FC2ブログ

記事一覧

マップ片手に100キロ超え(パート2)

「やしろ鴨川の郷」を出て北に向かうと、すぐに「しら坂トンネル」に入ります。自転車に乗っていて、一番嫌なのはトンネルで、2番目が向かい風です。3番目が坂で、4番目が雨かな?350mぐらいの短いトンネルなので、車の来ていないのを見計らって猛スピードで走り抜けます。猛スピードと言っても、私の場合は平均速度33.2キロでした(笑)。このしら坂トンネルが今回のライドの最高地点でした。そして、トンネルを抜けると、...

続きを読む

マップ片手に久しぶりの100キロ超え

申し訳ないです、ちょっと長くなってしまいました。加東市観光課から送ってもらった「北はりまサイクリングマップ」を見ながら、加西経由で加東市の「やしろ鴨川の郷」をめざします。加古川右岸自転車道を走って10キロで権現湖、あまり風がなく、気温も上がってきました。ここでウィンドベストを脱いで、シートバッグにしまいます。しかし失敗したのは、これ、シューズカバー、暑くても、脱ぐに脱げない。それに手袋、指切りでも...

続きを読む

氷瀑ライド、寒さと感動と…

雪が舞う中、「よかたん」を出て、1キロ足らずで黒滝に到着です。自転車を止めて近づいてみますが、凍っているのかなー?滝が落ちる手前の川は、しっかり凍っています。滝の方は…、あー、よく見ると凍っていますね。無数のつらら状態です。お日様が顔を出すと、つららと水しぶきが光に反射して、とても美しいです。うーん、しかし悲しいかな、私の腕とIXY200で、感動を伝えるのは無理だなー。地元の人とお話しましたが、「今日は...

続きを読む

極寒の中、氷瀑ライドへ

行ってきましたよ、このくそ寒い中、氷瀑の黒滝へ。まー、寒くなければ、滝は凍っていませんから、この日を選んだのですが…。証拠写真は、これでーす。前回のテストライドは、この寒さのための予行演習だったのですが、今日は用心してお腹にカイロを貼って出かけます。なんてたって、今日の最高気温は1℃、まー、風は4mぐらいしかないので、大丈夫でしょう。目指す黒滝は美嚢川の上流なので、加古川の左岸を走ります。だから昨日渡...

続きを読む

100キロに届かず!

東条川の見たかったところも見たので、引き返そうかと思ったのですが、このまま引き返したのでは芸がない、ということでもう少し75号線を進んでみることにしました。ここが東条川の源流、大川瀬ダムです。(訂正:東条川の水源は黒石川と四斗谷川で、さらに上流です。)せっかくなので、記念にダムカードでももらっておこうか。ところがこの上り、むちゃくちゃきつい、上ると一帯が別荘地らしく、そこからダムの堤に下りる道が見つ...

続きを読む

久しぶりのロングライド

今日は暖かいということで、ロングを走ろうと思ったのに、どんよりしていて、思ったより寒いです。目的地は東条川のとある場所なので、加古川市を出発して、小野市、加東市、そして三田市まで走ります。日光山を走っているときに、小さな祠が目に付きました。ため池のすぐそばなので、そのためかなと思ったのですが、祠の横の水路で、橋の役目をしている中央がくぼんだ石を発見しました。この石、古墳時代の石棺の蓋だったようです...

続きを読む

「ノルウェイの森」は、過酷でした

申し訳ないっす、長いっす。時間は1時、いよいよ、「ノルウェイの森」に向けて、ヒルクライムのスタートです。(写真は再掲です)15キロですから、まー、1時間もあれば着くでしょう。そうすると、頑張れば自走で加古川まで帰ることも可能かな?なーんて思いながら、自転車を走らせました。途中の長谷までは、JR播但線に沿って走ります。長谷駅を過ぎても、しばらくは緩やかな上り勾配で、高度を刻んでいきます。長谷で標高22...

続きを読む

チャレンジ、砥峰高原ヒルクライムへ

だいたい、私はあの煙を見て、走るか走らないかを決めますが、今日は最高です。そして今日の行先は…、「ノルウエイの森」、「軍師官兵衛」「平清盛」などのロケ地として有名な砥峰(とのみね)高原です。加古川から寺前駅までが50キロ、そこから砥峰高原へのヒルクライムになります。最低でも往復130キロですが、今日を逃すと今年はもう無理でしょう。しかし、ですよ、突然の来客のため、出発は午前10時!2時間遅れ、でも…...

続きを読む

メタセコイヤ並木は、大混雑でしたー

見てくださいこの人出!メタセコイヤ並木は、満員御礼状態でした。加古川発6時48分の新快速で近江今津をめざします。近江今津駅では、ハイキングの団体さんが2組下車されました。メタセコイヤ並木をめざして、お昼はマキノピックランドらしいです。私は自転車を組み立てて待ち合わせ場所へ向かいます。予定通り9時30分に近江今津駅をスタートし、百瀬川からマキノ高原をめざします。あまり風もなく穏やかな天気で、最高のサイクリ...

続きを読む

メタセコイヤ並木のルートを考えました

今月末に走る予定のマキノのルートを作ってみました。近江中庄駅をスタートして、県道54号(湖周道路)を海津あたりまで走ります。海津集落の石積みって、前2回のビワイチでもしっかり見ていないので、ここはしっかり見ます。なんでも、海津・西浜・知内の水辺景観は、国選定・重要文化的景観になっているそうですから。そこから引き返して百瀬川をさかのぼります。そして「高島ロングライド」のコースを通って、さらに追坂峠まで...

続きを読む

晴れの国、岡山の「片鉄ロマン街道」を走りましょう

台風一過の秋晴れ、こんな日は旅気分で、「片鉄ロマン街道」を走りましょう。スタートは、備前サイクリングターミナルです。...

続きを読む

蒜山、奥大山、関金、倉吉周遊ルート

蒜山にはよく来るのですが、今回もスタートは三木ヶ原です。そして予定していたルートは、蒜山→奥大山→関金→蒜山の周回コースです。高低差はありますが、距離としては60㎞ほどです。実際には、関金から倉吉に足を延ばしてしまったため、予定より相当長くなってしまいました。サイコンがGPSを失ったため、犬挟トンネルまでしか、データが残っていません。73.5㎞でリセットされていたので、走行距離は100㎞ほどになると思いま...

続きを読む

また無理しちゃいました蒜山(パート3)

帰りは、せっかく見つけた倉吉線廃線跡を、のんびり走ります。たぶん、ここは列車のすれ違い場所ですね。「倉吉東郷自転車道線」という表示がありました。ここは自転車道ですが、立派な県道なんですね。ただ、この自転車道、3.9㎞しかないようです。残念、短いなー。終点の「かみおがも」に来ました。ここから313号線で、関金を目指しますが…、なんと、全く自動販売機がありません。教訓→「水がなくなってから、補給しようとし...

続きを読む

また無理しちゃいました蒜山(パート2)

ぐんぐん下ってきたと思いましたが、まだ標高702mなので、300mぐらいしか下っていません。そしてさらに下って地蔵峠という展望駐車場にやってきました。ここを過ぎたところで、「ツールド大山」の案内がありました。「ツールド大山」をされる方、クマに注意ですよ。そう言えば、「熊注意」の標識を見たとき、上り坂ならまだしも、下り坂でクマに出会うと、逃げきれないなーと思いました。なぜって、下り坂でクマに出会うってこと...

続きを読む

また無理しちゃいました蒜山(パート1)

今日の出発は蒜山高原自転車道の起点です。しかし、自転車道は走らず、蒜山大山スカイラインを走ります。ここを走るのは3回目ですが、いったんは下りますが…、鬼女台(きめんだい)までは、ずーと上りです。去年も思ったのですが、私が遅いせいか、顔の周りに虫がまとわりつきます。今度走るときは、顔に虫よけスプレーをしておく必要がありますね。6キロほど走って、道が開けてくると、もうすぐ鬼女台の展望台になります。左に見...

続きを読む

「漁火林道(いさりびりんどう)三尾御崎線」は過酷でした

眼下に海、「漁火林道三尾御崎線」、ここを通って浜坂に抜けようと考えたわけです。そうすると、急な標高132mの桃観峠を迂回できるのです。(写真は再掲です)ただ気になったのは、林道という言葉、もし舗装してない悪路だったら…、まー、その時はあきらめて、桃観峠にもどりますか。観光案内所でもらった地図を見ても、ちゃんと道はつながっているようです。走り出すと、すぐに上り坂になりました。青い海と白い波、景色はすごく...

続きを読む

めざせ余部鉄橋

今日は、余部鉄橋をめざします。ところが、せっかくルートを作っておいたのに、ポラールに入れ忘れたので、途中の観光案内所で、地図をゲットします。スマホの地図より、見やすいので、今回はこれを頼りに走ります。しかし、やっぱり脳の老化は、止められませんなあ。(笑)ここは、夢千代館ですが、立ち寄りません。ルートを作っているとき、確か余部の手前に大きな峠(桃観峠)が一つあっただけで、あとは平坦だったと記憶してい...

続きを読む

六甲山、制覇

今日のベストショットは、昨日よりは相当いいです。(笑)「六甲山、上ろうと思うんやけど。」と言った舌の根の乾かぬ内に上ってしまいました。(「舌の根の乾かぬ内」の使い方がおかしいやんけ。)出発がちょっと遅くて、9時です。10キロほど走って、野寺山高薗寺(こうおんじ)で旅の安全祈願をします。国道175号線を横切って、神出山田自転車道に入ります。坂を上って、県道52号で鈴蘭台方面に向かいますが、え?登坂車線あ...

続きを読む

ロングライド2日目 パート2 耶馬渓へ

「中津サンライズホテル」に荷物を預けて、すぐに「メイプル耶馬サイクリングロード」を目指します。中津から10キロほど走ると、サイクリングロードらしくなってきました。見どころの一つ目は、日本一と言われる八連石造り橋です。オランダ橋というそうです。そして、その反対側に、ぜひとも行きたかった「青の洞門」があります。通行人がこの難所で命を落とすの見た禅海和尚が、托鉢によって石工を雇い、30年の歳月をかけて作...

続きを読む

ビワイチ2017を振り返って

今年は、マキノ高原のメタセコイヤの並木道を見たくて、センチュリーライド160㎞コースを走りました。去年は、びわ湖一周ロングライド150キロコースです。今年のコースとデーターは、次のようになっています。第1ステージは、あぢかまの里までの27.35㎞(27.3㎞)で、平均速度は27㎞/hでした。()内の数字は、公表されている距離です。ストップ&ゴーが、最初と最後だけだったので、平均速度は巡航速度に近いです。気温は...

続きを読む

びわ湖一周ロングライド2017センチュリーライドコース(後半)

第2エイド「びわ湖こどもの国」を出て、そのまま南下し、びわ湖大橋を渡ってすぐの「鮎家の郷」をめざします。今回も長いので、一緒に走っているつもりで、ゆっくり読んでいただければうれしいです。この第3ステージも39キロと長丁場になりますが、「鮎家の郷」のカレーを目標に頑張りまーす。気温5℃、レインウェアやインナーグローブを脱いできて正解です。白鬚神社、去年はここでいっぱい写真を撮りましたが、今年は、「来たよ」...

続きを読む

びわ湖一周ロングライド2017センチュリーライドコース(前半)

センチュリーライド、距離は160キロで、通過制限時間は10時間30分です。あ、このブログ、長いので一緒に走っている気分で、ゆっくり読んでもらえたらうれしいです。なんか、ルートラボ見ると、マキノ高原が激坂みたいで、いやだなー。でも、その手前の岩熊トンネル、高低表では激坂みたいでも上れたので、マキノ高原も、たいしたことないのかも知れません。センチュリーライドは、5時20分集合の5時45分スタートです。4時起床の予定...

続きを読む

プレミアムフライデーは生野へ(播州百日鶏編)

決死の覚悟でトンネルに入ります。でも、このトンネル内で追い越された車は一台だけで、あまり怖い思いをせずに済みました。そして、トンネルと抜けると…。トンネルと抜けると、やっぱり雪国でした。(笑)しかしトンネルの中で、後輪に異変を感じたのです。パーンク!怖れていたことが現実になりました。このくそ寒い、雪の舞っている中で、チューブ交換かー?泣き言は言っておられません、チューブを換えなければ帰れません。よ...

続きを読む

プレミアムフライデーは生野へ(雪中行軍編)

いそいそと出かける準備をしていると、「今日、どっか、行くのん?」「うん、今日はプレミアムフライデーやから、ちょっと走ってくる。」「はー?あんたは、いっつもプレミアムやないの。」そうか、それでは、「サンデー毎日」改め、「プレミアム・エブリデイ」にしよう。というわけで、生野に向かいます。輪行準備があっという間にできてしまったので、8時13分発の新快速のつもりが、8時4分の普通になりました。姫路で播但線に乗...

続きを読む

なぜ20キロも余分に走ってしまったのか?

先日の、坪川ライド、76km走る予定が、どうして97㎞になってしまったのか、検証してみました。スタート&ゴールは地図右下の加古川駅です。まず、「通行不能で2.5㎞ロス」と書いていますが、2.5km余分に走っただけでなく、実際は、赤い直線を行くつもりでした。ということは、結局三角形の2辺を走ることになってしまったのです。次は「通行止め」で、中国自動車道の側道まで上がらなければならなかったことです。今度は三角形...

続きを読む

ヴィットリア、今度のテストライドは坪川へ<追記あり>

(申し訳ありません、話、長いです。)何回テストライドをするんや、なーんちゃって(笑)。昨日は、天気がよいのにサイクリングできなかったので、今日こそ走ります。で、今回のテストライド(?)は、坪川をめざします。予定の距離は76kmですが、ストラバまかせでルートを作成したため、うまく走れるかどうか…(笑)。10キロほど走ってきました。しかし福崎への道、こんな道通ったことないなー。と思ったら、いつもの調子...

続きを読む

下灘ルートともう一つの道

下灘駅までは、道後温泉から35キロほどです。本来なら、2時間もあれば十分走れる距離です。実際は、9時50分出発で12時40分到着でした。途中、ブルーラインにも見どころが示してあります。松前(まさき)公園、有名なんでしょうね。クラフトの里、体験ができそうですね、天気がよければ、寄り道するのですがねー。また今度。唯一の峠越え、標高は99mですが、向かい風はきつかったです。予報では風速7mでしたが、峠越えから海岸線...

続きを読む

下灘駅への道(その2)

下灘駅の写真って、やっぱりこれっしょ!風が強いので、急速に天気が回復しています。午後1時に松山行の列車が来るようなので、待ちます。4人家族の方は、道後からこの駅に来て、また道後に帰られるんですって。一人旅の車の人は、この駅を撮るためだけに来られたそうな。そして、友達3人連れも、カメラで撮影に夢中でした。もちろん、私も。みんなで家族連れを見送りました。あ、女の駅長さんはおられませんよ、法華口駅じゃない...

続きを読む

下灘駅への道(その1)

昨日、偶然知り合った人が下灘の出身でした。「駅から見える夕陽、すごいでー。でも、明日は雨やでー。」いやいや、「気合いだー!」ということで、雨が止んだので出発しましたが…。まー、雨雲ズームレーダーによると、途中、雨にあう可能性は十二分にあります。お、これは昨日見た「坊ちゃん列車」では、ないか?え?私の目の錯覚かなー?どうも、パンタグラフが付いているような…(笑)。ここからしばらく56号を走りますが、久万...

続きを読む

久しぶりの淡路

今年最後の淡路、本当はロングを走りたかったのですが、帰りが真っ暗くらすけになっちゃうので、ショートコースにします。明石までは海岸沿い、「浜辺の散歩道」を走ります。月曜日の朝って、ほとんど人がいなくて走りやすいです。ただ、路面状態は、お世辞にもいいとは言えません。ジェノバライン、滑り込みセーフ!でも、久しぶりにバイクラックのない古い船でした。しかも、自転車は私の一台だけ。船は古くても、海上13分、ビュ...

続きを読む

来年の「鳥取すごい!ライド105㎞」って、8月開催なんですね

先日の鳥取ライドでもらってきたパンフレットを整理していました。「第10回記念大会 石垣・西表島ライド180㎞」、「第4回 館山南房総鴨川ライド130㎞」、「第8回 富良野ライド180㎞」、いいなー、走りたいなー、と思ってみていたら、来年の鳥取ライドは8月じゃありませんか!8月なら、暑いでしょうねー、カニあるのかなー?さー、どのイベントに参加するか、畑の都合もあるし、あまり遠いところは、とも思いますし…、いろいろ予...

続きを読む

鳥取ライドを振り返って

鳥取ライドを走った軌跡です。ただ、スタート&ゴールは宿泊所になっているので、ちょっとずれています(笑)。勝手に各ステージの特徴を解説しますと、第1ステージは、砂丘のアップダウンから海岸沿い第2ステージは、JR山陰本線と交差し岩井温泉第3ステージは、坂好きにはたまらない雨滝コース第4ステージは、因幡万葉湖を見ながら豪快なダウンヒル第5ステージは、のどかな田園風景第6ステージは、千代川沿いの快適サイクリングと...

続きを読む

第1回鳥取すごい!ライド105km、走ってきました(その2)

「もう上りはないからねー。」の声に送られて、雨滝のエイドステーションを出発したのが、11時6分でした。「ホンマやろうなー。」と内心思いつつ…。次は67キロ地点の因幡万葉資料館です。標高444メートルの雨滝から、下って下って、因幡万葉湖の湖岸を走ります。ダム自体も新しいのでしょうが、この景観、抜群ですね。周回道路も平坦なので、サイクリングにはもってこいだと思います、天気さえよければ(笑)。さらに下って、平地...

続きを読む

第1回鳥取すごい!ライド105km、走ってきました(その1)

これ、ラミネートされた完走賞です。裏は、ゼッケンです。凝ってますねー。第一回の「鳥取すごい!ライド105km」、予報通り、終日雨!鳥取すごい?鳥取ひどい?鳥取さむい?鳥取むごい?鳥取…?私の場合、鳥取さむい、でも楽しい、でしたー。朝は宿泊所を6時過ぎに出発、6時20分ごろにスタートの特設会場に着きました。安田大サーカスの団長さんも参加されていました。バレーボールの山本さんも。やっぱり第1回目ということがあ...

続きを読む

鳥取ライド、前日入り

いつものように、前日入りで、受付を済ませます。鳥取自動車道、車が少ないので走りやすかったです。トンネルが多すぎて、道としては面白みに欠けますが、まー、無料なので、文句は言えません。途中で、やっぱり自転車を運んでいる車にも出会いました。今日が大会当日なら、天気も最高なんですが、明日は、降水確率80%!なんか、悪いことしたー?とりあえず、受付を済ませて、Tシャツをもらいました。荷物になるので、当日受付に...

続きを読む

加古大溝を辿って

今日も寒かったですねー。畑仕事の後は、自転車をキレイキレイしました。今日は特にスプロケとタイヤを洗って、魔法のスポンジもかけて…。ディレーラーのコマ、汚れていたので入念にやりました。え?チェーンが汚いって?チェーンは最後にやりますヨ。完成です。少し暖かくなってきたので、キャベツとチンゲン菜を背負ったまま(?)、ポタリングに出かけます。加古大池に到着。加古大池にも、カモがたくさん来ています。東側は、...

続きを読む

輪行

城崎ライド以来の輪行でしたが、輪行はやっぱり気を遣います。加古川線では、後ろの車両の最後尾に陣取りました。加古川線は、ワンマンカーですから、途中の駅では、みんな前から降りなければなりません。だから、前に乗っていると、通勤通学のみなさんの邪魔になるのです。加古川駅から西脇市駅に向かっているとき、上司らしき人と部下らしき人が、私の自転車を見て、部下らしき人 「自転車って、電車に載せてもいいんですか?」...

続きを読む

加古川~谷川~篠山~篭坊温泉~三田~加古川

今回のライド、ルートはこのようになっています。加古川駅から西脇市駅で乗り継いで谷川駅まで輪行しました。運賃は970円です。谷川駅で自転車を組み立て、出発したのが9時過ぎです。城東トンネル前のきつい上りで休憩し、ウィンドブレーカーを脱ぎました。ポラールで計算すると、平均勾配8%ですが、もっときつく感じました。で、この緑の線で囲った部分の標高は、このようになっています。谷川駅から、篠山川沿い、県道12号に...

続きを読む

久々の100キロ越え、篭坊温泉を訪ねて(その2)

篭坊温泉、紅葉が鮮やかです。でも、その分、寂しさが漂います。人がいるような雰囲気はありません。失礼ですが、なんか、忘れられた村のようです。ここが三ツ矢サイダーの源泉地で、昭和46年まで、使用されていたようです。アサヒビールがここに工場を持っていた頃は、この辺りも、にぎわっていたのでしょうね。源泉からは、まだボコボコ、大きな音がしています。飲めるかなー?(うそうそ)このまわりにも、一か所、ボコボコ、湧...

続きを読む

久々の100キロ越え、篭坊温泉を訪ねて(その1)

ポラールも直ったので、今日は、篭坊温泉をめざします。加古川から谷川駅までは輪行します。西脇市駅からは乗客7人、その内、私を含めて3人が旅行者、車両は新しくて、乗り心地もいいのですが、廃線にならないか、心配です。だいぶ、入ってきましたねー。あ、ここ、船町口駅、ここから加古川まで走ったとき、ハンガーノックになりかけました。谷川駅に到着です。加古川出発が7時17分、谷川駅着が8時50分です。では、恐竜の前で自転...

続きを読む

どいなかコースのマップ?

先日の加西市の「どいなかコース」を走ってきたルートです。加古川からでも、とても満足度の高いおすすめのコースだと思います。まず加古川駅から、加古川右岸自転車道、播磨中央自転車道、そして網引駅から「北条鉄道コース」を通って、「どいなかコース」に入りました。全体的には、なだらかな上りとなだらかな下りなのですが、最後の久学寺は、このとんがりから分かるように、きつかったです。あ、久学寺は、「どいなかコース」...

続きを読む

カサイチ「どいなかコース」を走りました

ここからが今日のメイン、「どいなかコース」です。加西市の名所旧跡をたどってから、中国自動車道を抜け、「どいなか」へと進む予定です。詳細な地図のはずですが、はっきり言ってこの地図では、慣れないよそ者にはむずかしい。まず酒見寺への曲がり角がどれか、わからない。でも、ようやく見つけました。ははー、古刹ですねー。そして定番の五百羅漢、ここは以前に来たことがあります。ここからが困りました、どこで中国自動車道...

続きを読む

カサイチ「どいなかコース」をめざします

どいなかコース?なに失礼なこと、言うとんねん!(`o´)いえいえ、カサイチの6つのコースの一つで、「どいなかコース」が正式名称でございます。ほかにどんなコースがあるかと言えば、カサイチコース、自転車道コース、北条鉄道コース、一乗寺コース、市街ポタリングコースで、ございまーす。ところで、カサイチって、そもそも何やねん?えー、カサイチとは、加西をぐるーっと一周するサイクリングコースのことでございまーす。さて...

続きを読む

ビワイチ、ロングライド?センチュリーライド?迷うなー

「びわ湖一周ロングライド2017」の受付が始まっています。昨年は、ロングライド150キロ、とても楽しかったです。ただ、センチュリーライドは、マキノ高原のメタセコイヤ並木を走れると聞いて…。うーん、魅力あるなー、でも、自信ないなー。問題は…、その1 距離が長くなる→12キロ延びるだけだから、これはよしとしよう。その2 上りが多くなる→誰かさんと違って、普段から平地専門でーす。その3 朝が早くなる→出発が5時45分、ま...

続きを読む

復路編、そして加古川

たっぷりと個展を鑑賞して、心を癒され神戸を出発しました。帰りは、垂水まではできるだけ海岸沿いを走りたいと思います。予定距離は45.2キロ、平坦ですから、車にさえ気を付ければ、楽勝(のはず)です。では、観光案内、まずは南京町、にぎわっていますなー。豚まんで有名な老祥記はー、と?どうも向かいの曹家包子館で販売しているみたいです。まー、好みは人それぞれだと思いますが、一度食べてみないと、自分の好みかどう...

続きを読む

往路編 そして神戸

知り合いが個展を開いているので、見に行きました。しかし、往復とも海岸沿いを走っては面白みがありません。で、行きは山ルート、帰りは海ルートにしました。行きは、このようなルートです。白川峠とひよどり越えがちょっとしんどいかな?一応、加古川からの最短ルートで39.48キロを予定しています。では、まずは稲美町をめざします。野寺山高薗寺(こうおんじ)、ここで加古川から10キロです。高薗寺に来ると、なんだか懐...

続きを読む

鳥取、走りまーす

北条鉄道網引駅の大イチョウ、もう色づいたかなと思って、出かけてみました。うーん、もう少しですねー。一昨年はばっちりだったんですが、去年は、「時すでに遅し」でした。で、今年は、見逃さないように、何回かチェックに来ています。葉っぱが色づいていると、青空に映えるんですがねー。仕方がないので、万願寺川沿いをポタりました。走りやすい走りやすいと思っていたら、行き止まり。やっぱり進入禁止を無視してはダメですね...

続きを読む

千丈寺湖グルメライドのルート

今回も、大阪のMさんにルートガイダンスしていただきました。ありがとうございます、ルートはこのようになっています。母子までの上りは覚悟していましたが、母子、永沢寺の高台を終わっても、今回は、いくつか峠がありました。しかしその分、花畑や案山子など見どころも多かったです。起伏に富んだルートなので、速度もアップダウンが激しいです。京都のNさんにぴったりのルート、生き生きされていましたね。先頭がNさんです。私...

続きを読む

千丈寺湖グルメライド(後半)

第2の(?)目的地は、丹波猪村、山の中に突如現れたお食事処です。で、到着してびっくり。出迎えてくれたのは、可愛いおサルさん。写真を撮るので、「はい、チーズ」と言うと、ちゃんと、笑ってくれます。そして「ミキちゃん」でーす、だって。でも、過剰期待しないでくださいね、話はだいぶ誇張されているようです(笑)。さて、注文は丹波栗を使った栗ご飯定食、この季節にしか味わえません。またまたここで十分休憩をして、こ...

続きを読む

千丈寺湖グルメライド(前半)

春に続いての千丈寺湖サイクリングです。今回のサイクリングは中身が濃かったです。集合は9時、青野ダム駐車場です。少し肌寒くて、ウィンドブレーカが必要か、指ありグローブが必要か、悩みましたが、これから気温が上がるだろうということで、軽装で出発します。千丈寺湖の湖岸を走り、母子(もうし)に向かいます。湖の中に木が生えている様、何とも言えず神秘的で、風情がありますねー。朝霧が立ち込めていたら、シャッターチ...

続きを読む

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -