FC2ブログ

記事一覧

第1回鳥取すごい!ライド105km、走ってきました(その2)

「もう上りはないからねー。」の声に送られて、
雨滝のエイドステーションを出発したのが、11時6分でした。
「ホンマやろうなー。」と内心思いつつ…。

次は67キロ地点の因幡万葉資料館です。

標高444メートルの雨滝から、下って下って、
因幡万葉湖の湖岸を走ります。
DSCF4614.jpg

ダム自体も新しいのでしょうが、この景観、抜群ですね。
周回道路も平坦なので、サイクリングにはもってこいだと思います、
天気さえよければ(笑)。
DSCF4616.jpg

さらに下って、平地に出ます。
中河原郵便局を過ぎたあたりで、
何気に後ろを振り返って、
幻想的な景色にびっくりしました。
DSCF4617.jpg

普通は、山から霧が立ち上ると、
雨は止むのですが、今日の雨は、なかなかしつこい(笑)。

小さな集落の中を通っていると、趣のある学校、
たぶん廃校になっていますね。
DSCF4618.jpg

国府町立成器小学校跡でした。
廃校って、なんか胸に迫るものがあります。
学校跡を示すこの立派な石、思いが伝わってくるようです。
DSCF4620.jpg

ここをエイドステーションにしてくれたらよかったのになー。

下ってしまうと、止みそうで止まない雨の中、
因幡万葉湖を作った袋川に沿って進みます。
DSCF4622.jpg

さて、ここのエイドでは、何をいただけるのでしょうか?
DSCF4623.jpg

なんと、ホットコーヒー。
エイドでホットコーヒーは、初めてです。
これは、うれしい。
DSCF4625.jpg
「すなば珈琲」って、ひょっとして「スタバ」をもじったものなの?

コーヒーせんべいも付いています。
DSCF4626.jpg

ホットコーヒーで、ほっと一息ついて、
今度は河原城です。
(全然、おもろないどー。)

一つ、小さな峠を越えて、千代川沿いになります。
DSCF4629.jpg

このステージでは、ずーと、バックミラーに、
オレンジのウィンドブレーカーが見えていましたが、
東京のてっちゃんでした。

遠くに河原城が見えます。
ここから河原城のエイドまでは、てっちゃんと走りました。
DSCF4630.jpg

私は、まさか、あの河原城に登るとは思っていませんでした。
エイドは、てっきり、河原サービスエリアだと思っていたのです。
DSCF4631.jpg

おいおい、まだ結構な坂があるではありませんか?
もう坂はいいよ、と言いながら、河原城に到着です。
オレンジ色のブレーカーを着ているのがてっちゃんです。
てっちゃんは、坂はあまり得意ではないようですが、平地は速かったです。
DSCF4632.jpg

この河原城、立派な城ですが、実は歴史もゆかりもなんもなく、
ただ観光のために作っただけだそうです。
DSCF4641.jpg

で、エイド、エイド、今度は何だ?
とにかく、体が冷えて、寒いので、あったたかいのがいいです。

かみしもを来たスタッフ(芸が細かい)が、
「トン汁でーす、大盛?中盛?」
「いや、小盛ぐらいで…。」

エイド、充実しすぎて、摂取カロリーをまだ消費していない。

しかし、私には、すべてのエイドを食べて、
ブログで報告するという義務があります。
はー???
DSCF4634.jpg

え?これ、小盛?
いえ、結局、中盛にしましたー(笑)。
DSCF4635.jpg

このエイドで、倉敷のピナレロさんと知り合いになりました。
ピナレロさん、今年、佐渡を走ってこられたんですって。
うらやましいなー。

河原城からの眺め、すごくいいです。
だからここへみんなを登らせたんですね。
DSCF4640.jpg

ここからは、千代川の堤防、そして河川敷のようなコースです。
平地に強いてっちゃんが私たちをちぎっていきました。
私たちって、私とピナレロさんです。
DSCF4644.jpg

飲み物補給のステーション、寒いので、あまり繁盛していません。
でも、ボランティアスタッフだと思いますが、みなさん、礼儀正しかったです。
DSCF4642.jpg

砂丘に帰ってきました。
今回、砂丘の道を走ってみて、砂丘って、
こんなにアップダウンがあるんだとびっくりしました。
DSCF4648.jpg

14時31分、ゴールです。
山本隆弘選手など大勢のスタッフが、
歓声とハイタッチで迎えてくれます。
DSCF4653.jpg

そして、完走賞をもらいます。
完走賞は、背中のゼッケンと裏表でラミネートしてくれます。
「しばらく時間がかかりますから、ホルモンそばやコーヒーをどうぞ。」
DSCF4661.jpg

わたくし、遠慮というものを知らないので、
お言葉に甘えまして、ホルモンそばもコーヒーもいただきましたよ。
DSCF4662.jpg

東京の人は、自走で鳥取駅、それから輪行なので、一足先にお別れです。
残った、三田の人、倉敷の人、加古川の人は、ストーブを囲んで
今日のライドの反省をしましたとさ(笑)。


記念写真を撮っていると、どこかの新聞社さんのインタビューまで受けてしまいました。
記念写真は、倉敷のピナレロさん、東京のてっちゃんです。
えー、私が頭にかぶっているのは、シャワーキャップです(笑)。
DSCF4656.jpg

第1回、「鳥取さむい!ライド105km」、
あ、間違えた、「鳥取すごい!ライド105km」(しら~)
寒かったけど、坂はきつかったけど、雨は降っていたけど、
とても楽しかったです。

たくさんの人と知り合いになれました。
エイドステーションの力の入れよう、伝わってきました。
そして何より、ボランティアの方も含めて、スタッフの方の温かさ、
いいですねー、人間性ですねー。
雨の中、沿道で応援してくれたたくさんの人、
ありがとうございました。
鳥取、ばんざーい!

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村

コメント

鳥取むごい…もといwすごいライドロング完走おめでとうございます。
当日地元有志でのサポートライダー(私は50kmショート)をしていた者ですが、ロングの方のサポートライダーや運営スタッフが読んだら非常に嬉しい文面でした。
当日が生憎の天気でしたが天気の良い日にまた是非走りに来てやってください。僕らもしょっちゅう練習やグループライドする自慢のルートなので。
まあ小田大坂+雨滝登りの激坂連発は地元でも滅多にやらんスペシャルメニューですが(笑)

サポート、お疲れさまでした。

走るまえに、地元の方と話していて、
「雨滝の一つ前がきついです。」と言われていましたが、それが小田大坂だったんですね。
グッドタイミングでの「降りちゃんですか?」には、笑えました。

天気は残念でしたが、変化に富んだコース、そしてガードマンさんも含めてスタッフの皆さんの温かさを感じた楽しい大会でした。

雨の中、本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願いしまーす。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -