FC2ブログ

記事一覧

ハンドル交換がバレてましたー

この前、自転車のハンドルを換えましたが、先日、家に帰ると、
「ハンドル換えたんちゃう?」

突然の妻の言葉、青天の霹靂です!

「えーっ、何で分かったん?」

私は自転車を玄関に吊り下げているだけに、パーツ交換は(バレないように)慎重です。
IMG_9710.jpg

ハンドル交換でもバーテープは前のを使ってもらったので、バレるはずはないんです。
IMG_9712.jpg

「自転車が溝に落ちたから直してもらうってウソついて。」

「いやいや自転車が溝に落ちたんはホンマや。」

「何が、「バーテープを前のを使ってもらってるからハンドル換えてもバレない。」よ。」

なんと、そのフレーズ、前に書いたブログの文章そのままではありませんか?

うーん、こうなれば、これからブログにも時々ウソを載せますので、ご了解下さい。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさんへ
それ又アルアルな話ですね。
意外と女性は気が付いていながら、いつかの為に話を取っておきますからね。
バレていないと思っているのは男だけだったりします。
特に、ブログで露見は聞く話ですね。
よくご相談されるほうが良いかと思いますよ。
ちなみに、一体型カーボンハンドルを行きつけのショップに注文しました。
中華カーボンですが、出来の良いまともなものはそこそこ高額ですね。とは言え、ブランド品の半額ですが。
まぁ、使い物にならない粗悪品をつかまされる危険がないので、多少のエクストラ料金は仕方がないかな。と思っています。
交換するのは早くても正月休みかな?

ブラザー弟さん、おはようございます。

だいたい男は大ざっぱなので、隠していても全てバレちゃいますね。
一体型のカーボンハンドル、いいですね。
それにやっぱり信頼度は大切ですから、出費はやむを得ないですねー。
私の場合はほとんど仕事をしていないんで、思い立ったら吉日で、何でも出来るので、リタイヤしてそれだけはいいことかなと思います。

GGさん おはようございます
夫婦の間で隠し事はNGですよ。 後々が怖くて、妻に告知してから高い物は買うようにしています。

ミニベロさん、こんにちは。

その通りですねー。
言い訳が大変ですからね。
ただ妻も見つけて得意がっているようなところもあるんですが。(笑)

交換日に鼻歌を歌いませんでしたか、はたまたにやけ顔を見られたのでは?
「隠せども顔に出にけりバー交換」・・・怖ー!

KR 銀輪さん、こんばんは。

そういえば、溝に自転車を落とした修理だというのに、困った顔をしてなかったかもしれません。
今度から自転車の勉強だけでなく演技の勉強もしなければなりませんねー。

こんばんは。
  出かけていて遅くなりました。
  師匠の夫妻は、共に結構自由になる金額を別会計されているでしょうが、お互い大きな個人的出費は気になると思います。でも、奥様にとって、師匠のロードバイク人生は、半分心配(安全面)で半分応援でしょうね。ブログも当然読んでおられますよ。多分ですが、出費よりも、どうせ分からないだろうとした思いに、「知っていますよ」と伝えたかったのでしょう。
  夫妻がお互いに同じ趣味に邁進するのは仲睦まじいですが、お互いを理解し合いながら別の趣味に興じることも、ある意味程よい距離感が保たれ、「夫婦円満」の秘訣になると思います。
  師匠が堂々とブログに書けている夫婦観は、「遊び心」と「のろけ」が混在していますね。
  さて、ブラザー弟さんは一体型カーボンハンドルを購入されたそうですが、来年早々にでも装着後の試乗コメントいただければ幸いです。

チンタライダーさん、こんばんは。

わが家は完全に1つの財布で、全て妻が握っているんで、私が自由になるお金なんてありませんよ。
ただカードで買うと、バレるのに時間がかかるんです。
まあ、野菜のタネも肥料も、カード払いですからねー。
で、バレたときはいろいろと言い訳をするんです。
それに最近は○○ペイなんかが使えるようになったので、妻も見抜くのが大変になってきていると思います。
たぶん、あきらめているか見放しているんでしょうね。(笑)

チンタライダーさんへ
一体型カーボンハンドルは下記のサイトで確認ください。定価は3.4万円ぐらいみたいです。
画像のサイズのハンドルは入手可能みたいです。
ttp://mekaanikko.livedoor.blog/archives/3868303.html
ここはいろいろな相談に乗ってくれるので、機会があればぜひ。
今のメインバイクには着けないかも?
サブバイク?10速車に着けることになりそうなので、インプレは先になるかも?
理由は、今のバイクに着けるとハンドルが上がりすぎそうなので。
兄のロードバイクにチネリの一体型カーボンハンドルが装着されていて、以前、乗ることがありました。
30Kmぐらいしか乗ってはいませんが、ハンドルとステム部分の剛性が高く走っていても安心感がありましたね。
高剛性アルミステムの様にカツカツ振動を伝えることもなく、いやな振動がないまま剛性が上がるメリットがあるなぁ。と感じそれ以降気にはなっていました。
ただ、やはりポジション的なリスクはありますね。
ヘタな中華カーボンはリスクが高いので、信頼できるところで手配してもらっています。
寒くなってきて、昔の左肩骨折後の症状がぶり返して左手に少ししびれが。カーボンでも限界か?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -