした。
孟宗竹は、平安時代から鎌倉時代に、僧侶が唐から帰国の際に持ち帰り、植えたのがはじまりだそうです。
「竹取物語」が書かれた年代ははっきり分かってないですが、少なくとも平安時代初期にはあったと考えられています。「竹取物語」が書かれた頃には孟宗竹は日本にはなかったとされているので、物語にでてくる竹は孟宗竹ではなく、真竹だそうですよ。

ありがとうございます、勉強になりました。
孟宗竹が平安から鎌倉だとすると、私たちが取りに行った竹に、かぐや姫がいても、おかしくないということになりますね。
ただ、残念なことに、あの竹が真竹か破竹かの区別がつかないのですが(笑)。

いやー、それにしても勉強になりました。
最近、このブログでも書いていますように、羽衣伝説に興味がありまして、
最後に天に帰る所など竹取物語とかぶる部分もあって、面白いと思っていたんです。

ところで日本一の古代湖の県って、滋賀県ですか?
琵琶湖疏水走りたいなー。

成長した真竹と淡竹(または破竹)は見分けが難しい場合もあります。
確実な見分け方は筍の皮です。剥がれた皮を見てください。真竹は皮にトラやヒョウ柄に似たまだら模様があります。淡竹は皮に模様がありません。
孟宗竹も真竹も淡竹も筍の頃は食用にできます。
孟宗竹は竹の子でよく見かけますよね。細い筍は淡竹で、食用としても人気あります。真竹の筍はやや硬めで、孟宗竹のように下ごしらえしてからだと食べられますが、成長すると太さもよくて立派な竹なので、加工に人気がありますね。
だいたい2年ぐらいはきれいな緑色で、表面全体に白粉が付くのは3年目ぐらいからが多いです。
数十年から百数十年に最上部で開花すると言われ、花が終わると翌年か翌々年ぐらいに竹全体が黒っぽく変色し枯れるのです。
昔話は100%創作はあまりなくて、話の元になるような事があったと考えられているようですね。天皇のご先祖様は神だったと堂々と言ってる国ですから、どんな類いの伝説があってもおかしくはないかも。
琵琶湖です。日本に恐竜が出現する頃には、すでに今の伊賀上野辺りに池があった事が分かってます。この池が西方向に移動したものですよ。世界中で数えるほどしかない古代時代から確認されてる古代湖なのですよ。
琵琶湖疎水は、琵琶湖の水を京都に送る水のトンネルです。ほとんどは山中を通ってます。滋賀県側の疎水口の岸の桜が咲く頃はきれいですよ。

真竹と破竹は、成長してからでは素人には無理ですね。
もうすぐタケノコのシーズンになりますから、まだら模様があるかないか、確かめてみます。
その時が楽しみです。

竹を切るときに、青い竹じゃなく白い竹と言われたのは、若すぎる竹はダメだということだったんですね。
いろいろ勉強になりました。

3月にビワイチを走りますが、北湖しか走らないので、琵琶湖疏水は見られません。
長浜へ行く途中に立ち寄れたらいいなと思います。
でも、ビワイチの頃は、桜はまだですねー。

詳しい説明、いろいろありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -