FC2ブログ

記事一覧

やっぱりうまく行かんのー

いい季節になってきたので、久しぶりにドローンを飛ばしてみました。
IMG_8603.jpg

スマホだけで飛ばすと、ちゃんと写真も撮れてうまく飛ばせるのですが、
リタイヤしたシニアにはスマホで細かな指先操作をするのは無理です。
1567404258657.png

だからコントローラーで操作したいのですが、離陸まではうまく行きますが、
その後は画面が真っ暗になってホバリング状態からうんともすんともしません。
IMG_8600.jpg

アンドロイドで少しはコントローラーが使えるようになったんですが、
依然としてブルートゥースがうまく伝わっていないようです。

もしかしてと思って調べていたら、ファームウェアのアップデートがありました。

おー、やっとこれで解決か、格安アンドロイドでも操作できるようになったか、
IMG_8611.jpg

あかん…、やっぱり行ったっきり、ダメです。(涙)
IMG_8598.jpg

iPhoneならばっちりらしのですが、iPhoneって、中古でも高いんですねー。

うーん、うーん、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

畑とか、やっぱ上から確認できると
状態よくわかりそうですもんね。

で、そもそもなんですが、Bluetoothって
どれだけの距離届くんですかね?
スピーカーとか、自転車から10mは完全に
アウトで、ググるとスマホとかはClass2の10mじゃね?
っていうんですが、実際そこまではって
感じなんですが。
でもスマホ単独では問題なくてあくまで
コントローラの問題なんですよね...
う~ん。

追伸:以前の勾配系の記事リンクさせてください。

三島の苔丸さん、おはようございます。

ドローンとスマホはwi-fiで、Bluetoothはコントローラーとスマホの間だけなんで距離はないんですよ。
ドローンが中国製なのでiPhone以外ならHuaweiらしいのですが、まさか一万円のドローンのためにスマホを買い換えるなんてできませんから、悩ましい問題です。(笑)
リンクの件は、大歓迎ですよ。

GGチャリダさん、こんにちは。
先日、農薬散布で煙っていた田圃の上で、大きなドローンが飛んでいたので、まさかドローンで散布かと思いきや、ラジコンのヘリコプターが撒いていました。田圃の周りには農家の方々以外に、業者や農協の方らしき人もいました。多分ですが、ドローン散布への調査なんでしょうね。
ネットで調べたら、ドローン農薬散布体験会が9月10日に養父市にて開催される予定ですが、業者主催のようです。
農家がドローン散布するには、業者へ委託するしかなく高コストなんでしょう。ただし、人力よりも数十倍速く、農薬被害のリスクも激減します。個人的に農業用ドローンを購入しようとしても車1台分かかるそうで、さらに操作技術獲得も大変です。
もし、GGチャリダさんが大規模な稲作農家なら、AI搭載農業用ドローンに自分の田圃をプログラミングして、操作せずに自動で農薬散布させる先駆者になられたと思います。
近い将来、ドローンが空を飛び回る時代が来るのでしょうね。

エッケイさん、こんにちは。

ドローンは、スティック操作であればシニアでも割と簡単にできます。
農業用ドローンの免許取得に30~50万ほどかかると思いますが、営農組合や農業法人で一人が免許を取得すれば自前で出来るのですから、今後はその方向に行くのでしょうか。
もしかしたら農協がドローンで農薬散布をセットにして売り出すかもしれませんね。
ドローンなんてコンバインやトラクターなどに比べたら安いもんですよ。
ドローンのいいところは、カメラを搭載しているのでピンポイントで農薬を散布できるところです。
いやー、時代は進んでますね。

エッケイさん はじめまして
先日テレビでドローンが食品を運んでいるのがありました(中国のことですが)。日本の記者も物品を購入していましたが,それほど長い時間もかからずに手に入れていました。
日本でも通販会社が実験をしているとか・・・・

アマゾンで何かを購入すると,玄関先にドローンが着陸していたりして・・・




GGチャリダさん、KUOTAさん、返信とコメントをありがとうございます。
日本でのドローン配達は、楽天が離島と山間へテスト配達に成功したというニュースがありました。日本郵便も郵便局同士の配達を試飛行したらしいです。先行していたはずのアメリカでは、法規制と安全上の課題が多過ぎて進んでいないようですが、ドローンの本場である中国は何でもありですので、どんどん進めていってしまうでしょうね。
配達よりも農業用の方が、国と農協が協働すれば早く活用されそうで、日本は農業用ドローンの最先端国になってほしいです。
ドローンもですが、無人自動運転車での配達の方が先に普及すると思います(地域を限定して試験運用開始)。さらに、自動運転車を個人で購入できるようになれば、免許証返上しても車椅子生活でも、愛車で何処へでも行けるようになってほしいと願っています(移行期は運転免許を持った人が必ず運転席に座っておくことが条件でしょうね)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -