FC2ブログ

記事一覧

鳥取ライドを振り返って

鳥取ライドを走った軌跡です。
ただ、スタート&ゴールは宿泊所になっているので、
ちょっとずれています(笑)。
鳥取ルート

勝手に各ステージの特徴を解説しますと、
第1ステージは、砂丘のアップダウンから海岸沿い
第2ステージは、JR山陰本線と交差し岩井温泉
第3ステージは、坂好きにはたまらない雨滝コース
第4ステージは、因幡万葉湖を見ながら豪快なダウンヒル
第5ステージは、のどかな田園風景
第6ステージは、千代川沿いの快適サイクリング
ということになります。

エイドステーションは、この寒い時期、
よく考えられた温かいもので嬉しかったです。

エイドステーションに必ず置いてあったのが、飲み物と、
飴と、これ、かりんとう(?)でした。
ちょっとした心配り、心憎いですねー。
DSCF4593.jpg

さて、きつかったのは、やっぱり第2エイドから第3エイドです。
標高7メートルから444メートルまでの上り、平均すると斜度2.5%です。
雨滝高低

平均しちゃうとたいしたことないのですが(笑)、
九十九折からは、平均斜度7.34%、第1の頂上手前は10%を超えていました。
その後、いったん下って、再び上って雨滝到着です。

この上りは、距離3.7キロ、斜度5.2%ぐらいですが、
先に足を使ってしまっていたら、しんどいでしょうね。
雨滝への上り


では、ポラールのデータです。
(宿泊所からです。)
走行距離 110.14km
走行時間 5時間36分19秒
平均速度 19.6km
最高速度 53.0km
これは、きつい上りを越えた後の下りです。
雨の坂道、よくこんなにスピードを出したなーと思います。
そのせいで、綾部の前に換えたばかりのブレーキシューがこの有様です。
DSCF4671.jpg

獲得標高は、私のポラールでは1080mでしたが、
公式では1228mだそうです。
(どこか、ズルしちゃったかな?)

平均ケイデンスは、60rpmですが最高ケイデンス199、
ははは、またやっちゃいましたー。


話は変わりますが、
今回のラクダとウサギのシンボルマーク、センスあると思いました。
これ、私のゼッケンです。
DSCF4674a.jpg
そして、赤○で囲っているところに緊急連絡先が書かれています。
ゼッケンに書いておくっていいアイディアだと思いました。

好みの問題ですが、Tシャツのデザインや色合いも好きです。
大きさもフリーサイズではなく、ちゃんと希望が言えました。
これはLです。
DSCF4676.jpg

「鳥取すごい!ライド105km」、とても細やかな心配りを感じたイベントでした。

スタート&ゴールの砂丘、そして海、天気がよければ見えたはずの滝、
天気がよければ青空に映えたであろう紅葉の因幡万葉湖、
河原城からの眺め、走りやすい千代川の堤防、
変化に富んだコースで、天気は悪かったのですが、ライドを満喫できました。

来年は、晴れていることを願いつつ…。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -