FC2ブログ

記事一覧

時短ライドでも楽しめますよ

春のような陽気、しかし午前中は姫路に出張、出発できたのは午後2時でした。

今からなら3時間か、3時間=60km、うーん、それなら三木へ走ろう。
aIMG_6117.jpg

加古川右岸から大堰を渡り、美嚢川を遡っていきます。
aIMG_6118.jpg

くるみ大橋、上流の黒滝ほどではありませんが、ここから見る美嚢川もいいです。
aIMG_6120.jpg

大日本中央標準子午線を通り、
aIMG_6121.jpg

やって来たのが慈眼寺です。
aIMG_6123.jpg

たぶんちょっと歩くので、クリートカバーをして自転車を押していきます。
aIMG_6124.jpg

慈眼寺は曹洞宗の古刹、紅葉の名所らしです。
aIMG_6126.jpg

本殿にお参りした後、今日の目的はこれです。
aIMG_6127.jpg

鼠小僧次郎吉(1795~1832)は江戸の盗賊、
なんで三木市に墓があるのかと思って来たんです。

説明板によると明治初年に東京両国の回向院から分墓したのだとか。
(正確には、ネズミの形をした石の台座を分墓したらしい。)

この奥らしいです。
aIMG_6128.jpg

ありました、しかしなぜわざわざ東京から三木の慈眼寺に分墓?
aIMG_6129.jpg

しかも回向院は浄土宗、慈眼寺は曹洞宗、本当に分墓したのでしょうか?

あやしいなー。

お墓は建屋でしっかり覆われています。
aIMG_6130.jpg

なぜ覆われているかって、これですよ。
aIMG_6133.jpg

鼠小僧の墓石を削り取るとご利益があるらしいので、
墓石を削り取る人が後を絶たないからだそうです。

墓石を削り取ってご利益あるって、なんかおかしいですねー。

それでは謎だらけの慈眼寺を後して、ここまで来たので幻の湖に向かいます。
aIMG_6141.jpg

ここから入って行くのですが、
aIMG_6142.jpg

このあたりは鉄砲は使ったらダメな地域です。
aIMG_6147.jpg

イノシシが出てきませんように、と願いながら走ります。
aIMG_6146.jpg

鼠小僧のお墓にお参りしたおかげで、イノシシには出会いませんでした。
aIMG_6143.jpg

そして久しぶりにやって来ましたが、今日も静まり返っています。
aIMG_6144.jpg

本当にまるでセノーテです。
(行ったことありませんが。)

♪虹色のー 湖はー 幻のー みずうーみー♪
aIMG_6145.jpg

♪幸せがー 住むというー 虹色のみずうーみー♪

クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

昔、鼠小僧の墓行きました。
当然削りませんでしたけど。
そういえば、静岡だと森町に
森の石松のがあって、やっぱ同じく削るとか
私が行った時の何代目の墓石だったっけ?
石松なら博打で勝負運というのはギリギリわかるが
鼠小僧は盗人だからな~最後は捕まったわけだし。
しかしなんで三木?
やっぱ観光誘致・檀家獲得ですかね?

おはようございます。
  歴史上や伝説上の偉人や有名人の墓や慰霊碑は、全国各地に散在していますね。実際に少しでも滞在したという古文書があれば、催し等の町おこしに活用されています。少し前のニュースで、江戸時代の有名な歴史学者が、各地域に頼まれて嘘の古文書(フェイク)を作成したことが証明されたとありました。でも、それも含めて歴史考証は意義がありますし、面白いと思います。
  NHKの「麒麟がくる」は本能寺の変で終了しましたが、光秀を演じた長谷川博乙とプロデューサーが、光秀が生き延びて「天海」になり(死んだのは影武者)、家康が死ぬまで仕えて「麒麟がくる」を実現したというスピンオフドラマを製作したいと話していたそうです。光秀と天海(半生は不明)は実際には別人ですが、そんな噂話をドラマにするのも「有り」だと思います。
  さて、昨年3月下旬から悩ませ続けた呼吸器系の違和感と全身倦怠感ですが、10ヶ月以上も後遺症で悩む梨田元監督の話や、昨年2月に苦しんだ若い後輩の話を聞くと、私もロングコロナだったのではと疑ってしまいます。2月下旬に胸部のCTを撮る予定ですので、全くの異常が無ければ、3月から1年振りに心身共に解き放たせ、ライドもゼロからの出発をしたいと思います。

三島の苔丸さん、おはようございます。

両国の回向院の墓には、削り専用の「お前立ち」という石があるらしいですね。
鼠小僧って歌舞伎の世界では義賊ですが、実際は盗んだ金を、酒、女、博打に使ってたらしいので、ご利益があるとは思えないんですがねー。
三木の慈眼寺は全く観光化もされていませんし、本当に謎です。

チャリウォークさん、おはようございます。

確かに観光誘致とか檀家獲得とかの目的があれば、さもありなんなんですが、そうは思えない。
しかもなぜ鼠小僧なのか、明治初年分墓というのはフェイクとしても寺の記録かなんかに残っているのかなー?
でも何らかの意思が働いたと思うので、それが知りたいですねー。
ちなみに説明板には「〇〇の回向院」となっていて、消された〇〇はうっすらと四国と読めました。
説明板を作る時に「両国」を「四国」としてしまったようです。
後で誰かに指摘されて消したんでしょうね。
そして台座の石、ちょっと新しそうな…。(笑)
春からのライドでぜひ行ってみてください。

おはようございます

GGさん お疲れ様です
久留美橋の岩盤滝もプチサイズですが見ごたえがあり毎回足が止まります。基本、加古川流域の河川は岩盤が多いみたいですね。 幻の池(湖) はやっぱり素敵ですが、途中で猪が出てきそうです。 時短でもライドは楽しいですね。

ミニベロさん、おはようございます。

久留美のミニチュア滝、もう少し山の中にでもあれば、もっと注目でしょうね。
幻の湖、路面状態の悪い竹林の中はちょっと怖いです。
走り抜けて視界が広がるとやれやれでした。
時間が短くてもやっぱり自転車はいいですねー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -