FC2ブログ

記事一覧

古法華で懐かしい人に出会うライド

姫路から天川CRを通って加西へ向かいます。

姫路城の外掘川、ちゃんと自転車道になっています。
IMG_9190.jpg

市川沿いを北上、国道372号から天川CRに入りました。
IMG_9191.jpg

ずんずん山の中に入っていく感じ、好きです。
IMG_9192.jpg

小原で国道372号から県道372号に入ります。

このまま走ると加西市の中心部に入っていくのですが、
そうだ、久しぶりに古法華(ふるぼっけ)に立ち寄ろうとおもいました。
IMG_9193.jpg

古法華はキャンプ場にもなっていますが、平日なので車は少ないです。
IMG_9194.jpg

なだらかな上りが続きます。
IMG_9196.jpg

すでに秋の気配が漂っています。
IMG_9198.jpg

薬師三尊磨崖仏に迎えられて駐車場に到着です。
IMG_9213.jpg

そのまま古法華寺への坂を登ると右側から石を打つ音が聞こえてきました。
IMG_9207.jpg

石彫アトリエ工房です。
IMG_9205.jpg

この四角い石がこれからどう変わっていくのか、毎日来ないと分かりませんねー。
IMG_9203.jpg

アトリエ館の向かいが古法華寺ですが、
私は一休さんが庭でも掃いていそうなこの南側から見る感じが好きです。
IMG_9202.jpg

さらに登ると笠松山展望台があるのですが、自転車を担いではこの七福神が限界です。
IMG_9201.jpg

駐車場に戻りますが、坂の右手には個性豊かな地蔵さんが並んでいます。
IMG_9206.jpg

この穏やかな表情はKさんかな。
IMG_9208.jpg

これは優等生のOさん?
IMG_9209.jpg

難しそうな顔したこんな人、いるいる。(笑)
IMG_9210.jpg

何か悩んでいるんですね。
IMG_9211.jpg

ん、ちょっと、こわい…。
IMG_9212.jpg

最後はいかにも日本人ぽい小便小僧に見送られて古法華をあとにします。
IMG_9214.jpg

古法華の石仏、一日見ていても飽きないでしょうねー。

まだサイクリングは途中なんですが、懐かしい人にたくさん出会ったのでしばし休憩します。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

こんばんは。
  今日は雲一つ無い快晴でしかも涼しく、最高のライド日和になりました。今日もまた、師匠はどこか遠くへライドされていることでしょう。
  古法華の峠はメチャメチャ急勾配の坂ですよね。石仏アトリエはまた違う場所なんでしょうか?ブログ写真を見ていると、加西市北条の五百羅漢を思いだしますが、昔にこの石仏アトリエの前身である工房から多くの石仏が運ばれたのでしょうか?木造仏も良いですが、石仏も味わいがありますね。
  さて、今日は、遅かったですが、午前9時を過ぎてからライドに出かけました。黄金色の稲穂が広がった田園は綺麗でした。師匠とのライドで立ち寄った思い出の食事・カフェ巡りです。土十七日屋台、さたに食堂、法華口駅のパン屋、播磨横田駅のピザ屋へ行きましたが、どれも中へは入らずに、いつもの網引駅で缶コーヒーです。銀杏が多量に落ちていました。師匠からまた注意を受けそうですが、今回もランチ抜きで休憩も5分以内の数回、ひたすらチンタラと走り続けました。播磨横田駅へは迷いましたが、スマホのグーグルマップで何とか知った道へ行けました。午後4時前には帰宅、走行距離は116㎞でした。
  今回は、風は少しきつかったですが、滅多にない快晴だったので、秋の景色を楽しみながらのんびりと走れました。

チンタライダーさん、こんばんは。

9時から4時、116キロはすごいですが、缶コーヒーだけではエネルギー不足ですねー。
ただ今日は本当にいい天気で気持ちよかったですね。
行きは向かい風だったと思いますが、たぶん帰りは追い風で気持ちよく走れたんじゃないですか?
播磨横田駅から北条鉄道の沿線沿いは黄金色に染まっていましたね、私はちょっと北寄りを走って写真を撮りました。
ハンガーノックに気をつけてサイクリングを楽しんで下さいね。
古法華は南の天川CRからだとすごく楽です。
今でも石仏がどんどん増えていて楽しいですよ。
一度行ってみて下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30