FC2ブログ

記事一覧

夏用のボトルを購入しようと思ったら…

某自転車ショップにて、「サーモスFJF580」に目を引かれました。

説明書を読むと自転車専用とか、よしこれを買おう。
FJF580.jpg
(画像はアマゾンから)

妻と一緒だったので、「これ買っといて」というと、
「私、このまっさらのを持ってるよ。」
「えー、なんでそんなん持ってるん?」

ということで、「サーモスFJF580」は購入せず、妻のをもらうことにしました。

「これ、サーモスちゃうやん、象印やん。」
aIMG_2960.jpg

まあメーカーはどこでも、性能は大体同じでしょう。

容量は600mlでサーモスより20ml多く入ります。

重量はカタログ値235gでしたが実測値225gで、サーモスより55gも軽いです。
aIMG_2962.jpg

しかも保冷効力6時間8℃以下でサーモスよりすごい。

いいことばかりかと思ったのですが…、大きさはサーモスは自転車専用だけあって、
ボトルケージにぴったりですが、象印を私のボトルケージにそのままつけるとごそごそです。

トピークのケージならいいのかも知れません。

そこでカバーを付けてボトルケージに入れました。
aIMG_2980.jpg

ただ色がねー。
aIMG_2968.jpg

妻が、「誰もあんたの自転車なんか、見てないわ。」
「いや、人が見ているかどうかの問題じゃなくて…。」
「今度黒いボトル買ったら、換えてあげるから、それで我慢しなさい。」
「はい…。」

今度っていつやねん、絶対今度なんて、ないと思うけどなー。

百円ショップに黒いカバー、売ってないかなー?

今日は平均気温27℃、これまでのボトルのように氷を満タンにしましたが、
8時間経ってもたっぷり氷が残っていました。
aIMG_2978.jpg

これなら氷を少なくして、途中で水を補給しても冷たいままいけそうです。

これまで使っていたキャメルバックのポディウムアイス(下の白)と比べると、
小さく見えますが容量はポディウムアイスの620mlとわずか20mlしか変わりません。
aIMG_2965.jpg

キャメルバックに比べると重さは70g重くなりましたが、保冷力は比べ物にならないし、
象印はスポーツ飲料を入れてもいいそうです。

しかも冬場は保温効力が6時間後73℃となっています。

梅雨が終わるとこれから盛夏、とりあえずこのボトルに活躍してもらいましょう。
aIMG_2975.jpg

しかし、色がなー。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

確かにちょっと、目立つか?
もしかしたらカバーが既にそうかも、ですが、
保冷の内張してるカバーを別途購入とか

でも、こんだけもってるんだから保冷効果の
+はいらないか~となるとデザインの為だけに
余分な出費は迷いますね...

お気に入りに水を差すようで申し訳ありませんが、
ゾージルシは、飲み口が着いていて飲むのにボトルを傾ける必要があります(多分)
サーモスはストローがついていてさかむけないで、立てたままで飲めます。自転車ラン中でも視線を変えないで飲めます。ストローもキャップに隠れていて衛生的です、保冷効果は同じ程度と思われます。普段も使っていて会社の机に置いています。
転倒してもこぼれる心配なくノートパソコンの近くでも安心です。開けると口が広く冷蔵庫の氷もいれられます、難点はストローに茶渋がついて茶色くなること(交換ストロー売ってます)と吸うとスースー音がするので事務所では気を使います(使いませんけど)
三年間使って落としたりでところどころへこんでいますがお気に入りです。
さてサイクリングですが、梅雨空でログランはなかなか予定が立たず、日曜毎3週連続で六甲山へランしました、東側で自宅⇒逆瀬川⇒六甲山山頂⇒有馬温泉⇒蓬莱峡屋⇒自宅の70kmです。(逆コースも)
夙川周りより逆瀬川周りは武庫川サイクリングロードも使えアップダウンがなく比較的登りやすいと言われていますが、10kmで850m登りますので結構なヒルクライムです。(高野山は20kmで800m)
心拍数あげないようにマイペースでゆっくりゆっくり登りますが梅雨が明けると橋本駅まで輪行し高野山⇒護摩さんタワー往復120kmを予定しています。友人からはウイルスに感染しているんか?と言われていますが、健康な自分に有難いです。

三島の苔丸さん、おはようございます。

以前に使っていたトピークならケージの大きさを変えられるのでカバーは不要なんですが、今のケージならカバーを使わないとぴったりとは収まりません。
色を気にするのは自分だけとは思いますが、100円なら許せるかな。(笑)

ドカツチさん、おはようございます。

ストロータイプは同じサーモスでもFFQ-600の方ですね。
ストロータイプは、ストローが細いのと汚れが付着しやすいので、今回はがぶ飲みタイプにしました。
昨日、さっそく象印を試してみましたが、走行中でもあまり飲みにくさは感じなかったので、まあまあかなと思いました。
ところでこの梅雨、予定が立ちませんねー。
天気予報では水曜日ぐらいから曇マークになっていますが、晴れマークが全然ありません。
輪行、いいですねー。
私も心拍数を上げないようにして、ヒルクライムや100kmライドをやりたいのですが…、当分むずかしそうです。

こんばんは

GGさん お疲れ様です
600mlで軽いね。自分のサーモスの自転車用ストローボトルは400mlで200㌘ちょいなので、それを考えると軽量。 GGさんと同じくボトルカバーを付けておけば、氷なしでも6時間ほどは冷たい水が飲める。ただストローボトルなので、コールド専用で水オンリーです。 でもストローなので走行中でも前を見ながら飲めるのが気にいっています。

ミニベロさん、こんにちは。

ストロータイプは確かに前を見たまま飲めますね。
がぶ飲みタイプの場合は、、前を見て飲もうとすると目つきが悪くなるし、安全のためにも止まった方がいいと思います。(笑)
600mlなので数個氷を入れておけば、自販機でつぎ足しながら走れそうです。

  こんにちは。
  私も従来比4倍の保冷性がある「キャメルバックポディウムアイス」を4千円で購入しましたが、自転車用ボトルの「サーモスFJF580」の方が安価で保冷性が断然良いですね。サーモスは、走りながら飲むのに蓋を開ける手間がかかるのと重いのがネックですが、ロングライドでも最後までずっと冷たさが残っているのは最高です。師匠の場合は、ロングライドでも山合や田舎道が多いので、暑い日に自動販売機が見当たらない場合は重宝しますね。
 私は、まだ片手運転はできないので、水分補給は止まってします。手間がかかっても少々重くても、夏は冷たいままがいいですから、師匠と同じ象印のボトル(家にあるのは濃いブルー)を使いたいです。でも現在は平坦路のショートリハビリライド中ですから、キャメルバックポディウムアイスでも帰宅時まで冷たいです。
  明日から週末まで雨マークが無くなったようなので、猛暑の炎天下よりもロングライド日和になるかも知れません。いよいよブラックサンダー号が炸裂するかと思いきや、ペットの赤ちゃんが頭を出したようなペパーミントグリーンの蓋が何とも可愛いらしいですね。 

チャリウォークさん、こんばんは。

真夏になってくると、ポディウムアイスに氷を満タンしても3~4時間ぐらいでしょうか?
その点、ステンレスタイプはライド中は行けそうなので気に入りました。(色以外)
重さもわずか70gの差なので、問題ないと思います。
歩いて百円ショップまで行こうかと思いましたが、一日読書でのんびりしました。
雨さえ降らなければ、小野のヒマワリでも見に行こうかなー?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -