FC2ブログ

記事一覧

コンチGP5000を装着しました

R'AIRのチューブが到着したので、いよいよコンチの5000を装着します。
IMG_8749.jpg

コンチはバリが目立ちますねー、まー、すぐになくなるんでしょうが。
IMG_8754.jpg

新品なのでタイヤパウダーを塗ってから装着します。
IMG_8756.jpg

4000S2とはトレッドパターンが変わったので、向きを間違わないように要注意。
IMG_8755.jpg

実はこの時、見えているのに気がつかなかったことがありました。

さてメイドインドイツに対抗するメイドインジャパンのR'AIR、
700x23~28C、48㎜、カタログ値は76gですが、あちゃー。
IMG_8757.jpg

ドイツも日本も同じようなもんですね。

ビートはそれほどきつくないので、素手でタイヤをはめることが出来ました。
IMG_8759.jpg

「バーン!」と鳴ったら怖いので、チューブを噛んでいないか、念入りにチェックしていきます。
IMG_8763.jpg

右がコンチの4000S2、左が5000、ロゴがちょっとあっさりしましたねー。
IMG_8765.jpg

5000のサイドにはすかしというかスティルスロゴが入っているんですが、離れると全く分かりません。

私のメリダもスティルスなのでちょうどいいかなと思います。
IMG_8768.jpg

ローテーションは合っているだろうなーと、確かめていて面白いことを発見しました。

タイヤ表面に5000の文字が印字されているんです。
IMG_8774.jpg

見えているのに気がつかなかったこととはこのことです。

よく見るとローテーション側の3カ所にあるようです。
IMG_8775.jpg

いちいちローテーションはどっちかなーと探さなくてもいいように、右側にのみ刻印したのでしょうか?

それでは実際のタイヤ幅はどれくらいか測定してみます。
IMG_8770.jpg

25C、ほぼぴったりです。

しかし…、ということは4000の23Cとタイヤ幅はほとんど変わらないんですね。

実はコンチ4000Sの23Cってほとんど25Cだったの、知ってましたー?
IMG_8689.jpg
(空気圧は両方とも7barですよ。)

コンチは5000になって、やっと正常値に近づいたって感じですね。

それではニュータイヤの履き心地、テストライドに出かけます。

ニュータイヤ装着で引っ張ってしまって申し訳ありません。
中途半端ですが、クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

タイヤ交換しましたね。
コンチ+Rエアー、GGチャリダさんは好きですね。
25Cは初チャレンジですか?
以前、パナレーサー25Cを試しましたが、走りが重く馴らしが終了する前に他のタイヤに交換しました。
別で、ホイル新調したときに25Cタイヤが標準で装着されていたのでそのまま使いました。
それはフレームとホイルを含めた相性が自分に合ったようで調子よく走りました。
何事も使ってみないとわかりませんね。
先日、仕事先から往復12時間かけて自転車を取りに帰ってました。
仕事先周辺の観光地を軽く乗っていますが、地元と違いサイクリストの方とあまり遭遇しません。
日本海側はスポーツサイクルは盛んじゃないのかな?
道は全般的に路肩が狭く車通りもそこそこ多く走りにくいですね。
あと、昼間にセフティーライトを点灯(前後とも)させて走っている方もいませんね。地元だとそこそこいるのですが。
地域性にもよりますね。

ブラウザー弟さん、こんにちは。

出張先でも、やはり自転車がないと寂しいでしょう?
12時間の価値はあると思いますよ。
実は私も1回だけ25Cの経験があるんです。
それもパナレーサーで、100kmほどでサイドカットしておじゃんになりました。
日本海側ってどこか分かりませんが、京都のTANTANロングライドや兵庫県のコウノトリチャレンジライド、鳥取スゴイライドなど、たくさんイベントがあるんですがねー。
やっぱり地域によって違うのでしょうか?

  こんばんは。
  師匠にタイヤ交換のレクチャーしていただいたのが懐かしいです。その時は交換の注意点ばかり気になって、タイヤの細かな仕様など目に止まりませんでした。私の製造番号は3818ですし、確かに片面のみ5000の刻印が3ヶ所ありました。さすがに観察力が鋭いです。多分、明日のブログは試乗記なので、4000との違いや、実質の幅は同じでも23Cと25Cの違いを実感されて記事にしていただけると期待します。
  さて、私は日本海側の但馬で育ちましたので、降雪(降雨も多い)地域にとって基本的に移動手段は4輪駆動車と軽トラがほとんどですね。そもそもオープンエア(スポーツサイクル・オートバイ・オープンカー)を楽しむという文化が培われにくいと思います。気候もですが、平野部が少なく山間部が多いですし、道路は狭い上に路肩には残雪が長期間あり、路面の劣化も激しいです。行政は観光目的でライド大会を催しますが、自転車道の整備等、平素からのサイクリング振興には地域住民も含めてあまり関心は無いように感じます。
  やはり、瀬戸内海気候地域は、年間通じて天候が安定していて過ごしやすいですし、オープンエアモータリングが楽しめますね。

チンタライダーさん、こんばんは。

テストライド、ちょっとだけのつもりが…。(笑)

なるほど、イベントの割に日本海側で自転車を楽しむ人が少ないのは降雪が原因ですか?
確かに路肩に雪が残っていたら走れませんからねー。
それに但馬などは冬は雪が降るのに、夏は瀬戸内海側より暑いですから、自転車で走り回るのも大変でしょう。
行政にとっても市民にとっても、自転車道の整備よりスパイクタイヤで削られた道路の補修の方が優先でしょうし。
瀬戸内海側から走りに行く分には楽しいですがねー。

こんばんは。お久しぶりです。
タイヤの知識がなく、ネットでコンチGP5000と検索してみました。
おぉ!高級なタイヤですね。

私は今朝、タイヤがバーストしたのでブリジストン2本で5000円ちょっとのをネット注文しました。
チューブ交換は何度か経験ありますがタイヤ交換は初めてです。GGチャリダさんのタイヤ交換ブログ参考になりました。ありがとうございました。


areeenさん、こんばんは。

areeenさんは私と違って、いろんなことをされますからねー。
自転車中心になると、段々欲が出てくるんですよ。
私の場合、サイドカットで「ブシュー」はありますが、areeenさんのようなバーストは経験ありません。
相当のリム打ちだったんでしょうか、でもタイヤが新しくなると安心ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -