FC2ブログ

記事一覧

ついにハンドルを交換しました

訪問いただき、ありがとうございます。
11月17日に「秋のサイクリング」をしたいと思っています。
本気ライダー以外の方の参加をお待ちしてます。
明日、詳しいことを載せますね。

それはさておき、ジャーン!

昨日預けた自転車がさっそくできあがってきました。
IMG_9509.jpg

いやー、「自転車デポ」さん、仕事が早い。
IMG_9502.jpg

換えたのはハンドルです。

ハンドルが軽くなると自転車が軽くなると言いますからねー。

これまでつけていたコントロールテックから、
IMG_9497.jpg

SCフォースへ。
Kcnc scフォース

実はハンドル交換の大きな理由は重さもありますが、もう一つは幅だったんです。

コントロールテックは幅420㎜、リーチ78㎜、ドロップ140㎜でした。
IMG_9516.jpg

SCフォースは幅が400㎜、リーチ85㎜、ドロップ145㎜です。

希望通り幅が狭くなり、ちょっとリーチが長くドロップが深くなりました。

「自転車デポ」の店長さんに、どれくらい下ハンを使うのかとか、いろいろ聞かれました。

ということで、まー、私に合うハンドルなんでしょうねー。

重さは、コントロールテックの320gから210gへと約100g軽くなりました。

KCNCは軽量パーツで有名なメーカーですが、素材はスカンジウム合金で、
カーボンに相当する軽さ、剛性は十分、しかも値段が安いのでうれしいです。

信頼のメイド・イン・台湾というのも好きです。

しかもバーテープが前のを使ってもらえたので、ハンドルを変えてもバレない!
(これ、大事です。バレたらいろいろ言い訳をせんとあきませんから。)

それではハンドル周りに小物をつけていきます。
IMG_9511.jpg

おっと、その前に、折角全て外しているんですから、自転車の重さを量ります。

7.25㎏!

PD-A600が290g入っているので、ペダルなしでは6.96kg、これが限界ですかね。

アナトミック型のリーチ、ドロップともに長めのハンドルはレース志向の上級者向け、
ふーん、私もいよいよ上級者の仲間入りか?(笑)

しかし自転車は進化しても、乗る人間が進化しない。

せめて函館山を登るときに、言い訳の写真タイムを作らなくていいように、
もっと脚を鍛えなくてはと思う今日この頃です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

へ、8kg切ってるんですか、軽いわ~
私はリアもフロントもバック付けられるようにして
あることもあり、バックなしでも13~5kgあるんじゃ
ないかな~いや測ったことないですけどね。

三島の苔丸さん、おはようございます。

地道な努力で自転車は軽くなりましたが、人間が軽くなりません。
人間にも地道な努力が必要ですね。
苔丸さんの場合は、機材が多いので軽量化は無理でしょう。

ハンドル交換ですか。
サドル以上にポジションとしてはかなり重要ですから、一度は交換してみると良いですね。
KCNCのそのハンドルはかなり以前からラインナップに在り、いま流行りとは違いますね。
KCNCの物は比較的軽量ですが、なかなか良い物を作ります。
自分としては深曲がりが好みなので今回のハンドルはアリかな。と思いますよ。
ただ、ハンドルはカーボンがオススメです。
特に硬いアルミは高周波の振動が以前事故で怪我した後遺症で左手の握力が抜けるのですよ。
先ずは試してみないとですね。

ブラザー弟さん、こんにちは。
いつかは、と思いながらずるずる来ましたが、ついに換えちゃいました。
どれが自分に合っているのかわからないので、店長さんの言うままです。
ブラザー弟さんのように攻めの乗りはしないので、使いこなせるかどうか心配です。
ハンドルとブラケットの段差は比較的少ないのでロングライドにも対応しているなと思いました。
天気が良くなったらテストライドに出かけてみます。

こんばんは。
  師匠、丁度1年前、私のロードバイクを組み立てていた時、姫路デポの店長さんが推奨されたハンドルですか?師匠はえらく気に入って、「軽くて安い、交換したいわ」と語られていましたね。特に幅が2㎝縮まったことによる走りはどうなのか、ブログでの感想に期待します。
  師匠は最近、愛車のチューンアップに意欲的ですね。シマノのデュラエースコンポで統一するのはありかなと思いますが、デュラエースのホイールをレーゼロカーボンとかボーラワンとかに交換したいとはまだ思わないでくださいね(もし交換となったら、奥様にお会いした時にポロっと言ってしまいそうです)。
  それにしても、師匠の愛車はカッコイイですね。見えるようで見えないレッドが効いています。
  私は、必要なグッズは一応揃えたので、暫くは自分の身体をチューンアップしないと、老いたシニアボディのままです。師匠の愛車とは1.5~2.0㎏重量差がありますので、とりあえず1㎏は余分な脂肪を減らしたいですね。
  秋のサイクリングのご提案を楽しみにしています。

※ブラザー弟さんは、ロードバイク関連部品に詳しく、体験上のコメントもあるので参考になります。「事故の後遺症」とか「攻めの走り」とか書いてありますので、順位とかタイムとかを競う大会に出場されておられる(おられた)のではないでしょうか。 

チンタライダーさん、こんばんは。
あいにくの天気で試走が出来ていません。
一般にハンドルの幅が短くなるとクィックになり、ドロップが140㎜を越えるとディープと言われます。
最近の主流はアナトミックシャローと言って、リーチ幅が短いのが好まれています。
初めてドロップハンドルを握っても、それほど違和感を感じず、通勤通学にも使えるからです。
私のようなアナトミックは一昔前の主流ですが、もがくときに役に立ちます。(笑)
チンタライダーさんも、一度自分の自転車のリーチとドロップを測ってみて下さい。
乗り方を考えるきっかけになると思いますよ。
秋のサイクリング、だいたいのコースを考えました。
明日のブログに載せます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -