FC2ブログ

記事一覧

秋の風物詩は大失敗

「籾殻焼 母に呼ばれて 日暮なり」太田土男

朝から籾殻を焼いて燻炭を作ります。
IMG_10001.jpg

取りかかりが遅くて着火したのが10時を回っていました。

3時間ほど遅れています。

秋は日暮れが早いのでちょっとやばいです。

籾殻が焼けるまで5~6時間はかかるので、それまで読書でもと思ったのですが、
これを見て、黒豆の収穫準備をする気になりました。
IMG_10013.jpg

本当は稲木に架けるかむしろに並べて乾燥させるのですが、
しばらく晴天が続きそうなのでコンクリートの上でもいいでしょう。
IMG_10015.jpg

火を入れて4時間、ちょっと焦げ目が見え始めましたが…。
IMG_10016.jpg

まだ時間がかかるのでブロッコリーの防虫ハウスを作っておこう。
IMG_10017.jpg

この方法で作るのは2回目(右が1回目)です。
IMG_10020.jpg

やっぱり薬を使わないとすると、物理的に虫の侵入を防がなくてはなりません。

1回目は試行錯誤でしたが、なかなか手際がよくなってきました。
IMG_10023.jpg

右隣の1回目よりだいぶ上達しました、やっぱり経験がものを言いますね。
IMG_10025.jpg

キャベツには背の高い防虫ハウスは必要ないので、トンネルにします。
IMG_10028.jpg

午後4時、時間的にちょっとやばいっす。
IMG_10029.jpg

焦げ目が出ると下から新しい籾殻をかぶせているので、
ぱっと見は1枚目の写真と変わらないですが、中はだいぶできあがっているはずです。

しかし4時半には消火にかからないと、後の作業が出来ません。

4時半、思い切って消火に取りかかります。
IMG_10032.jpg

あと2時間、必要でしたねー、出来の悪い燻炭になってしまいました。
IMG_10035.jpg

消火と袋詰めに2時間、真っ暗な中での作業になりました。

燻炭の場合、火が消えたと思っても、発火することがあるので、
(昔はこれで納屋からよく火が出ました。)
夜中に、火が出ていないか見に来なければなりません。

やっぱり秋の風物詩も「つとめて」でなくてはと、今年も反省です。

需要の少ない話にお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、こんにちは。
山々が錦秋に染まり、晩秋の趣きが訪れましたが、今週末はまた20℃近い気温になるそうで、近年、季節の変わり目の寒暖差が激し過ぎますね。
子どもの頃に体験した籾殻焼きですが、焼き芋のイメージが強過ぎて、黒く炭化した籾殻をどう使っていたかは分かりません。多分、土壌改良材になるのでしょうが、現在はほとんど籾殻焼きを見かけないということは、燻炭と同様な効能がある化学薬剤があるのでしょうか。
しかし、GGチャリダさんは、最新技術のドローンを扱いながら、一方で忘れ去られていく昔ながらの風物詩を再現するとは、温故知新をまさしく体現されておられますね。

籾焼きや 秋のお空も 薄化粧

銀の輪が スマホ相手に 炬燵守

*お疲れ様😎

エッケイさんのおっしゃる通り,「忘れ去られていく昔ながらの風物詩を再現」することは,非常に重要と思います。最近もみ殻焼きはほとんど見ませんね。燻炭は怖かったのですが,GGチャリダさんの表現に少し間違いがあります。「昔はこれで納屋からよく火が出ました。」ではなく,「灰部屋から火が出ました。」ではないでしょうか?
ショウもないことですが。
正月が近づいてきたので,先日渋柿を10個むいて熱湯消毒してつるしました。

エッケイさん、こんにちは。

たぶん昔の利用法は主に暖房で、火鉢にもこたつにも籾殻燻炭が使われていました。
今は土壌改良としての効能が見直され、ホームセンターでも販売されるようになりました。
ただ値段は堆肥などと比べものにならないくらい、むちゃくちゃ高いです。
今回は1回分としては量が多すぎたので、6時間では焼けませんでした。
ほぼ毎年作っているのに、ちょっとショックです。(笑)

KR銀輪さん、こんにちは。

「籾焼きや 秋のお空も 薄化粧」
なるほど、籾殻を焼いて立ち上る煙が、秋の空に漂っている情景が、よく出ています、名人!
こたつに入って、スマホでブログを読んでおられるのですか?

KUOTAさん、こんばんは。

今の時代、何時間もかかって燻炭を作るのは、よほどの暇人か商売でなければ出来ませんねー。
私は昔ながらの一斗缶と土管を使いますが、今は「くんたん機」なるものがホームセンターで手に入るんですよ。
そして懐かしい晩秋の風物詩なんですが、家に帰ると匂いが…。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -