FC2ブログ

記事一覧

天気の悪い日のロングライドはいろいろあります

道の両側に棚田が広がり、勾配がきつくなってくるともうすぐ岩座神です。ここからが始まりです。この表示のすぐ下にある草でおおわれているのが赤い血石ですが、今はちょっと判然としませんねー。神光寺に遺体を葬る際に、死者を一度この石の上に置いたので名付けられたとか、、死体があまりに重いので、この石の上で四肢を切り離したことから名付けられたとか…。(怖ー)棚田の本当の始まりは森を抜けたところです。さらに上って...

続きを読む

ロングライドでいいことやら悪いことやら

畑ができないので、今日はちょっと走ります。朝の気温は34℃、ちょっと暑いかなー?小さな傘マークが昼頃に出ていますが、どーせ予報ですから。加古川右岸自転車道がきれいになったので、走りやすいです。権現湖の第2ダムから第3ダムへの通行止めの場所、コーンが脇に寄せられています。目視では、落石の危険はないように思いますが…。今回の目的地は多可町の岩座神(いさりがみ)、だからできるだけ足を使わないように、県道24号を...

続きを読む

輪行3. 水車の郷、新野へ

雨が止んできたので、寺前に向かって県道404号を走ります。寺前での休憩、目的は一つ。ソフトクリームでしたー。そしていよいよ水車の郷、新野です。水車って、ギーギーと結構うるさいんですね。一時、3基まで減っていたようですが、現在は11基まで復活しているようです。こうして並んでいるとまるで重戦車みたいです。さて、これで今回の目的は達成、あとは帰るだけです。途中、気になっていた天道寺に立ち寄り、カッパの将棋の相...

続きを読む

輪行2. 生野名物ハイシライスを求めて

ムーセ旧居で聞いたハイシライスなるものを求めて、できるだけ国道312号を走らずに裏道を通って生野に向かいます。雨が上がり、気温が下がってさわやかです。しかし結局、笠木大明神で312号に合流です。ここで標高321mです。そしてなんとガーミンの高度も321m、正確ですねー、びっくりしました。地元の人にハイシライスのお店を聞くと、「ハヤシライスなら青いテントの前のアルジャンさんがいいよ。もしお休みなら、〇〇という店...

続きを読む

1年ぶりの輪行は神子畑選鉱場跡へ

輪行は去年の9月の乙大木谷以来ですから、1年ぶりです。姫路で播但線、寺前で和田山行に乗り換えます。寺前での乗り換え時間が30分以上あったのですが、JRの車掌さんがわざわざ私の席まできて言ってくれました。「暑いので和田山行が入線するまで、お荷物もこの車内に置いておかれるといいですよ。」JRの車掌さんの気遣い、車窓の青い空と一緒で気持ちよかったです。混雑を避けて加古川を8時半過ぎの電車に乗ったのですが、事故の...

続きを読む

清流「杉原川」を走る

翠明湖を後に中村町駅で一休み。ここは鍛冶屋廃線跡ですが、今回は廃線跡は走りません。杉原川、この風景に会いたかったんです。実は清流「杉原川」を走りたいと思ったのが今回のライドの目的でした。本当はもっと上流から走りたかったので、すこしでも上流からということでぐるぐるしました。冬の杉原川や春先の杉原川もいいですが、夏の杉原川もいいです!両側が青いベルトのきれいな道は、3月に走った鍛冶屋廃線跡です。でもこ...

続きを読む

心霊スポットで見かけたナゾ

本日、関西地方も梅雨が明けました。梅雨明け輪行を考えていたのですが、連日コロナの新記録を作っているので、電車はやめて、心霊スポットの翠明湖をめざします。加古川大堰を振り返りましたが、急に夏空です。20kmほど走って網引駅、ちょうど電車が来ました。しかし暑い、ガーミンでは35℃を超えていますよ。翠明湖に行くにはいくつかのルートがありますが、今日は加西の遠坂峠越えでチャレンジします。なぜって手術後の100kmライ...

続きを読む

思いあがっていました六甲ライド

県道16号(明石神戸宝塚線)に合流、ここから六甲山頂まで一本道です。六甲山まで表示は10kmですが、めざす山頂までは17kmあります。いくつかスピード抑制区間があって走りにくいですが、勾配は大したことないです。前回走ったことを思い出すと、これなら足が持つかもと思っちゃいました。何せ、西側ルートは六甲クライムで一番楽なんですよ。しかし心拍数を上げないように、頑張りすぎないように、帰ってこられるように。六甲ガー...

続きを読む

六甲ライドは身の程知らずでした

100kmライドに3回失敗して、今日は4度目の挑戦です。ルートは違いますが、行先は前回と同じく衝原湖経由の六甲山!今回もWサイコンでポラールにルートガイダンスをさせますが、なんと、ポラールがまったくGPSを拾いません。再起動を繰り返しましたが無理、どないなってんねん?仕方がないので、急きょガーミンにルードガイダンス、ポラールをデータ管理に使います。神出山田自転車道を走らず県道44号を走った方が距離的には短いの...

続きを読む

鍛冶屋廃線跡の風車ゲートの謎

それでは旧鍛冶屋駅から「水と風の遊歩道」を通って帰ります。ただこの旧鍛冶屋駅側のゲート、南のゲートほど華やかさがありません。なんか違うなーと思って、犬の散歩中の方と話をすると、「ガラガラとあまりにうるさいので風車を全部取ってもろたんや。」そう言えば、途中の表示には「南風車ゲートより」という案内しかありませんでした。のどかな田舎道を先ほどの南風車ゲートに向かいます。なーるほどね、こっちのゲートは華や...

続きを読む

感激!鍛冶屋廃線跡、自転車道として蘇りました

鍛冶屋廃線跡は何回か走ったことがあるのですが、最近、整備されたと聞いていたので一度走ってみたかったのです。多可町の旧鍛冶屋駅まで走りますが、途中にミニ闘竜灘もあります。旧市原駅、全然変わっていませんが、サイクルラックが置かれていました。やっぱりー。誰もいません。市原東交差点までやって来ました。なんと、こんなところにもサイクルラック!ここからです、本当に整備されています。これまで鍛冶屋廃線跡はサイク...

続きを読む

春告鳥の声を聞く播磨中央自転車道から未知のルートへ

加古川右岸自転車道を走っていると、今年、初めてウグイスの声を聞きました。権現湖畔でもウグイスの声、そして播磨中央自転車道でもウグイスが春を告げにきてくれました。網引駅で、神戸から来られたスペシャ乗りさんに出会いました。北条鉄道に沿って走る予定をされていたんですが、鶉野飛行場の紫電改を紹介して、親切の押し売りをしてしまいました。申し訳なかったです。無事に紫電改を見られたでしょうか?私が今日行きたいの...

続きを読む

「Cycle Sports 3月号」は、買いですよ

「今、サイクリストが本当に走りたいニッポンの道50」先日、「じてんしゃと泊まる宿」は立ち読みしただけですが、ちょっと値段の安い「Cycle Sports 3月号」は本当に買いました。第1章が絶対に走りたい20の道、第2章が私がお薦めしたい30の道、第3章が語り尽くせないあの道この道となっていて、べつに順位をつけているわけではないようですでもやっぱり最初に紹介されるのは富士山か、三島の苔丸さん、いいですねー。富士一ってい...

続きを読む

自転車ってホントにすばらしい!

高島ロングライド・クライム120の走行軌跡はこのようになりました。「クライム120」は公表値123.1㎞のコースだったんですが、ガーミンでは121.1㎞になっちゃいました。これは決して2㎞ショートカットをしたわけではなく、第1ステージでセンサーがおかしかったためです。だからデーター上、平均速度20.6㎞/hですが、実際は21㎞/h弱だと思います。(そんな見栄張らんでも、あんまり変わらへんやろ。)一応ガーミンからデーターを引っ...

続きを読む

函館山クライムで脚が…

第3エイドから県道534号を北に進みます。赤丸の所が「ベイシック100」と「クライム120」の分かれ道になります。まっすぐ赤の矢印で「ベイシック100」のコースを進もうかと思ったら、ガードマンさんが通せんぼをして山に登れと誘導しています。そうか、「ベイシック100」のライダーは時間的にまだ誰もここへは来ていないんです。ということでショートカットは断念して、函館山に登らされる羽目になりました。(涙)函館山クライム約...

続きを読む

高島ロングライドは風との戦い

申し訳ありません、話が長ーいです。今年の高島ロングライドは3コースに分かれています。クライム120(200人)とベイシック100(800人)、そしてショート60(200人)です。駐車場入りが6時、高島ロングライドの駐車場は広いです。ここで一緒に走る出海さんと出会って準備に取りかかります。出海さんはいつものように車中泊でしたが、今回は2台だけだったようです。コンビニおにぎりで朝食を済ませてスタート地点に移動します。おっ...

続きを読む

シニアの根性、千丈寺湖を一周する?

時間と距離、そして足の疲労度を考えて千丈寺湖を一周するか迷いましたが、折角来たんですから、やっぱり一周せずに帰るわけにはいきません。とりあえず青野ダムで記念撮影。♪濡れることをー 夢に見るよー♪、予測不能の変わった噴水です。それでは外周路を走ります。一周8キロなので、権現湖と同じぐらいです。路面状態はいいのですが、自転車道ではないのでスピードを出さない方がいいです。周回道路を走っていて、見たことのあ...

続きを読む

とっておきのお昼ごはんになりました

サドルについては昨日の報告通りで、今日はライドの報告をします。またまた長くなっちゃうのでご容赦ください。ロングでサドルを試すという使命感、行き先は何となく三田市の千丈寺湖にしました。いつもの河川敷を走らずに、ショートカットで日岡から山手に抜けます。まっすぐな道、気持ちいいです。午前中に旧石野駅に立ち寄るなんて滅多にありません。三木の久留美大橋から眺める美囊川、この景色もなかなかいいです。よう分から...

続きを読む

GP5000でガーミン関係なしの「はりまシーサイドロード」

ガーミンのナビは切ってしまったので、ここからはナビなしです。(ちょっと話が長くなりますが、ご容赦ください。)国道250号、ここを行けば恐怖の高取峠が待っています。(写真は再掲です。)何が恐怖かと言うと、路側帯が広いのは最初だけ、すぐに路側帯がなくなり、くねくね道の真横を車がビュンビュン、しかも交通量が多いのです。坂越大橋西詰めから峠の頂上まで距離2.67㎞、平均斜度9.3%で、「高取峠のトンネル化」は地元の...

続きを読む

GP5000で行くガーミンルート、千種川編

これから千種川を下って瀬戸内海の坂越駅まで向かいます。(写真は再掲です。)千種川、とてものどかなせせらきです。(左岸から)穏やかな母なる川、って感じです。(今度は右岸から)ガーミンナビはできるだけ国道を避けて、右岸と左岸を行ったり来たりで、ちょっと困ったもんです。何度も橋を渡っているうちに、「ここ走れたやん」という舗装された堤防道路がいくつかありました。だからガーミンルートは参考にして自主判断で走...

続きを読む

GP5000で行くガーミンルート、乙大木谷の棚田編

「思い立ったら吉日」で、さっそく乙大木谷ルートを実走して、GP5000の実力とガーミンのルート作成能力を試してみます。予定としてはJR姫新線佐用駅をスタートして、乙大木谷の棚田を見学、千種川ライドを楽しんでJR赤穂線坂越駅から輪行で帰ってきます。ガーミン任せのルートが実際使えるのか、試してみます。そして1つ疑問なのが、走行距離は50㎞ほどなのに、なぜ獲得標高が1092mにもなるのかです。まー、疑問があれば自分で解決...

続きを読む

輪行「ゆめし海道」と「紀の川ライド」のコース

先日の「青春18きっぷ」を使った輪行ライドのルート等、紹介をします。「ゆめしま街道」のスタート&ゴールはJR尾道駅にしました。JR尾道駅→(向島渡船)→向島→(因島大橋)→因島→(上島生名フェリー)→生名島→(生名橋)→佐島→(弓削大橋)→弓削島→(弓削大橋)→佐島→(生名橋)→生名島→(上島生名フェリー)→因島→(因島大橋)→向島→(向島渡船)→JR尾道駅<データ>走行距離:77.47㎞走行時間:3時間56分平均速度:19.8㎞最...

続きを読む

小学生の女の子に追っかけられる紀の川ライド

昼食は道の駅「くどやま」で出会った地元チャリダー御用達の中華料理店「孝司」です。(店を出たときに写真を撮ったので「準備中」になっています。)そして地元チャリダーお薦めの「とりうまセット」。とり天入りの八宝菜のようであっさりした中華料理、おいしいです。チンタライダーさんは酢豚セット、酢豚もちょっとあっさりでくせがないです。あ、そうそう、ランチのごはんはおかわりも出来るそうです。いい店を紹介してもらい...

続きを読む

青春18きっぷ、第2弾は「紀の川ライド」

3日前に「ゆめしま海道」を走ったばかりなんですが、またまた青春18きっぷを有効利用します。定年過ぎたシニアにしてはタフでしょう。今回の遠征は、和歌山の「紀の川ライド」です。チンタライダーさんと朝の5時40分に待ち合わせ、加古川駅発5時54分で大阪に向かいます。7時22分環状線で新今宮へ、新今宮からは南海電車です。南海電車は「青春18きっぷ」は使えないので、690円払います。駅員さんにどれぐらい混ん...

続きを読む

ここに地果て海始まる「ゆめしま海道」ライド

食事処を探すのは疲れましたが、ソフトクリームはすぐに見つかりました。なぜって、昼食場所を探すときに目を付けていましたから。たぶん弓削島唯一のお土産物屋さんです。今が13時20分、帰りは16時54分の尾道発に乗りたいんです。16時54分なら加古川まで1回の乗り換えで帰れるんです。輪行の時はなるべく乗り換えをしたくないですからねー。そうなると少なくとも立石港を15時のフェリーに乗らないと無理、うーん、「ゆめしま海道...

続きを読む

離島をなめたらあかんぜよ

生名島立石港に接岸、いよいよ「ゆめしま海道」の始まりです。船員さんと話をしていたのですが、「ここは離島やからなー。」という言葉がたびたび出てきました。離島と言っても、因島からフェリーで5分です。「ゆめしま海道」は、生名島、佐島、弓削島が橋で繋がったので脚光を浴びてきているらしいんです。広島県に近いですが、愛媛県なんですよ。確かに人は少ないようですが、いったいどこが「離島」なんでしょうねー。島なので...

続きを読む

この歳になって、初めての青春!

楽しいことを想像をされた方、申し訳ありません、変なところで切っちゃいましたが、正しくは、「この歳になって初めての青春18きっぷ」でしたー。(そして、またかと言われそうですが、話が長いです。)朝6時37分加古川発、姫路で乗り換えて尾道に9時57分到着予定です。本当なら片道3350円、往復で6700円、それが青春18きっぷなら2370円!私はチケットショップで買ったのでもっと安い。(笑)青春18きっぷって、時間に余裕のあるリ...

続きを読む

「記憶の風景」に出会うライド

お腹も大きくなったし、次の目的地に向かいます。175号線は走りたくないので、できるだけ車の通らない道を走ります。こういうときは、サイコンで地図を表示しながら走ると便利です。しかしそれでも、行き止まりにぶつかることもあります。「芸術は爆発だ-!」、「人生は失敗だ-!」(なんの関係があるねん?)さんなん仁王駅、駅とは名ばかりでトイレと自動販売機しかない休憩所です。でもここから見る加古川、すごくいいんです...

続きを読む

「独鈷の滝」へライドする?

日本一低い分水嶺を後に昼食場所の「農家レストラン」をめざします。しばらくは高谷川を下って、水分かれ街道に出るつもりです。そして176号線稲継の信号で「独鈷(どっこ)の滝8㎞」という看板を見つけてしまいました。「どっこの滝」って、どこの滝?(プッ、ヘタなオヤジギャグ)12時を過ぎているので、お腹も空いているし、このまま通り過ぎるか?8㎞なら往復16㎞、滝を見学していると1時間はかかるしなー。でも、滝...

続きを読む

日本一低い分水嶺を訪ねるライド

20年以上前になりますが、丹波市に出張に行った際、日本一低い分水嶺を案内してもらったことがありました。その後、長い間、もう一度行ってみたいと思っていました。なんと、今日は一日中ヒマ!よし、今日、行くぞ!加古川線で西脇市駅へ、そこから谷川駅に向かいます。恐竜の親子の前で輪行を解きます。谷川駅で輪行を解くのは3回目ですが、ここから北に走るのは初めてです。気温は30度近いですが、さわやか、そして、話は長...

続きを読む

ちょっと過酷なライドになりました

山の上の秘境「カフェ&アートスペース風舎」からの続きです。申し訳ありませんが、またまた話が長くなります。風の音と鳥の声しか聞こえない中、来た道を途中まで引き返します。実は大芦高原温泉で一風呂浴びて汗を流そうと思ったのです。今日はリュックを背負っていますから、タオルも持っています。高原の露天風呂を楽しみに、「なんだ坂こんな坂」で行ったんですが、自転車を置いておける場所がありません。(涙)は⤵、せっかく...

続きを読む

山の上のぽつんと一軒カフェ

片鉄ロマン街道を走った時、気になっていたのが、旧苦木駅の山の上にある「カフェ&アートスペース風舎」です。加古川発8時53分、播州赤穂行、相生で乗り継いで和気を目指します。時間に余裕があるのコーヒーを一杯。ところが電車に乗ってベルクロを忘れていることに気づきました。ベルクロがあれば手すりに括り付けられるんですが…。しかし一番不安だったのは相生駅での乗り換えです。9時30分着の9時32分発、乗り換え時間わずか2...

続きを読む

ラストラン、斑鳩寺で授かった霊力を発揮!

東に走っていると、大津茂川にぶつかったので、せっかくの自転車道ということで北上します。(なんでやねん?)まだ午後3時半、日暮れも遅くなっているので、もう少しライドを楽しめるかなと思いました。姫路市の奥に入ってきて、ダムらしきものを見つけました。ウオーキングの方に聞くと桜ダムというそうです。まったく聞いたことがないなー。道沿いに上がるとダム湖が見えるとのことで上がってみました。「見るだけよー。」フェ...

続きを読む

傷心で帰路に

昼めしにありつけなかったショックを引きずりながら、万葉岬を下ります。上りでは写真を撮れないけど、下りでは写真を撮ります。でも、そんなの関係なーい。腹、減ったー!相生は造船の町です。そしてペーロンの町でもあります。ペーロンって、これですよ。いやいや腹が減っているのに、こんな悠長なことをしている訳には行きません。道の駅「白龍(ペーロン)城」はあるんですが、あそこは自転車を置けないので、相生の町中で食べ...

続きを読む

腹ペコチャリダー(涙)

腹は減っているけど、道の駅で入手した情報を信じて、万葉岬の昼食を楽しみに、シーサイドロードをひた走ります。...

続きを読む

久しぶりのロングライドは万葉岬へ

暖かくなってくると海沿いを走りたい。東か西か迷いますが、東の明石自転車道はガッタンゴットンが嫌だから、西へ走って七曲りに行こうと思います。姫路自転車道もそんなにいい道ではありませんが明石よりはましかな(笑)。市川にぶつかると南下して国道250号に向かいます。江戸時代、寛延の一揆で最初に農民たちが集結したのが市川でした。国道250号線を西に走ると次に出てくる川は夢前川です。夢前川CR、つい最近「自転車DEPO」...

続きを読む

目的地、楯築遺跡をあきらめるか?

今回の岡山ライド、残るは造山古墳と楯築遺跡です。造山古墳の案内はすぐに見つかりました。ここから500m…、ところが入り口が見つかりません。修復中の違う古墳が見えますが…。犬には吠えられるし、どないなってんねん。後で走ったルートを見ると、曲がるところが早かったみたいで、全国4位の前方後円墳を一周してたようです。(たぶん、あの案内板がおかしいんでしょうね。)造山古墳、さすが大きいです、しかも登れそうです。登...

続きを読む

晴れの吉備路自転車道を走る

岡山県が誇る大規模自転車道の一つ吉備路自転車道、見どころ満載で、よく整備されています。トイレだって、こんなに立派です。でも、水洗じゃないので女性はちょっと怖いかも(笑)。長閑な田園風景、どの道でも自転車道と言っていいような感じです。遠くに備中国分寺が見えてきました。なだらかな丘陵地にそびえる五重塔、そこへ続く白い道も素敵です。もう冬が近いのですが、それでも絵になる景色です。これが春や夏ならどんなに...

続きを読む

美袋駅から吉備路へ

来るときには走れなかった高梁川の右岸を下っていこうと思います。美袋駅を出て昭和小学校の横を通り、下倉橋を渡って右岸に入ります。右岸は走りやすいし、走っていて気持ちがいいです。長閑で穏やかな高梁川です。しかし、しばらく走るとだんだんと7月の西日本豪雨の爪痕が見えてきました。今回のライドで数多くの石仏を見ましたが、倒れたままの石仏は初めてでした。上を向いてひたすら助けを待つ石仏…。今の穏やかな高梁川から...

続きを読む

晴れの国、岡山を走る

ミノウラ・ヴァーゴでの車載ライド2回目は、またもや岡山県です。一晩、自転車を車内に置いたままだったので、外から見えないよう布をかけていました。今回の目的地は2つ、一つは美袋(みなぎ)駅、もう一つは楯築遺跡です。美袋駅は伯備線なのでまず高梁川を目指します。県道24号線で伯備線を渡ります。丘の上に気になる建物がありましたが、確かめるにはちょっと時間的に無理ですね。高梁川に出ました。県道24号線って、車がビ...

続きを読む

雨の高島ロングライド(後半)

第2エイドの「朽木保健センター」を出てしばらくすると、豪雨です。写真どころではありません。雨が顔に当たって痛いです。レインウェアは上だけで、下はお尻が破れたのでエイドで捨ててきました。自転車用品売り場に並べてあったのですが、やっぱり百円ショップのカッパはダメですねー。第3エイドの今津総合運動公園までの22キロ、ずーと雨で、エイド近くになってやっと雨が止んできました。ということで申し訳ありませんが、第...

続きを読む

雨の高島ロングライド(前半)

いつものくせで前半だけでもちょっと長いです、すみません。5時20分、朝焼け、やばい!昔から「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」と決まっています。泊り客は7人、岐阜から来た人、三重から来た人、みんなライド参加者ですが、午前中はもつかな、だめかなと天気の話ばかりでした。朝食は無理を言って6時にしてもらい、駐車場に到着したのは7時前でした。今年のスタートはマキノ高原、駐車場は広いので7時でも十分空いていましたよ。三...

続きを読む

やっと見つけたビューポイントは、想像と違いました

余暇村公園の周りをまわっていて、道の右側に古墳を発見しました。左に目をやると、古墳だらけです。隣の「那珂ふれあい館」には、出土品が展示されていました。ここでやっと気づきました、ビューポイントって景色がいい所とは限らないんです。この謎の写真は、最初の古墳の石室の前で撮ったものですね。確かに景色は悪くはありませんが、絶景というほどのことではありません。(失礼)東山古墳群は、全部で16基、あるそうです。古...

続きを読む

期待を裏切られるロングライド

ここ数日、猛暑がどこに行ってしまったのか、とても過ごしやすいです。ということで久しぶりにロングを走ります。目的地は、「北はりまサイクリングマップ」で、気になっていた場所です。このビューポイントなんですが、一体なんでしょう、謎です。場所は多可町余暇村公園付近なので、自宅から50キロぐらいです。往復100キロ、何キロからロングというかわかりませんが、私は一応100キロ越えをロングとしています。この夏、ほとんど...

続きを読む

有馬温泉、二度と行かんぞー(つづき)

またまた長くてすみません。「有馬グランドホテル」からの急坂を下ると、やっと有馬温泉中心街です。別に感動せーへんなー。せめて有名な金泉で足湯ぐらいして、疲れを癒そうと思ったら、今日は清掃のため休み!なんやねん!時間は2時過ぎ、観光客も、がっかりしてましたよ。ちょっと考えないと、有馬温泉、やばいですな。中心街を一歩離れると閑散としています。金泉がだめなら銀泉ということで、炭酸泉源公園に来ました。冷たい...

続きを読む

有馬温泉、二度と行かんぞー

すみませーん、話、長いでーす。昨日は畑を頑張ったので今日は遊びます。行先は日本第一神霊泉「有馬温泉」です。(は⤴?)昨日ほど暑くはなさそうなので、快適なライドを楽しめそうです。ただ私の場合、走る前に野菜の水やりをしておかなければなりません。ブドウも毎日水やりが必要です。こういうところが、つらいでんなー。加古大池、今日は堤防は走りませんよ。しかし暑くなってきました、昨日と同じ30度ぐらいあるんじゃない...

続きを読む

幻想的集落、板井原への道

まだ板井原の話かい?まー、そう言わんと、今日が最後ですから、我慢してつかーさい。さて今回、佐用から智頭を往復した因幡街道ルートです。この街道は、のどかで景色はいいし見どころも多い、車の通行量は少ないし、なにより疲れたら智頭急行に乗れるという最高のサイクリングロードです。佐用から板井原までは、寄り道をしなければ48キロほどです。平たん路はありませんが、因幡街道自体の最大斜度は7%以下(たぶん)です。...

続きを読む

どこから輪行する?

申し訳ありません、話が長くなります。(笑)(はー?またかー。)標高430mの板井原の幻想的な集落を後にして、一気に標高178mの智頭の町まで下ります。時間は午後3時40分、来るときに見ていなかった智頭宿、大原宿を見学するか、しかしそもそもそんな時間はあるか、見学するとすれば、どの駅から輪行して帰るか、迷います。できたら、最初の予定通り佐用駅まで戻って輪行して帰りたいのですが…。とりあえず智頭宿を見るぐら...

続きを読む

今度こそ本当に幻想的集落に到着です

お待たせいたしました、いよいよ板井原集落への上りに入ります。(誰も待ってないって。)なるほど、最初からなかなかの坂です。でも押して上がらなければならないほどのことはありません。車の離合は難しいです。左側は急な崖ですが、ガードレールがあったりなかったりします。「フレル食堂」のお姉さんが言ってた通り、落ちたらやばいです。標高430mまで、4キロほど延々上りが続きます。きついところで10%超ぐらい?何か口...

続きを読む

いよいよ鳥取の秘境、板井原へ

チューブを交換してタイヤの補修をして、次の大原宿を目指しますが、このタイヤでどこまで走れるのか心配です。しかもわき道に入ったため373号線に戻る道が見つけられなくて、あぜ道を押して歩くことになりました。自転車は人生と一緒で、一度道を間違えると元の道に戻るのが大変です。若いもんに、よー、ゆうて聞かせとかにゃあいけんばい。11時41分、大原駅に到着。派手なパンクのおかげでだいぶ時間をロスしました。大原宿は時...

続きを読む

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -