FC2ブログ

記事一覧

キャットアイのリアライト

最近、リアライトが暗くなっても点灯せず、全く関係ないときにチカチカしたりします。

このラピッド3を使い始めて2年半、うーん、寿命かなー。
IMG_7478.jpg

ということで購入したのが同じくキャットアイの「RAPID micro AUTO」です。
IMG_7475.jpg

今回は最初から充電式にしようと思っていたのですが、
最後まで迷ったのが、このキャットアイかクロップスの「EZ500mu」かでした。
クロップス
(写真はアマゾンより)

両方ともオートセンサーで点灯しますが、
クロップスはLED5個、キャットアイは2個なのでクロップスの方が華やか?(たぶん)

キャットアイは15ルーメンと表示されていますが、クロップスは表示がありません。
でもリチウム電池が両方とも320mAhで、連続点灯がクロップスが5.5時間、
キャットアイは6時間なので明るさは互角かなと思います。

重さはクロップスが22gでキャットアイは21g、ほとんど変わりません。
(ラピッド3オートは44gでした。)

で、最終的にキャットアイに決めた理由は下の2つです。

1つは、これまでのオートライト、昼間の明るい場所では使えませんでしたが、
このキャットアイは強制オンオフができるので昼間も使えます。

ロングを走るときは日中でもライトを点滅させたいので強制オンは魅力です。

もう1つは値段、これが大きい。
定価はキャットアイの方が高いんですが、ネット価格は安かったです(笑)。

あ、それと、クロップスはネット評価が全員5、うーん、全員5は、ちょっとねー。
キャットアイは平均3.9、中には1を付けている人もいるので長所も短所も理解できました。

それでは取り付けます。

最近はOリングで取り付けられるので簡単で、しかも軽くていいです。
IMG_7479.jpg

ここでいいかな?
IMG_7480.jpg

でもこんなに小さいんだからシートステーの方にしようかな?

キャットアイは縦置きも横置きもできるので、横置きにします。
IMG_7482.jpg

いい感じに収まりました。

ここならサドルバッグを付けても邪魔にならないでしょう。
IMG_7487.jpg

明るさは15ルーメン、前の乾電池式のラピッド3オートと比べても遜色ありません。
IMG_7486.jpg

モードは自動の場合は、常時点灯、オルタネイト(交互点滅)、ラピッドの3パターンで、
強制点灯の場合は、常時点灯かオルタネイトの2パターンになります。

常時点灯で6時間ですが、オルタネイトでは24時間持ちます。
(単3電池のラピッド3オートの場合、常時点灯では3時間、ラピッドで20時間でした。
でも電池代を考えると、この充電式の方が安くつくんじゃないかなー?)

まー、私はラピッドで使おうと思うので35時間、結構持ちそうです。

「充電タイミングがわかるバッテリーインジケータ搭載」
とあるのですが、どれかな?

テストライドをしてきましたが、センサー感度が上がってますねー。

少しでも暗いなーと思ったら、すぐオートライトが反応します。
この明るさで点灯です。
IMG_7489.jpg

前のラピッド3は、相当暗くならないと反応しないのが不満だったので、
これはいいと思います。
IMG_7490.jpg

取りあえず、満足のいく買い物ができましたが、
満足するには金がつきもの、最近、物入りだなー。(涙)

クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

お~バッテリインジケータは重要ですね。
ライトとかは、比較的どのくらい使ったかな?
そろそろ充電しといたほうがいいかな
って感覚で充電考えるんですが
リアライトは感覚がフロントほど
意識できないだろうし
可能時間が中途半端だと、
毎回充電は面倒だし、
運用のキモになりそうです。

三島の苔丸さん、おはようございます。

アマゾンでは「バッテリーインジケーター搭載」って書いてあるので説明書を読み返してみると、分かりました。
電池残量が少なくなると、「スイッチが点滅」してバッテリーオートセーブ機能が働くみたいです。
スイッチ部分が点滅しているのは走っているときは分かりませんから、実際は家に帰ってきたときに分かるんでしょうね。
でも充電のタイミングが分かっていいです。

  こんにちは。
  師匠、最近サイクルグッズの交換が多いですね。そういう周期なのか、次回ロングライド旅へ向けての備えなのか、どちらにせよ交換したグッズの良好な成果がすぐに実感できるのは、師匠得意の情報収集と分析力のお陰だと思います。
  オートバイでは昼間点灯義務がありますが、ロードバイクでも点灯しているライダーを見かけるようになりました。特に、朝夕や交通量の多い車道を走る時は注意喚起を促しますものね。
  常時点灯となると充電式がベストだと思います。早くスマホや電気自動車等も含め、すべての充電用リチウム電池が全個体リチウム電池になって欲しいですね。全個体リチウム電池は画期的で、発熱はなくコンパクトで大容量、特に急速充電ができるのは強みです。日本が素材に関して一番特許を持っていますが、実用化するのはやはりアメリカか中国なんでしょうね。

チンタライダーさん、こんにちは。

ホント、一気に来ますねー。
もうすぐタイヤとチューブもかと思うと、年金暮らしのシニアには…。
今回のキャットアイのテールライトは、必要にして十分、ちょっと値段が高かったんですが、いい買い物をしたと思います。
最近は自転車グッズもスマホもカメラも、身の回りのほとんどが充電式ですからねー。
ただ予備バッテリーが重い、これが軽くなれば…、また買ってしまうかも。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -