FC2ブログ

記事一覧

手術当日

手術は1時半の予定ですが、手術当日は忙しかったです。

本当は手術前日にいろんな検査をしておかなければなりませんが、
したことは腕に点滴の管を入れたことぐらいですから。

6時起床、朝食は抜きで8時45分に手術着に着替えて、
ケガをしている足と反対の右足に血栓予防の弾性ストッキングをはきます。

9時から抗生剤の点滴が始まりました。

そしてその点滴を持って、車いすで1階の検査室に行きます。

胸のレントゲン、肺活量、心電図、心臓のエコーなどをしていきます。

問題は心臓のエコー、左を下にして横向きになっての検査なんです。
左って骨折している方ですよ。

「大丈夫ですか? 痛いですか? 痛いですか?」って、痛いの決まっとるやろー。

検査が終わると内科医の先生からいろいろ説明があります。

数値はすべて正常でよかったのですが、
「高血圧の薬を飲まれてますね。」
「はい。」
「高血圧ということで、食事は塩分1日6mgに制限しますね、ちょっと薄味になりますが慣れてください。」

ゲー?
実は現役中は血圧が高かったのですが、リタイヤしてからは普通になっているんですが…。

1時45分の手術時間が近くなり、妻と別れてストレッチャーで手術室に運ばれました。
DSC_0063.jpg

手術室に入る前に、看護師から名前とどこの手術をするか聞かれます。
左足と右足を間違えて手術されちゃうと大変ですからねー。

手術台まで来ました。
上に大きなライトがいくつかありますが、まだ点灯していません。

お医者さんが現れ、
「これから左大腿骨頸部骨折骨結合術を行います、メス!」
と、なるのかと思ったら、

私に向かって、
「〇〇さん、よろしくお願いしまーす。」
「あ、こちらこそ、よろしくお願いします。」
「それでは、ゆーっくり呼吸をしてくださいねー。」
と言われ、2回ほど呼吸をすると、意識がなくなりました。

目が覚めると、手術は終わっていました。

私はリカバリー室に運ばれ、
その間に妻はカンファレンスルームで手術についての説明を受けたそうです。

手術がうまく行ったことや、左太ももに転倒した時の擦過傷があって、
感染症を起こしたらいけないので、そこを避けて手術をしたこと、
また出血は20mlだったので輸血の必要はなかったとか、
直径9mmのチタンを大腿骨に入れたことなどでした。

私はそのままリカバリー室で一晩過ごすことになります。

リカバリー室での妻との面会時間は10分だけです。

ルールが厳しいというか、しっかりしています。

そして手術の夜はつらかったです。

一晩中点滴、酸素マスク、左胸に訳の分からん袋、両足に血栓防止のストッキングとフットポンプ、
そして1時間ごとに体温、血圧、酸素量のチェック。

看護師さんも大変だなーと思いました。

手術をした左足、むちゃくちゃだるいのですが、身体が動かせません。

「痛みはありますか?」
「痛みはないけど、左足がむちゃくちゃだるい。」
「もう動かしてもいいんですよ。」
動かせるかーい!

左足の太ももの下に枕などを入れてもらうのですが、全然ダメ、だるいだるい。

こんなん、寝られへんわー、と思っていましたが、寝ていました。

ということで明日は手術翌日の話になります。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

緊張しますね

吉野桜を見に行きます。
近鉄沿線、満開やぁ。

ドカッチさん、こんにちは。

今日は天気も最高、う、うらやましー。
どこかにサイクリングに出かけたいのですが、うーん…。
とにかくフラペだけは注文しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31