FC2ブログ

記事一覧

コンチ5000とピレリP ZERO VELO

年末に自転車の掃除ができなかったので、やっと掃除をしました。
aIMG_5619.jpg

コウノトリの追っかけにもよく走りますからねー。

ホイールを換えてから、タイヤをピレリにしているのですが、
コンチと違ってのもちもち感、ちょっと気にいっています。
aIMG_5620.jpg

スピードに乗るまでの軽さはコンチ5000に軍配が上がりますが、
スピードに乗った後の乗り心地はピレリに軍配が上がると思います。

ビールに例えると、コンチネンタル5000が「スーパードライ」で、
ピレリ P ZERO VELOは「一番搾り」ですなー。

で、どちらが好きかと問われれば…、どっちも好き、というよりアルコールなら何でもOKです。(*^_^*)

初詣に来ました。
aIMG_5623.jpg

やっぱり誰もいませんねー。
aIMG_5625.jpg

コロナのせいではないですよ、寂れているだけです。

加古大池には釣り人とサーファーがいました。
aIMG_5627.jpg

くにかね公園にやって来ましたが、ここも誰もいません。
aIMG_5630.jpg

この公園で誰かが遊んでいるのは見たことがありません。

さて、タイヤについてですが、ピレリの乗り心地はミシュラン・プロやパナレーサーに似ている気がしました。

ただミシュランにもパナレーサーにもよい思い出がないので、ほとんど走っていません。

私の場合、タイヤって、そのタイヤを初めて使ったときの印象で決まってしまいます。

だから慣らしが終わるころとか使い込んで、とかいうことはあまりないので、
もしかしたら、そのタイヤの本当の良さを分かっていないのかも知れません。

クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

JO325は2匹姉妹で、お姉ちゃんのJO324は巣立ち後の秋に学校プールにはまって動けなくなったところを保護されたりと鈍臭い面があったものの、怪我はなく放鳥、12月に香川県で元気な姿が確認されています。
お前か~のJO317は4匹兄姉で、お兄ちゃんは巣立ち後間もなく亡くなり、お姉ちゃんは翼を痛めて地元の愛媛県のとべ動物園で暮らしているようです。もう1匹のお兄ちゃんJO245は12月に加古川市で見つかっていますが今年元気かな。これだけ見ただけでも幼鳥が自然界で怪我なく過ごせるのが大変なのが分かります。
数年前ほどからいきなり数が増えたんですね。滋賀県でも主に幼鳥や若鳥を中心に沢山飛来数が増え、長浜市でコウノトリ用人工巣を設置したらしいです。田畑の農家さん達が薬剤を使わないなど野鳥の環境作りに力を入れるようになったとかで、いい話です。動物をみれば環境が分かるって事ですね。

うさうささん、こんにちは。

詳しい情報、ありがとうございます。
今年になってから記録を付け出したのですが、足環が確認できたのが19羽で、その内10羽が昨年生まれたばかりの0歳、ちょっと増えすぎのような感があります。
まあ加古川まで飛んできたのは元気な個体ばかりでしょう。
人間が人工的に増やし始めて、どこまでその命に責任を持つかですよね。
特にJ0325、助けることが責任を持つことになるのか、そのままにしておくことが責任を持つことになるのか、難しいです。
ただJ0325については、朗報を発信できそうです。

こんばんは。
  ピレリP ZERO VELOはクリンチャータイヤですね。チューブレスタイヤは今年中にトライできますでしょうか?
車でも、軽快でスピードの乗りが速いタイヤは好みですが、かつて親父の車に装着していたBSレグノのようなねっとりとしなやかな乗り心地は、シニアになった今では好きになるかも知れませんね。若い頃は、ピレリやミシュランのブランドに憧れていて、ピレリのキャップを買った記憶があります。
  さて、豊岡市出身者として、コウノトリの生活圏が広がるのは嬉しいですし、飛来した地域の方々が温かく見守ってもらえることはありがたいと思っています。
  これからも、J0325の行方を調べたり、東播磨地域で生まれた雛や巣立ちした様子、そして幼鳥が成鳥になるまでの経緯など、師匠はコウノトリ見守りチャリダ(KM黒輪)としてご活躍ください。期待しています。

チャリウォークさん、こんばんは。

ピレリはチューブレスへのつなぎとして考えていますが、自転車旅などの時は前のホイールでコンチを使うつもりなので、距離が伸びないかも。
そうなると今年中にチューブレス化は難しいかもしれません。
ま、いっか?
ところで、こうもたくさんのコウノトリに出会うと、コウノトリは愛されるべき存在で、誰もが暖かく見守るべきですが、インフラ整備をせずに増やしているのは人間の身勝手ではないかという思いも胸をよぎりますねー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -