FC2ブログ

記事一覧

嵐の後は悲惨!

昨日は風速9m、心配して畑に行くと悲惨な状況になっていました。(12/31の話です。)
aIMG_5542.jpg

不織布掛けは2畝、再利用している畝の不織布は風に負けました。
aIMG_5544.jpg

被害はトンネルだけではなく、ブロッコリーの防虫ハウスも!
aIMG_5545.jpg

昨日は想定外の風速9m、うーん、8mまでなら想定内だったんですが…。(´・_・`)

取りあえずは原状復帰です。
aIMG_5555.jpg

今日も風はきついけど、今度は風速9mに耐えられるようにしました。
aIMG_5550.jpg

さて、作りすぎのダイコンですが、いくら切り干しにしても、
そうそう需要があるわけではないので、保存法を試します。

これまでは葉っぱを切って新聞紙で包んで立てて置いておく方法だったのですが、
今年は畑で保存に挑戦です。

一つ目はちょっと大変なんですが、生えている状態で葉っぱを1/3ほど切って土をかぶせる方法です。
aIMG_5561.jpg

これは私のバイブルの野菜の本に書いてある方法です。

数が少ないところはいいのですが、数が多くなると土寄せが大変です。
aIMG_5560.jpg

それではもう一つの方法も試します。

これは引っこ抜いたダイコンを並べて土をかぶせる方法です。
aIMG_5558.jpg

どちらの方法も、首まで土をかぶせなければなりませんが、
引っこ抜いた方が土をかぶせやすいです。
aIMG_5559.jpg

葉っぱを1/3ほど残すのは、最小限の光合成をさせながら新鮮さを保つためかなと思います。

この方法なら春先までスが入らずに保存できるって、本当かなー?

まだ残っているのですが、これぐらいなら切り干しかな?
aIMG_5562.jpg

畑も自転車も、チャレンジあるのみ、クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

本当今回の寒波、
寒気っていうより風がきついですよね。
しかし農家の方とか大変だよな~
コストとか考えるとやっぱビニールだろうし...

で、大根葉よく土に埋めて置いてって聞くんですが
引っこ抜いて土をかぶせるって、まだ生きてるん
ですよね?
引っこ抜かずに土の中でほっとくと
成長しすぎてしなびる?
どうも両者の関係がわかりません。

三島の苔丸さん、おはようございます。

風対策はやっているつもりなんですが、今回はひどかったです。
ダイコンはピークを過ぎて葉っぱが開いてくるとスが入ってしまうので、成長は止めて保存になりますが、成長を止めると傷んでしまうので、そこが難しい所です。
雪の地方では雪の中に埋もれさせる方法をしているので、同じように土の中で保存したことがあるのですが、私の地方では無理でした。
少しだけ葉っぱを残すこの方法は、寒さ対策と生きていくのに最低限の光合成をさせているんだと思いますが、うまく行くかどうか楽しみです。

GGチャリダさん、明けましておめでとうございます。
今年も、様々な楽園生活を楽しませてもらいます。
さて、冬は寒いのは当たり前ですが、数時間で車が埋もれてしまう豪雪や、台風並みの暴風や豪雨など、最近の気象は命の危険を伴う現象が各地で発生しています。やはり地球温暖化の影響でしょうか。
日本は、2050年にカーボンニュートラルを目標に掲げていますが、なかなか難しいですね。車の電動化は世界的な潮流ですが、全車EVとなっても、その電気を発電所(火力が8割)に委ねざるを得ない日本では元の木阿弥です。原子力を推進したいのでしょうが、ここは自然エネルギーと緑化を推進すべきだと思います。
個人単位でのカーボンニュートラルも浸透させたいのなら(GGチャリダさんの楽園生活はほぼ達成)、行政は、太陽光発電はもちろん、徒歩や自転車通勤にこそ通勤手当(CO2削減協力金)を出し、個人の緑化(植樹や畑)へも補助金を出すべきだと思います。
話は変わって、田中カ子さんが118歳の誕生日を迎え、世界長寿のギネス記録だそうです。まだまだ頑張るとガッツポーズ姿は、日本人の底力を垣間見たように思います。

エッケイさん、明けましておめでとうございます。

自転車でもそうですが、やっぱり自然は無敵です。
自然を抑え込むことはできないので、どれだけ対応できるかですねー。
まあ、いつの時代も「with自然」で生きていかなければなりませんから。
ところで我が家の近くにも、ともに一人暮らしをされている80代半ばと90代半ばのおばあちゃんがおられます。
話をしてもしっかりされていて、姿勢もいいです。
そのお2人のルーティーンは、1日3度のウォーキングと買い物、しかもノーマスクです。
お2人を見ていると、「老化は足から」ってのも頷けます。
それでは、足を鍛えるためにちょっと走りに行ってきまーす。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -