FC2ブログ

記事一覧

やりました!コウノトリ・ライド!

この冬一番の冷え込みで迷ったのですが、風がないので走れそうです。

今年初めてのシューズカバーと、
aIMG_1280.jpg

今年初めてのインナーグローブで完全防寒です。
aIMG_1281.jpg

翠明湖をめざそうと、河川敷までやって来ました。
aIMG_1282.jpg

と、その時、ラインが入ってきました。
aIMG_1315.jpg

なんと!

迷って出発が遅くなったことが幸いしました。

さっそく「奥の池」に向かいます。

3羽ということは親子だな、ここから「奥の池」まで10キロ弱、到着するまでいてくれるかなー?

連絡を受けたのが10時33分、思い切り飛ばしました。

そして「奥の池」まであと500mというところで大きな飛翔体に出会いました。

はるか上空を大きな鳥が2羽、トンビのような飛び方で円を描いています。
aIMG_1283.jpg
(黒い線は電線で、真ん中の黒い点はレンズの汚れです。)

逆光なので写っているのか写っていないのかわかりませんが、
あわててIXYを取り出してシャッターを切りました。
aIMG_1285.jpg

トンビ以外であんな飛び方をする鳥は見たことがありません。

しばらくすると2羽とも曇川の方へ飛んでいきました。

親はどこかにえさを探しに行ったんだな、ということは子どもはまだ「奥の池」にいる可能性が高い。

その「奥の池」に到着です。
aIMG_1305.jpg

どうだ?
aIMG_1294.jpg

2羽?

いえ、1羽で、もう1羽はサギです。
aIMG_1295.jpg

これまでの反省を生かして、今回はIXYの画素数をむちゃくちゃ上げています。
aIMG_1291.jpg

子どもか大人か分かりませんがたぶん子どもでしょう。

ということは親がまた帰ってくるのかなー?

ほとんど動きません。

右から親が帰ってきたと思ったら、サギでした。
aIMG_1296.jpg

あきらめたのか、お腹が空いたのか、自分でえさをねらっています。
aIMG_1302.jpg

そうか、自分でえさを取らせるために、親は飛んで行ったのかも知れないな。

もしかしたら、1羽ということは、先日、上の池でいたコウノトリと同じ個体じゃないかな?

「獅子は我が子を千尋の谷に落とす」っていうから、コウノトリも厳しく子育てしているんだ。

でも心配だから、上空から見ていたのかなー?

(全く勝手な想像です。)

ん、なんか、取ったー?
aIMG_1300.jpg

でも、IXYではこれが限界!

しかも恥ずかしいのか、向こうを向いてしまいました。(?)
aIMG_1303.jpg

夕方になったら親が迎えに来るかもしれないと思うので、ひとまず引き上げました。

そして3時間ほどして様子を見に行きましたが、コウノトリの影も形もなかったです。

今回、新しいスマホも画素数を上げて撮ってみたのですが、
スマホの写真は見られたものじゃないです。

「デュアルレンズカメラでダイナミックな写真撮影が可能」ってうたい文句ですが、
望遠の場合、スマホは全く役に立たないということが分かりました。
(本当はいいカメラが欲しいけど…。)

いろいろ勉強になったなー。

親が帰ってきたところが見られなかったのは残念ですが、
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

シューズカバーにインナーグローブ
今シーズン出番なし、というか乗れてない..
サギとの区別は足の色と黒い羽根ですかね?
しかし、子供に見えない..

三島の苔丸さん、おはようございます。

この冬、初めて重装備での出陣になりました。
おかげでコウノトリを見ることができてよかったです。
サギとは風切羽が黒色というだけでなく、大きさが全然違うので一見しただけですぐわかりますよ。
今回はトンビのようにはばたかずに上昇気流に乗って飛んでいる姿を見ることができたのもよかったです。

GGさん おはようございます
一度見かけると何度も見れる事が多くなってきますね。 足が冷え症なんですが、自転車を走らせていて足元が寒いと思った事がないのですがシューズカバーって温いのですか?

ミニベロさん、こんにちは。
ため池に水が入り始めたので、コウノトリもエサ探しが難しくなってくるでしょうね。
ところでシューズカバーですが、私には真冬の必需品になっています。
シマノの時は2シーズンしかもたなかったのですが、 パールイズミは丈夫ですよ。

探鳥魂は今回も生きていた様で!池に水が入り出せば何処へ行くんでしょうか、来シーズン迄見られないとヒジョーに寂しいでしょうに?
此方は先程まで八朔の収穫、タワシで洗いタオルで拭いて出窓で乾かして来ましたが、3サイズ合わせて99個も、前回分とで合計120個?と言う事は今期も豊作でした!お礼肥をたっぷりやるぞー。

KR銀輪さん、こんにちは。

カメラに限界はあるんですが、今回は久しぶりに満足できる 写真が撮れました。
確かに溜池に水が入り出しましたからコウノトリも溺れちゃいますよね。
いつまでいてくれるのか心配です。
銀輪さんちの無農薬八朔は今年も豊作ですね。
コウノトリがため池で餌を漁ってるのを見ると、やっぱり無農薬が一番だなと思います。

こんばんは。
  師匠、コウノトリの写真はナイスショットだと思います。日本の自然界で生きている様子がよく写されています。これ以上アップにすると、「コウノトリの郷公園」にいる飼育中のコウノトリと変わらなくなりますからね。
  ブログの写真は子供の頃によく見た光景で懐かしいですが、50年前に絶滅(野生個体を捕獲)したのですから、播州地方で野生のコウノトリを初めて見る人がほとんどだと思います。コウノトリ探索は、狭い道を走ることが多いでしょうから、4輪より2輪に限りますね。
  師匠のように、歴史・伝聞・記念碑・景色・郷土食・地元民との交流、そして良き自転車道など、行ってみたいと目的を持ったら即実行、そんなライドライフは憧れです。
 それには何事も基礎が大切ですが、私は歴史に疎いし、人見知りはするし、ライド中は食べれないし、極めつけはライド力が乏しいですことですね。
今は、走ることを目的にしています。

チンタライダーさん、こんばんは。

画素数を上げればIXY200でも仕事をしてくれますね。
ただあの個体がどこから飛んできたものか、調べたいのですが、IXYではそこまでは無理みたいです。
コウノトリのおかげで、私の野次馬根性が掻き立てられています。
探索に自転車はいいですね、というか、私の野次馬根性に自転車がぴったりだったみたいです。
チンタライダーさんも、究極まで頑張ればお腹が空いて、食べられるようになるかも。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -