FC2ブログ

記事一覧

ポラールV650の高度測定について

これが昨日の走行ルートです。
awajiroute2.png

淡路島サイクリングには、大きく分けて3つのコースがあります。

今回のは、60キロコースで最も平坦な初級者向けです。
中級者向けは洲本から内陸に入る100キロコース
そして通称アワイチは、淡路島の海岸線を走る150キロコースです。

この写真、東岸の志築から西岸の郡家の中間点にある一宮中学校です。
DSCF4918.jpg
えっ?また廃校の写真かって?
何と失礼な!
ちゃんと全校生200人ほどの立派な学校です。

この場所、ポラールの高度グラフではこのようになっています。
激坂

実は、一宮中学校の前に、海抜17.4mの表示があったので
ポラールの高度補正をしたのです。
DSCF4916.jpg

そうすると、それまでの高度59mから、
補正した正しい高度17mまで一気に落ちたというわけです。
でも、補正は、その時からで、そこまで走ってきた分には適用されません。
だから、こんな激坂が生じてしまうのです。

ポラールV650の高度測定は基本的には大気圧センサーで行われています。

ポラールの公式ページには、次のように書かれていました。
「高度は自動的にGPSを用いて校正されますが、
もっとも正確な高度測定値を取得するためには、
現在の高度を知っているときは、
常に手動で高度を校正することを推奨します。」


やっぱりねー。
でも本当にGPSで、校正されているのかなー?

今回気が付いたのは、海面から数メートルの高さを走っているのに、
標高37mなんて表示されていたからです。

これって、サイコンの宿命なんでしょうかねー。
とりあえず、今度から、家を出るときに必ず高度補正をするようにします。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村

コメント

60kmコース懐かしいです。
自分は、タコフェリー最終日に60kmコースを走りに行きました。
150kmのアワイチを走ったのは、まだ大橋がない昭和の時です。
古くてすみません。
GGさんとは違うかもしれませんが、60kmコースは津名から66号と88号で伊弉諾神宮まで走り休憩した思い出があります。
31号の播磨灘を見ながらの海岸沿いを走るので、帰宅してから自転車の丸洗いをした思い出もあります。

その頃なら、自転車も今ほどブームでなかったので、
道や休憩スポットもあまり整備されていなかったでしょうね。

60キロコース、66号なら、たぶん志築の一つ前の信号ですね。
志築から「たこせんべい」までの88号は、道の狭いところがあるので、気を遣います。
66号からの方がいいのかもしれませんねー。

淡路は走るところがいっぱいあって、いいです。
きついらしいですが、北淡の棚田コースにも挑戦したいと思っています。

北淡町も自然いっぱいの良い所で、大磯の小規模河川沿いから北上して、上流にある谷山ダム&大谷ダムを回った事があります。
棚田も有名ですね。

棚田に水が張ってある写真を見て、来年の田植えの頃に行ってみようかなと思っています。
それこそ、夕日に照らされていると美しいのですが、帰りがねー(笑)。

確かに、河川敷道とは違い東方面へ走ると行きと違うルートを走ろうと考えると、ストップ&ゴーが多くなりスイスイ走れないですからね。

別に速く走りたいわけではないのですが、
足元だけでなく、前後左右にも最大限の注意を払っておかなければならないのがねー。
特に中高生の下校時刻に重なると、大変です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -