FC2ブログ

記事一覧

謎、灰色の足環なんてないぞ

最近、「東ニ コウノトリガイルト聞ケバ 行ッテハ ヘタナ写真ヲトリ」と、
宮沢賢治のような生活になっていますが…。(はー?どこがやねん?)

3回目はだいぶ画素数を上げて撮ってみました。
IMG_1302-1.jpg

そして写真を拡大すると、足環が付いているのが分かりました。
aaaIMG_1302.jpg

リリースされたコウノトリ、野外で巣立ちしたコウノトリには、
異なる組み合わせの色の足環がつけられているので、
どこの何兵衛のせがれか、分かるようになっています。

この足環は、両足とも上が灰色、下が赤のような気がします。
aaaIMG_1303.jpg

ところが足環に灰色はないんですよ。
足環に使われる色は、黒、黄、赤、青、緑の5色なんです。

足環カタログはすでに今年の1月17日版が公開されています。

一番似たのはこれかなー?
コウノトリ足環

これだとすると、2018年4月生まれのメスで、島根県から飛んできたことになります。

カメラが安物のデジカメで目が老眼では、足環を判別するのは難しい。

やっぱり高級一眼レフカメラでないとダメなんでしょうかねー。

どなたかこの謎、解決してもらえません?

とりあえず、クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

赤く見える部分は足の関節のところだと思いますよ。鳥自身からみて右足には下輪が緑又は水色。上輪が黄色。左足には下輪が緑色もしくは水色。上輪が黒色。の、組み合わせのように見えますが、ピントがボヤけているので少し難しいですね。

GGチャリダさん、おはようございます。

へえ~てっきり膝が随分ぼっこりしてるな~
っと思ってたんですが足環ですか。
そういうので識別できるほど数が少ないんだ~
リンク先を見ると一番古いので2008年からですか
コウノトリの寿命ってどれくらいなんだろう。

キャノンは殆ど触ったことがないですが
プログレッシブファインズームで撮られてます?
なら、画像サイズを小さくすると見かけの
倍率はもう少しあげられるかも
(ただ今問題にされてる足環の解像は
しない(変わらない)と思いますが..
ファインズームをオフにして撮られるなら
記事のように画像サイズを大きくすれば
解像する確率は上がります)

一眼の望遠なんて気軽にライドに
持っていけないですよ(でかくて、おもくて)
IXY200は光学では8倍(224mm)のようなんで
これより高倍率のコンデジはたくさんあります。

ちなみに一眼でこの倍率を撮ろうとすると
キャノンでAPS-Cサイズでミラーレスだと
EOS M200が299g、レンズは
EF-M55-200mm 260g、あたりですかね。
これは88-320mm相当みたいなんで
ズームと解像は今より若干よくなりますが
広角側がIXYより狭いので、つけっぱとは
いかず景色と望遠でレンズを交換する
面倒くささが(レンズも余分に持って
かなきゃいけないし、例えば
EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM 130g
24-72mm相当)

プロカメラマンとまでいかずとも、
川でカワセミとか大砲で狙ってる人たちが
使ってるような望遠レンズだと
例えばキャノンのAPS-Cだと
EF100-400mm F4.5-5.6L あたりかな~
160-640mm相当 1570g、+三脚必須です。

どこまで(望遠や画質)を求めるかによりますが
コンデジでも選択肢は十分あるんじゃないかと。
同じキャノンだとPowerShot SXシリーズかな?
一番倍率が低いSX620 HSでは25倍(625mm)
レンズも若干IXY200より明るくてセンサーの
感度も裏面照射型でよさげです。
まあ、重さや大きさが若干増えますが..
あ、値段も倍ですが..(価格com調べ..)
でも、上記一眼+レンズ2本分の撮影レンジを
カバーできます(画質は若干落ちるけど)

広角側もIXYより広い範囲撮れるので
景色を撮るのにも、よいのではないかと
思ったりますが..

IXY200:40-224mm 126g \12,000
SX620:25-625mm 182g \22,000
SX720:24-960mm 270g \28,000

EOSM200+レンズ2本
(EOS M200 ダブルズームキット)
24-72mm 88-320mm 689g \74,000

EF100-400mm(レンズのみ)
160-640mm 1530g ¥230,000

すいません、ついつい長くなりました..

うさうささんの言われる中から選択すると、右足が黄と緑、左が黒と緑ならJ0229で2019年3月28日の豊岡生まれになります。
もう少しはっきり写っていたら確信が持てるのですが…、残念です。
それに足環の色って、何か決まりがあるんでしょうかねー。

三島の苔丸さん、おはようございます。

さすが、プロカメラマンですねー。
この写真はズームを最大にしたので、プログレッシブファインズームの16倍だったんですね。
どうもデジタルズームをオフにする機能はないみたいなので、今度は光学8倍でズームを止めて、あとはPCで拡大するというやり方を試してみます。
しかし「今度」があるかどうかが問題なんです。
SX620で光学25倍、SX720なら光学40倍なんですね、IXY200を買ったときはまさかコウノトリを撮るなんて思わなかったものですから、光学8倍で十分と思っていたのですが、もう少しいいのを買えばよかったなー。
しかし自転車に乗っていると一眼レフの大きいカメラは持てませんねー。
最近、無駄遣いもしてしまったので悩ましいところです。
詳しい情報、ありがとうございました。

おはようございます。
陽射しで足が熱い、3カ月ぶりに玉子サンドを食べています!途中で羽黒を見ましたが青さぎでした。チャリダーは誰も来ていません、少し風が出て来ました。
*以上網引からでした。

KR銀輪さん、おはようございます。

今日は昨日までと打って変わって穏やかで暖かいですね。
外でのモーニングも美味しいんじゃないですか。
コウノトリを見つけたら、足環の色…、あ、遠目では無理だと思いますのでほふく前進で…、いやそれも傷が開くので無理か、 じゃあ、根性で確認してください。
お願いしまーす。

こんばんは。
  今日は絶好のライド日和でしたから、師匠はコウノトリを見つけに、但馬までロングライドされていたのではないでしょうか。
  コウノトリの雛には足環をつけるようにしているため、豊岡市の職員が福井県で生まれた雛につけに行ったり、徳島県では独自のプロジェクトチームがつけたりしています。京都府久美浜で足環のないコウノトリが見つかっていますが、人が知らない場所で生まれ育ったものではなく、多分ロシアから渡ってきた個体とのことです。放鳥したコウノトリが他府県へ飛び立っても、安全な餌が豊富な豊岡市周辺に戻ってきてしまうことが多いそうです。将来的に、足環が有る無しにかかわらず、全国でコウノトリが見られるようになればよいですね。
  さて、今日は私にとってドライブ日和でもあるので、ドライブと散歩を楽しみました。途中、ライダーと十人以上出会いましたが、皆さん気持ちよさそうでしたね。ですから、昨日敢えて強風注意報が出ているにもかかわらずショートライドをしたのですが、やはり横風がきつかったです。

※KR銀鱗さんからいただいた八朔は、師匠のようにマーマレードにせず、そのまま美味しくいただきました。昨日のブログを参考に、またの機会に挑戦したいです。

チンタライダーさん、こんばんは。

今日は畑でいい汗を流しました。
途中で、たい肥を買いに出かけたときに、数人のチャリダーに出会いました。
今日は本当に走りたかったなー。(笑)
ところでコウノトリが豊岡周辺に戻ってきてしまうのは、やっぱり環境がいいからでしょうねー。
たぶんコウノトリにとって豊岡以外は住みにくい、でも冒険の旅に出かけたくなる、「遠い夢捨てきれずに故郷を捨てた」、まさにコウノトリはサライです。
その足環を見て、こいつはどこからやって来たのかと思いを巡らす、ロマンですねー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -