FC2ブログ

記事一覧

初ライドは緊急事態発生のため8kmで終わりました

新年の初ライド、ゆっくりポタってくるつもりでS池に来ると、コウノトリを発見。

正月だし、記念写真を撮っておこう。
aIMG_5565.jpg

1羽でいるって、いつも勝手な行動をしているJ0317かなー?
aIMG_5566.jpg

でもちょっと体が小さいような…。

もう少し近づいてみましたが、全く逃げません。
aIMG_5571a.jpg

おかしいなー、距離は10mもありません。

なんで逃げないんかなー?

おっ、お尻を上げて、飛ぶのか?
aIMG_5575a.jpg

今日はコンデジですが、飛び立つ瞬間を捉えられそうです。
aIMG_5576a.jpg

あれ、羽ばたいただけ?
aIMG_5578a.jpg

このコウノトリ、飛ばないのじゃなくて飛べないのじゃないか?
aIMG_5573a.jpg

風が吹いてきたときに、姿勢のバランスを保つために羽をばたつかせているみたいです。

足環を確かめようと倍率を上げてみるとその原因が分かりました。
aIMG_5582a.jpg

J0325、まだ0歳のメス、左足の足環から下がありません

だから鉄塔から1羽、心配そうに見守っている奴がいるのか?
aIMG_5587a.jpg

エサを食べている様子もないので、放っておいたら死んじゃうんじゃないかと思い、
いろんなところで電話をしましたが、正月休みはどこにもつながりません。

KUOTAさんから鳥取のセンターにはつながったけど管轄外と言われたという連絡が入りました。

結局、某新聞社さんのつてで、いろいろ連絡を取ってもらった結果、
網に引っかかったとか猟銃で撃たれたということでなければ、救護はできないと分かりました。

ただ600mmの望遠レンズを持った人が3日前にもこのコウノトリの写真を撮っておられました。

片足で羽ばたきながらエサを捕っているので、エサは食べているということが分かり、ちょっと安心です。

帰ってからネット検索すると「日本コウノトリの会」のページにJ0325のことが書かれていました。

J0325は7月25日に豊岡の人工巣塔から巣立ちし、9月29日に左足をけがしているのが分かっています。

保護の準備を整えていたのに、10月21日から行方不明、
その後、10月22日に峰山町、10月23日に加古川市、10月24日に久美浜町で目撃されています。

25日~29日に加古川、その後、鳴門で目撃されていますが、まだ左足はあったようです。

いつからこのような痛々しい姿になったのでしょうか?
aIMG_5570a.jpg

取りあえず、「日本コウノトリの会」にメールを入れておきます。

あ、心配そうに見守っていたもう1羽のコウノトリですが、
aIMG_5590a.jpg

巣を作っていたので、見守っていたのではないのかも知れません。
aIMG_5591a.jpg

という訳で、新年初ライドは走行距離8.19km、走行時間27分55秒で終了しました。

家に帰って、「日本コウノトリの会」へメールをしたら、さっそく返信をもらいました。

「足を痛めている場合、水路でおぼれることが多いため心配しておりましたが、
鳴門のレンコン畑、加古川のため池と安全な場所で過ごしているため安心しております。
J0325は賢いコウノトリのようで、観察しているとピンポイントで餌を探して食べています。
横取りされないように、餌を捕まえたら方向返還していて・・・ほんとに感動します。」


見ていた時に、頭の上ぎりぎりをアオサギが飛んできて、
J0325が(怖がって?)首をすくめているのが印象的でした。

あのアオサギはわざとかなー?

J0325が無事に生き延びてくれることを願って、クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

脚化膿しないのかとか、
自分だったら1本脚で立ちっぱなしなんて
無理っとか思いましたが
自分はそこまで生活力ない..
会の方々は個体ごとの特性まで把握されてるんですね。
それもすごいな~

三島の苔丸さん、おはようございます。

この数日のケガかと思って慌てたのですが、そうでなかったようです。
ただ昨日は全く飛ばなかったので、本当に飛べるのか心配です。
すでにJ0325のことが把握されていたのでよかったのですが、実は意地悪な行動をしたアオサギが2羽いたので、たくましく生き抜いてほしいなと思っています。

GGチャリダさん、こんにちは。
今日のブログは、ある意味、NHKドキュメンタリーを観たような感想を持ちました。GGチャリダさんのコウノトリ愛がひしひしと伝わってきましたね。
J0325は7月生まれで、まだ半年も生きていないのに、片足を失ってしまったのはかわいそうです。でも自然界は厳しいですからね。この冬をどう乗り切れるかでしょう。できるだけ、温暖で安全で餌がすぐ採れる場所といえば、東播磨地域のため池なのでしょうね。賢い個体だそうなので、羽さえ大丈夫なら、片足でも逞しく生きる術を会得して欲しいと願います。
3年ほど前の資料ですが、野外個体死亡は30羽近くになります。野外個体の1割以上が死亡で、怪我や衰弱で収容された個体数は死亡数の2倍以上ですから、立派な成鳥になって繁殖していくのは半分程度かも知れませんね。他の渡り鳥は、多分もっと過酷ですから、生存率は低いと思います。
GGチャリダさんは、新たな「人生の楽園」のミッションを与えられたようで、コウノトリ見守隊の一員として、これからも情報発信していってください。

GGチャリダさん、こんにちは。
あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願いします。
沖縄サイクリングも本日で幕引きし明日、帰阪します。
昨年は、GGチャリダさんの転倒事故を繰り返さぬよう歩車道段差に注意し、月に一回程度走る淀川サイクリングロード同様の草むら段差を抜かりなく注意し越えるようににしました。(昨日、立ちごけしましたが・・)
沖縄サイクリングは、昨日 神の島と呼ばれている久高島を訪れ、帰島後 知念岬から久高島を心より崇拝し(ほんとかよ?)再度、奥武島の天ぷらを土産に帰宅し、
今日は、海中道路、浜比嘉島 古民家食堂ティーラブイを訪れました、11時に着いて名前書いて待つのかと思えは、2組目でした。あんなに混んでた店なのに。
今年の目標は、休日数の予定が立たないので目標走行キロ数が決めらずにいます。
今年80歳を迎える先輩が10年で10万km以上走られて私も70歳で完全リタイヤし目標にさせて頂きたい方もおられます。
コウノトリの怪我ですが、本ブログをきっかけに鳥の義足が開発されたら嬉しくも楽しいと思います。
しまなみ、いしづちに、とびしま、豆一、浜一、琵琶一、淡一の能登一、富士一を追加し今年の目標とします。能登一と富士一は有料特急列車使用、以外は青春18きっぷで日帰り。健康で人生を楽しく、自転車を第二の伴侶とし今年を頑張ります。(仕事のことは考えへんのか?)
明日は昼の飛行機ですが昼のみのビールが楽しみです。(酒かぇ?)
こうのとりの繁殖を願っています。

エッケイさん、こんばんは。

J0325は去年の5月24日、豊岡の河谷巣塔で生まれ、7月28日に巣立ちました。
9月に左足をけがしているのが分かったのですが、まだその時は左足をまっすぐにして立っていたそうです。
今はエサを獲るのにも羽をバタバタさせないとなrないので、いつまで生きられるか分かりませんねー。
今日は何人かの人とJ0325を見ていたのですが、みんな心配そうでした。
しかしJ0325を保護した方がいいのか、自然のままにした方がいいのか、難しい問題ですね。

ドカツチさん、こんばんは。

久しぶりに気分転換、リフレッシュできましたね。
久高島、浜比嘉島、奥武島、耳慣れない地名ばかりですが、ネットで見るとどこもきれいですねー。
例年なら私も年間目標を立てているんですが、今年はなかなか難しいです。
去年は「青春18きっぷ」が使えなかったので、今年はぜひとも使いたいと思います。
ドカツチさんと一緒で、まだまだ行きたい所がいっぱいありますからねー。
10年で10万キロは難しいですが、これまで通り年間6千キロは走ろうと思います。
お互い、ケガがないように楽しみましょう。

足環がはまっている部位はスネ、スネ下の関節はカカト、カカト関節から指までの部位はフショ、フショの先に指です。JO325がなくした部位はスネの途中から下部にかけてです。
鳥の体部から外に出ている足の部位は、人間でいうと前面に曲がる関節部であるヒザから下部の部位なんです。そしてヒザより上部、つまり太腿と、体部と太腿の間の関節部とかは体部中に近い場所にあるので、外からはわかりにくいと思います。
JO325は昨年の10月頃に京丹後市で確認されていた時点では指先までありますね。フショ下部をなくしてしまったのはいつ頃かな。人間が自分の事を心配して見守っているのは何となく分かっていると思いますよ。
鳥の足は、体部と足部の体温調節する部分でもあるので、体調崩しやすいかもしれないですね。エサは十分とれてるみたいだし、他の仲間と同じように飛んで移動してるみたいなので、かなり丈夫で賢い方かも。将来、オスとペアになって卵生んでくれたら話題になるでしょうね。

うさうささん、こんばんは。

今日のブログに上げましたが、あまりエサが獲れずだいぶ弱っているようで心配です。
今日、飛ぶ様子を見たのですが、あまり遠くへ飛べるような感じではありませんでした。
この池からほとんど動けていないみたいです。
壊死してしまったのでしょうかねー。

GGチャリダさん、こんばんは。

GGチャリダさんのコウノトリへの愛情と優しさに感動しました。
写真やコメントを見るとコウノトリの健気さにまた感動です。
無事育ってくれることを祈ります。

ルフィさん、こんばんは。

野鳥の会のルフィさんなら、なおさら心配でしょう。
まだ1歳にも満たないので、うまく育ってくれたらと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -