FC2ブログ

記事一覧

磨崖不動明王ライド

話、長いです。

先日の木津磨崖仏に続いて、兵庫県最古の磨崖仏がある太山寺をめざします。

同じ轍は二度踏まない、今日はルートガイダンス用にポラール装着です。
aIMG_4863.jpg

しかし、まずはコウノトリ、コウノトリ。

あれ?、今日は「オ池リンピック」だそうです。
aIMG_4868.jpg

コウノトリは、…全然いません。

畑をされている人に尋ねると、3日ほど姿を現していないとのことです。

「去年はこの鉄塔の上に2羽いてなあ、よー、けんかしょったわ。」
「え、コウノトリのつがいって、仲ええんとちゃうのん?」
「いやいや、けんかばっかりやー。」

コウノトリがいなくなったのは、
「誰かが石を投げたか、ウがエサ食べてしまったかやなー。」

そう言えば、黒いカワウの集団をよく見かけます。

もしそうならしばらくここには来ませんね。(T_T)

さて、ここんとこ、連続して東に走っていますが、今日も西神をめざします。
aIMG_4872.jpg

県道65号は自転車が走れる路側帯が広いので快走できます。
aIMG_4873.jpg

それなのに車道を走るサイクリストがいるんですよ、なんでかなー。

ここの制限速度は60km/hやでー。

車でここを走ることも多いのですが、だいたい70km/h以上で流れているので、
サイクリストが邪魔で仕方ありません。

それは置いといて…、「六甲のめぐみ」に入ってみましたが、満車でした。
aIMG_4875.jpg

ポラールのルートガイダンスによると、もう少し行ったら右に折れる道が…。
aIMG_4877.jpg

あれ? …ない、見逃した?

引き返しましたが…、ここから道があるはずなんですが…。
aIMG_4878.jpg

あんな下に道があります。
aIMG_4879.jpg

もっと引き返して下りる道を探します。
aIMG_4880.jpg

下の道に降りて見上げると…、あそこからでは降りれませんわなー。
aIMG_4882.jpg

見てください、これでは右に行けると思っても仕方ありませんねー。
taisannjihe.png

あとはちゃんと道案内してくれて、太山寺に到着です。
aIMG_4883.jpg

クリートカバーを付けて、山門の脇を通って境内に入って行きます。
aIMG_4885.jpg

三重塔が県指定文化財。
aIMG_4886.jpg

磨崖不動明王は、伊川の岩壁にあるはずですが、太山寺の東にあるはずの伊川に行けません。

本堂への階段を登ったら、伊川に行けるんかなー?
aIMG_4887.jpg

この本堂は国宝です。
aIMG_4888.jpg

ここからも行けそうにないので、社務所の方に行き方を聞きました。

自転車の場合は、もう一度県道に戻って、トンネル手前を右と教えられました。

ここを入るらしいのですが、ここから行けるのか、行けないのか?
aIMG_4889.jpg

女性2人連れのハイカーが来られたので尋ねると、自転車なら行けるとのことです。

なんか、それらしい雰囲気になってきました。
aIMG_4903.jpg

ここの岩肌に刻まれているんだな?

ただ落石防止のフェンスが邪魔だなー。
aIMG_4890.jpg

伊川のここは、まるでミニチュアの滝です。
aIMG_4892.jpg

岩壁を探すんですが、見つかりません。
aIMG_4893.jpg

うーん、困った。

こうなりゃ、グーグルマップだな?

グーグルマップでは目の前ですが、金網が邪魔になって、分かりませんわ。
fudoumyouou.png

分かりません、誰か通ったら聞けるんですが、誰も通りませんねー。
aIMG_4894.jpg

そうだ、こういう時はユーチューブ動画で調べます。

え?

グーグルマップが間違ってるやん!

右岸じゃなくて、左岸ですよ。

実は最初にミニチュア滝を撮った時に、すでに写っていたんです!
aIMG_4892a.jpg

これが750年ほど前の鎌倉時代後期に彫られた兵庫県で一番古い磨崖仏です。
aIMG_4896.jpg

とても丁寧な彫りで、両目を見開き、牙は向かって左が上、右が下を向いています。
aIMG_4898.jpg

このミニチュア滝が行場だったために不動明王が刻まれたのだろうということです。

それでは(分かりにくいですが)マイ自転車のフレームの中に不動明王さんを入れて帰ります。
aIMG_4901.jpg

気持ちがいいですが、また西神越えが待っています。
aIMG_4905.jpg

確か、櫨谷川は川沿いが走れた記憶があります。
aIMG_4906.jpg

櫨谷川沿い、追い風で気持ちよく走れます。
aIMG_4909.jpg

えーと、ここらにミニベロさん推薦のパン屋さんがあるはず。

ここから迷いました。
aIMG_4913.jpg

なぜって、日曜日は休みだったんです。
aIMG_4912.jpg

雄岡山、雌岡山が見えると、帰って来たなーって気がします。
aIMG_4915.jpg

またまた長い話になりました、最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

あ~この手の交差点か、上下にクロスしてるのか
地図だけだと、なぜかわかりづらいのって
ありますよね~
太いのと細いのを明確に描ける道&縮尺以外
結構、これはまることあります..

おはようございます

GGお疲れ様です    
大山寺温泉なでしこの湯へは自転車で行き、せっかく温泉に入ったのに汗をかき加古川まで走った思い出があります。行きと違うルートで帰ろうとして迷い第二神明の伊川谷インター付近に出て明石の山間部を走り稲美経由で帰りました。

三島の苔丸さん、おはようございます。

ルートを引いたときは、ちゃんと右に曲がれちゃったんですが、実際な上下の交差点。
ルートが引けたのがおかしいです。
最近は、すぐに航空写真に切り替えられるので、そうしていたら分かったかもしれませんねー。

ミニベロさん、おはようございます。

行きと帰りはできるだけ違うルートを走りたくなりますね。
私も行きだけルートを入れていたので、帰りはむちゃくちゃ遠回りをしていました。
でも遠回りで知らないところを走るのも楽しいですからねー。

GGチャリダさん こんにちは
土曜日,日曜日ともにいませんでした。

KUOTAさん、こんにちは。

いませんねー。
ただisotさん情報では、日曜日の朝、例のため池の上空を一羽、旋回していたらしいです。
斥候かも…、まだ期待が持てそうです。

お疲れー💦
大山寺は遠足で歩いて行きましたが子供の足では遠かった😃💦、以来行ってませんが綺麗に成って👏。
今朝9時頃の偵察で2羽確認、その足でGG農園傍も見ましたが水が張り❌。多過ぎる池も見回りが🙄☹️。

KR銀輪さん、こんばんは。

少年時代に遠足で歩かれましたか?
明石駅から太山寺までNAVITIMEで調べてみると9.5kmでしたよ。
昔の遠足は遠かったー。(笑)
ところでコウノトリは2羽いましたか?
マイ農園の近くも水が抜かれたらコウノトリが来るのですが、たぶん年内は無理です。

  こんばんは。
  太山寺は、同僚の先輩に勧められて、結婚2年目に行ったきりですね。雰囲気は良かったですが、東方面はドライブでもほとんど行かないです。郷里が但馬なので、どうも山陰・中国地方に惹かれてしまいます。
  小さな磨崖仏は歩いていても分からないですが、兵庫一古い磨崖仏となると、歴史好きの師匠はさすが見逃しませんね。写真だけですが、鎌倉時代に彫られたとなると趣があります。コウノトリや史跡など、自然と歴史を楽しむには、ウォーキングかサイクリングがベストです。昨日TVで、オートバイツーリング仲間を取材していましたが、ヘルメットを取るとビックリ、白髪のシニア女性でした。65歳で単車の免許を取得して現在は67歳、同じシニア女性仲間とツーリングを楽しんでいました。風を浴びながらの開放感は最高とのことでしたが、自転車はもっと開放的ですね。ただ、2輪はヘルメットとゴーグルにフィットした専用ジャージなので、私的にはそれほど開放感とは思えません。10年以上オープンカーに乗りましたが、下半身はシートに沈め、前と横はガラス越しなので、これもフルオープンではないです。
  思い返すに、子ども時代、Tシャツに半ズボンのまま自転車に乗って丘を越すと、日本海の大海原が見え、海風がまともに顔や身体にぶつかってきた時は「全開放」を実感しました。師匠も時々は、畑に行く安全な道で、ヘルメットとゴーグルを外し、軽装のまま走ってみてください(違反ですね)。風に吹かれて683(むやみ)やたらに走ってみると、これまでにない爽快感が味わえるかも!? 

チャリウォークさん、こんばんは。

太山寺の磨崖不動明王は写真では小さく見えます。が、縦236cm、横135cmの舟形の中で像高175cmですから、割を大きいんです。
今、私たちは上から見下ろしていますが、当時、修験者たちは下から見上げていたので、身が引き締まったと思います。
磨崖仏と聞くと、どうしても自分の目で確かめたくなりますねー。
話は変わりますが、太山寺で惜しむらくは、「太山寺珈琲焙煎室」でコーヒーを飲まなかったことです。
太山寺の境内にあって、むちゃくちゃ雰囲気のいいコーヒーショップです。
あ、ところで畑に行くときは、自転車でも作業服と普通の帽子ですよ。(笑)

グーグル左岸を間違えてますね。動画で見ると川の流れからどう見ても磨崖不動明王尊は左岸にあるではないですか。神戸市のページにも左岸ってはっきり書いてます。そしてグーグル地図があるのですが、この地図では右岸になってます。左岸と右岸違いまっせ。磨崖仏をどうしても見つけられなくて諦めた人いたかもしれないですね。

うさうささん、おはようございます。

グーグルの地図と県道からの入り口に「磨崖不動明王は見学きません」という立札があったので、てっきり落石防止の金網の中にあるのだろうと思ってしまっていました。
行く前に神戸市のホームページを調べるべきでしたが、まさかグーグルの地図が間違っているなんて、思ってもみませんでしたからねー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -