FC2ブログ

記事一覧

見て見ぬふりか、それともコンチ5000か?

チェーンクリーナー、自分でスポンジを入れたりして使い続けたのですが、
さすがにもうダメかなと思って、新しいのを購入しました。
IMG_6431.jpg

スーパーB、イノテック105を入れてぐるぐる回すと、
これまでのパークツールより若干抵抗が大きいような気がします。
IMG_6432.jpg

だからどうってことはないのですが、
ただ抵抗が大きい気がするってだけの話です。

まー、信頼の台湾製ですからねー。
IMG_6433.jpg

チェーンを掃除した後、何気なくタイヤを見ていると、あれ?
IMG_6435.jpg

いつ、やったんやろ?

まー、見て見ぬふりをするか。

え、こっちは、ちょっとやばいんちゃう?
IMG_6436.jpg

冷蔵庫から瞬間接着剤を持ってきます。
IMG_6439.jpg

見て見ぬふりはできませんので、修理しておきます。
IMG_6438.jpg

どうも引っ付いたような感じがしないなー。

ということでコンチネンタル・グランプリ5000!

まず箱から取り出しての第一印象、ゴムが柔らかい。

ビードはそれほど固くないので手だけで装着できます。
IMG_6442.jpg

5000の横のドイツ国旗、赤が格好いいけど、4000の時、こんなのあったかなー?
IMG_6441.jpg

実際に走ってみると、乗り心地がとてもよくなっています。
それに漕ぎだしが軽く、スピードの乗りもいい、コーナリングも安定性抜群です。

なんか、4000にくらべてむちゃくちゃ進化しているぞ。

うーん、これが私のだったらなー。(え?)
IMG_6469.jpg

見て見ぬふりをした方がよかったかな。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント


  こんにちは。
  「タイヤは命を載せている」というCMがありますが、車でもロードバイクでも同様ですね。
  師匠から譲っていただいたロードバイクはハイスペックだったのですが、初心者である私にはその性能が分からず、完全にオーバースペックだったと思います。でも、初めて乗った時に『ロードバイクってすげえなあ!』と驚愕できたからこそ、走りたいという気持ちが湧いてきました。一般のスポーツサイクルを試乗していたら、ここまでの気持ちは起きなかったでしょう。
  今回のタイヤ交換(コンチGP4000SⅡからコンチGP5000)で、私は乗り心地が良くなった程度しか分からなかったのですが、師匠はチョイ乗りでコンチが14年間かけてきた性能の進歩をほぼ実感されていました。さすがです!!
  でも師匠、ライド旅をされる時は日々ロングライドですから、タイヤメンテにはくれぐれもご留意くださいね。タイヤは命を載せているのですから。 

GP4000はサイドのゴムが剥離してきて繊維がだんだん見えてきます。そうなるとセメダインのシュードクターを塗って保護するようにしています。
ちゃんとくっつきますよ。

チンタライダーさん、こんにちは。

新品タイヤということは差し引いても、コンチの進化はすごいと思いました。
5000が発売されたおかげで4000が安くなっていますが、価格差から考えるとほとんどの人が5000を選ぶでしょうね。
コーナリングが安定していると思ったら、レーザーグリップと言って、トレッド面にレーザー照射し、タイヤの表面に細かな溝が刻まれているそうです。
しかしそうなると問題は耐久性です。
耐久性をのばすためには曲がらずに走ることかなー。(笑)

メリダ乗りさん、ありがとうございます。

今回使ったクラフトボンドは、粘性があったので使えるかと期待したのですが、だめでした。
さっそくネットで調べると、セメダインのシューズドクターならタイヤ修理ができそうですね。
ただ前輪、あっちこっちに亀裂が入り始めていて、調べてみるとすでに5000キロを超えていました。
今回は予備タイヤを使うしかなさそうです。

今、GP5000と4000SⅡのトレッドを確認してきました。確かにGP5000の両サイドには多孔質の「レーザーグリップ」面があります。十分目視できますから、コーナリング時での使用頻度からすれば、耐久性もありそうですよ。
  それにしても、師匠はすごいです!
  GP5000は、転がり抵抗が-12%、耐パンク性能が20%アップ、重量が23Cで-5gしか主だって説明してなかったようですが、少しの試乗でコーナリング性能向上(レーザーグリップ)まで見抜けたのですからね。購入した私はといえば、製品説明書を読まずに捨ててしまいました。
  やはり、師匠と私とでは、コーナリングの姿勢が全然違いますから、私はまだまだGP5000の性能を発揮できずにいますね。乗り心地の良さと耐パンク性能向上は良かったと思いますが。

GP4000から5000になって、トレッドパターンも変わりましたが、こんなからくりがあったのですね。
私はコーナーでリアが滑るのに神経質なので、この5000はすごいと思いました。
まー、14年ぶりですか、満を持しての登場ですからねー。
何㎞ぐらいでダメになるか、測っておいて下さいね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -