FC2ブログ

記事一覧

ちょっと過酷なライドになりました

山の上の秘境「カフェ&アートスペース風舎」からの続きです。

申し訳ありませんが、またまた話が長くなります。

風の音と鳥の声しか聞こえない中、来た道を途中まで引き返します。
IMG_6331.jpg

実は大芦高原温泉で一風呂浴びて汗を流そうと思ったのです。
IMG_6333.jpg

今日はリュックを背負っていますから、タオルも持っています。

高原の露天風呂を楽しみに、「なんだ坂こんな坂」で行ったんですが、
自転車を置いておける場所がありません。(涙)
IMG_6335.jpg

は⤵、せっかくの楽しみが…、傷心のまま北へ北へ。

♪北国へ 北国へ 北国へ向かうの♪

やっと今回のルートの最高地点507mを過ぎて、下りに入りました。
IMG_6338.jpg

遠くに中国山地の山並みが見えます。
IMG_6339.jpg

♪思えば遠くへ来たんもんだ♪

ん、展望台?
IMG_6346.jpg

自転車を置いて展望台に上がろうとすると、
オートバイの先客が、キャンプチェアに腰を下ろして、
コンパクトガスバーナーでお茶をされていました。
IMG_6345.jpg
オートバイの場合は荷物が運べるのでいいですね。

ぜいたくな時間を過ごされているなと思いました。
IMG_6344.jpg

で、ここからの下りがむちゃくちゃ豪快でした。

ブレーキをポンピングしてスピードを調整したんですが、それでも最高速度53.9キロ!

あっという間にさっきの展望台があんなに小さくなってしまいました。
IMG_6349.jpg

途中の上山棚田展望台です。
IMG_6350.jpg

この棚田を維持してくことは難しいんでしょうね。
IMG_6351.jpg

それからも豪快に下り続けて、県道90号のT字路、右へ行きます。
IMG_6353.jpg

「風舎」のマスターが言われていましたが、田舎のハイウェイ、
車がほとんど通らないので、自転車は走りやすいです。
IMG_6354.jpg

左前方に遠くからでもわかる大きな木がありました。

樹齢千年のムクノキで、岡山県の天然記念物らしいです。
IMG_6358.jpg

幹に耳を当ててみましたが、何も聞こえませんでした。

幹に耳を当てると、水の音がするって本当なんですかねー。

このあたりからルーフに自転車を積んだ車とよくすれ違うようになりました。

本当はF1アゼリア館で右折しサーキットの方に向かうのですが、
案内表示の琴弾の滝が気になったので直進しました。

伊勢神宮の五十鈴川のような雰囲気があり、水はとても澄んでいました。
IMG_6373.jpg

滝は天石門別(あまのいわとわけ)神社の裏にあるらしいです。
IMG_6370.jpg

なんだ、この磐座は?
IMG_6369.jpg
これほど人工的な磐座を見たのは初めてです。

御祭神の鎮座は2000年も前に遡るらしいので、
時間があったら詳しい説明を聞きたいです。

滝は雄滝と雌滝があり、それほど大きくはありませんが、
静寂な中で神聖な感じがしました。
IMG_6367.jpg

ここはパワースポット、霊気を感じます。
あ、間違えました、感じたのは冷気でした。(はー?)

それでは再びアゼリアまで戻ってサーキットを目指します。

斜度7~9%のだらだらの上り坂が続きます。

しかもアゼリアを過ぎてから向かい風ばっかりです。

自転車を積んだ車が多いと思ったらエンデューロが行われていたんですね。
IMG_6375.jpg

その後も上りは続きます。

ちょっと足が終わってます。
IMG_6377.jpg

しかし漕がなければ家に帰れません。(涙)

兵庫県に入りました、これ山伏峠だったんでしょうか?
IMG_6380.jpg

これから下りか、うれしい!

岡山県の県道90号は兵庫県に入っても県道90号なんですね。

このまままっすぐ行けば赤穂に出るはずです。

しかし、またまた出ました、左にカーブしていくこの上り、ここ上る?
IMG_6382.jpg
もう足、終わっとるで。

そう言えば手前に安室ダムへ行くルートがあったなー。

ダムということは、そこから川になるので下り一辺倒になるのではないでしょうか?

自分の頭のよさに感心しながら、今来た道を引き返します。
IMG_6383.jpg

案の定、上ることなく湖に出ました。
IMG_6384.jpg

ダムカードはここで撮った写真を上郡の観光案内所に持っていくともらえるそうです。
IMG_6385.jpg

ただ、時間は4時30分まで、今が4時27分ですから、たぶん間に合いませんね。(笑)

先日は神谷ダムの上から、うーん、ダム続きです。
IMG_6389.jpg

安室川に沿って下っていきます。
IMG_6392.jpg

上りは全くありません、本当に私はなんて頭がいいんでしょう。

ただ最後まで向かい風とは戦い続けることになりました。
IMG_6393.jpg

ここから輪行じゃい!
IMG_6395.jpg

距離、わずか66.9キロなのに獲得標高が1527mという
シニアチャリダーにとってはちょっと過酷なライドになりました。

おかげで平均移動速度は17.7キロ、
まー足は死んでいたし、向かい風もきつかったからなー。
(言い訳をしております。)

読むのに疲れるような長い話に、
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGさん おはようございます
どの辺を走っているのか全く分からないのですが、安室ダムと聞いて岡山と兵庫の境目だと言うことは分かりました。 それにしても70㎞ほど走り獲得標高1527mとはスゴい。 

す、凄すぎます

お疲れさまでした。
大芦高原は私も2〜3度行った事あります。
もちろん車ですけど。良いところですね。
しかし、チャリで行けるような所では無いですよ(笑)

ミニベロさん、おはようございます。

大山の時が1525mだったので、大山を2m超えちゃいました。(笑)
山伏峠から上郡駅まで県道90号線なら直線で近かったのですが、わずかな坂が上れなくて安室ダム経由になってしまいました。

areeenさん、おはようございます。

もしかしたらareeenさんのテリトリーでしたっけ?
風舎のマスターさんは、苦木バス停から上がるルートが普通だと言っておられました。
確かに大芦高原、とても魅力的な場所でしたねー。

GGチャリダさん、おはようございます。今日のブログで思い出しましたよ。よく湯郷温泉に行ってたのですが、大芦高原温泉の看板が気になり、一回だけ車で登ったことがあります。山頂での景色は素晴らしかったですが、合宿で大勢の学生さんが来ていて、お風呂と食事もせずに下りました。車でも大変だった記憶があり、二度と行っていません。でも、ブログの写真がきれいで、行った気分にさせてもらいました。
自転車で登ったとのことで、また大山より高いなんて、若いプロ選手並みですね。以前に、自転車の国際大会でバーの中に電池を入れて違反した選手がいたとニュースをみましたが、まさかGGチャリダさんの自転車も簡易な電動が装着されているのですか?
私は、先日の遠坂峠で定休日だった二軒の食事処が気になっていますので、またの機会に写真を掲載してください。野菜の成長具合もよろしくお願いします。

実は最初に考えていたルートは、大芦高原から湯郷に抜けて、温泉でゆっくりして姫新線で帰ってこようでした。
まー、思い付きでルートを変えられるが自転車のいい所です。
あ、獲得標高というのは、1つのライドで上昇した高度分の合計なんで、標高とは違うんです。
走行距離、つまり斜度と関係するのですが、獲得高度が1000mを超えるとちょっときついです。
六甲山ライドの時は1270mでしたが、走行距離が122キロだったのでそれほどしんどく感じませんでした。
本格的な夏野菜のシーズンが近づいてきました。
また需要の少ない野菜の報告もしますね。(笑)

大山寺から日本海まで走った時の最高時速が52キロ程度でした。
大山寺からのかなりの間はヘアピンでそのうえ落ち葉がひどくてスピードは出ませんでした。

Khodaa Bloomさん、こんにちは。
ヘアピンと落ち葉、こわいですねー。
今回は路側帯に小砂利があって怖い思いをしました。
冬のタイヤチェーンで道が荒れたんだと思います。
いずれにしても50km以上出したらダメですね。


こんにちは。
  やはり、下りの方が広々とした景色が俯瞰できるので壮観ですね。速度50㎞は恐怖ですが、下り坂をもう少しゆっくりと走ってみたい気がしました。全国どんな所でも、ロードバイクを山頂まで運んでくれるバスなんて無いですね。
  師匠の場合、過酷なライドの後は、やはり温泉とビール(お酒)が楽しみなんですね。それが疲れを癒す秘訣なのか、翌日も平気でロングライドできてしまいますからね。私は昨日初めての100㎞ライドでしたが、今日はさすがに足が筋肉痛です。心地よい疲れではありますが、続けて走りたいとは思いません。
  今日はワイフ孝行で、姫路美術館にて世界的活躍をしているチームラボのマッピングを観てきましたが、有名な絵画が動くのは驚きで、その美しさに感動しました。しかしながら、帰路にて新緑の山々を眺めながらドライブしていると、デジタル画像は本物の自然の美しさには敵わないと感じました。ましてや師匠の大芦高原でのライドは、全身すべて自然に包まれ、かつ自然の中で人生を営む人たちとの出会いもありますから、自然と旅を存分に満喫されたのではないでしょうか。次は、どんなライドをされるのでしょうね。

 
 
 
 

ロードバイクを山頂まで運んでくれるバス、あるんですよ。
四国の松山から久万高原まで車載バスで行って、ダウンヒルが楽しめるんですが、あいにくの雨で計画倒れになってしまったことがあります。
岡山の下電バスもやってるし、近くでは神姫バスもやっていますよ。
神姫バスの場合は神河町の粟河営業所から新田ふるさと村まで自転車を乗せていって、越智川名水下りができます。
越智川名水下りも一度やってみたいと思っています。

確かにロングの時は、温泉のあるところで泊まれるようにコースを組むことが多いですね。
できるだけ早く宿に入って、温泉やサウナをゆっくり楽しんで、ビールを飲んですぐに寝ちゃう。(笑)

「ロードに跨った筋肉の塊が見えます」昔そんな口調の占い師が居ましたが正にそれですね!
20数年前の岡山や鳥取の山歩きを思い出しました、今は河川敷ライド専門ですが・・・、きっと何時かは・・・もう無理。

いつものことですが、あまり下調べもせずに行ってしまった結果がこれです。(笑)
今、やっと山歩きってことかもしれません。
走っていて、もう少し入念に下調べをしていたらよかったのにと、よく後悔します。
でも定番は、KR銀輪さんと同じく河川敷、網引ポタです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30