FC2ブログ

記事一覧

ブレーキシューを買いに行ったつもりが…

最近、ブレーキの効きにちょっと不満が…。

まだ溝はあるんですが、たぶん「てかり」が出ていると思います。

(「てかり」とは、ブレーキシューがブレーキ熱によって硬化してしまっていることです。)

高島ロングライドの函館山からの6キロの下りが原因でしょうか?

ペーパーで磨くか新しいシューを購入するか、とりあえず新しいのを買っておきます。

ということで某スポーツショップに行きました。

ところが、私が欲しいR55C4はありませんでした。

いろいろ見て回っているうちに、目に付いたのがボトルホルダー。

今つけているトピークの製品、大きさを変えることが出来る優れものです。
IMG_9691.jpg

しかし、ここでボトルに輪っかが残っちゃうんですよ。
IMG_9692.jpg

6年間、辛抱してきたけど、もう新しいボトルケージに換えてもいいかな?

ということで、これを買いました。
IMG_9690.jpg

重さ23g、トピークが72gだったので50gも軽くなりました。
IMG_9695.jpg

しかしボトル単体ならしっかりホールドできますが、ボトルカバーをつけるとホールドできません。
IMG_9698.jpg

ビフォア、
IMG_9693.jpg

アフター。
IMG_9694.jpg

うーん、ボトルケージ1つでも、難しいなー。

思いつきで買って、失敗したかも?(;_;)

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

いや、以前なら、たかがこの程度細かいな~
っと思ってたんですが、8kg切ってると聞いてからは
う~ん、本当、身を切るようなって感じで
読んでます。

三島の苔丸さん、おはようございます。

いやあ、それほど気にしているわけではないんですが、スポーツショップでいろんなボトルケージを見ているうちに、どうせ買うなら軽い方がって思っちゃいました。
でもボトルケージの値段って高過ぎ、絶対吹っかけてますよねー。

こんばんは。
  師匠、ボトルゲージはやはりレッドでしたか。
 バーテープとサドルは、秘めたる赤い闘志がふつふつと湧き上がってくる感じですが、ボトルゲージはもろに炎のように燃えたぎっていますね。ただし、ボトルを差し込めば、勢いが抑えられて秘めたる炎になります。それにしても、細いボトルゲージだけで50gも軽くなるもんなんですね。
  さて、今日は昼から用事があったので、午前中に網引駅まで走ってきました。行きは結構向かい風がきつかったですが、帰りは追い風のためかパワーが上がったように錯覚しました。ロードバイクの背後の面積なんてたいして広くないのに、追い風はすごい威力だなと感心してしまいました。
  網引駅の大イチョウは黄色に染まっていましたが、まだ地面にはほとんど落ち葉は無かったです。9日後は結構地面も黄色の絨毯になっているかも知れませんね。昼から加東市まで車で走りましたが、街路樹は7~8割程度紅葉していました。
加西市の10日間天気予報では、17日の昼間は快晴です(夕方6時以降は雨模様)。秋ライドは何とか決行できそうですね。

※KR銀輪さん、秋ライドの反省会のことは気になさらず、今はご自身の気力・体力保持に万全を期してください。

チンタライダーさん、こんばんは。

ボトルケージは黒にしようか赤にしようかと散々迷いました。
しかしボトルケージが赤なら、ボトルは黒?
うーん、金がかかるので、マジックで塗っときます。
網引駅、実は午後、走ってきました。
女性カメラマンが一人来ておられましたが、あの様子なら17日は期待できそうですね。

自分も同じボトルケージを買いましたが、友人に譲りました。
自分の使っているボトルと相性が悪く、ボトルの抜き差しが渋くて使うのが困難だったので。
しかし、アルアルな話ですね。

ブラザー弟さん、こんばんは。

店では今使っているポディウムアイスを抜き差しして確認したので大丈夫でした。
本当は、ジャイアントの赤がよかったのですが、ちょっとロゴがしっかり入りすぎていたので、やめました。
でもシートチューブにはカブトのホルダーをつけているので、うーん、難しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -