FC2ブログ

記事一覧

ユキダルマというよりは赤いダルマ

花のある豊かな暮らしということで、シンビジウムが咲き出したのが1月28日でした。2月に入ってデンドロビウム・ユキダルマキングが咲いています。なぜ雪だるまというのか疑問に思っていたのですが、最近分かりました。一つの花をじっくり見るとなるほどですが、どちらかというとむしろ赤ダルマですね。そして昨日、赤いデンドロが咲きました。デンドロビウム・ビギバム?→スノーフレーク・レッドスターこちらのはかない小さい花も...

続きを読む

真夜中のたずねびと

需要の少ない本の話で、申し訳ございません。実は、だいぶ前に読んでいたエリク・シャファクさんの「レイラの最後の10分38秒」、読み切れてなかったので、もう一度借りて読破しました。イスタンブルの路地裏のゴミ容器のなかで、一人の娼婦が息絶えようとしていた。テキーラ・レイラの生命の旅立ち…。しかし、心臓の動きが止まった後も、意識は続いていた──10分38秒のあいだ。トルコ社会の持つ因習、暴力、差別、活力、友情、信念...

続きを読む

♪あーる日、突然ー♪(追写真)

2日前のこと、朝起きてみるとランの花が咲いています。突然です、少しつぼみが膨らんできたかなーとは思っていたのですが、突然咲くんですねー。いやー、親は無くとも子は育つ、何もしなくても水さえやっておけば花は咲く。ウソでーす、実はここまで丹精込めて育ててきたのはKR銀輪さん、私はもうすぐ咲きそうな鉢をもらって帰って来ただけです。(笑)こっちのシンビジュームもつぼみが膨らんでいます。そのあとはデンドロビュー...

続きを読む

ウオーキング?

「鳴く鳥は、いねがー、親の言うこど聞がね鳥は、いねがー」ということでカメラをぶら下げてウオーキングです。3日間の雨で、これだけ水が増えると、コウノトリは溺れますね。ふーん、何で行ったり来たりしているのかな?鳥の集団行動、不思議です。カワセミはいねがー?いませんなー。見つけようと思ったときに見つからない。今日のような暖かい日にカメラを持って歩き回るのもいいもんだなーと思いました。クリックしていただけ...

続きを読む

アイウエアが見つかってよかった

歳を取ると困るのが、すぐにものを忘れることとすぐにものをなくすことです。だいたい2つ以上のことをしようとすると、必ず一つは忘れますし、さっきまで使っていたものがなくなるのはしょっちゅうです。最近なくなって困ったのが調光アイウエアです。♪カバンの中も つくえの中も 探したけれど♪、見つからないんですよ。だから仕方なく、以前使っていたサングラスを使っていました。ただこれは夕方になると、全く見えないので危険...

続きを読む

やっぱりお前か?

稲美町に向かっていると、O池の方に大型の鳥が舞い降りてくるのが見えました。慌てて自転車を走らせます。いました、コウノトリとアオサギです。アオサギはだいぶ深いところまで行っていますが、コウノトリは深いところが苦手。今日はコンデジしか持っていないので、記録画素数を上げて写しています。J0317、やっぱりお前か。お前はまだ0歳、よく1羽だけでどこにでも出没するなー。ホンマに恐いもの知らずの冒険野郎やなー。と思っ...

続きを読む

歳かなー、寝つきがよすぎるんですが

最近、歳を取ったのか、夜になるとコトンと寝てしまって、読書が進みません。まあ眠くならないのは伊岡瞬さん、いろんな手法のミステリーで感心します。「本性」の第1話、サトウミサキに関わった人物が死んで話は終わったのかと思ったら、第2話でもサトウミサキが登場、そしてまた彼女に関わった人物が死んでいく。最後にすべてが明らかになるんだろうと予想はできるのですが、何が明らかになるのかが分からない。まさにミステリー...

続きを読む

気温3.5度、寒くはないけど距離が伸びない

予報では6℃でしたが、6℃までも上がりませんねー。でも注文していたソーチェーンが届いたので、刃を入れ替えて剪定の続きをします。本当は刃を研いだらいいのでしょうが、技術もないしやる気もない。そんなことをしていると、ジョウビタキのオスが遊びに来ました。「こっちを向け!」半分、念が通じました。(笑)まずは柿の木2本を剪定。とにかく思い切って切ります。チェーンソーで切るのは簡単ですが、高枝切ばさみで切るのは...

続きを読む

分解掃除、やった甲斐が…

いつ入手したのか分からない双眼鏡、だいぶレンズが汚れていて、コウノトリを見ても足環の色や刻印がはっきりしませんでした。レンズを掃除したいのですが、どうすればいいのやら。対物レンズなんかたぶんネジ式だろうなーと思って、グイッと回したら外れました。メガネの曇り止めできれいにしておきます。対物レンズが外れるなら接眼レンズもきっと外れるはず。がんばって回していると、あれ、抜けちゃった、元に戻せるかなー?取...

続きを読む

期待外れが続きました

最近、期待外れが続いています。といっても、自転車や畑の話ではなく、本の話です。一つ目は高山羽根子さんの「首里の馬」。第163回芥川賞受賞作品ですが、私には読み進めるのがしんどかったです。二つ目が馳星周さんの「少年と犬」。第163回直木賞受賞作品です。残念ながら「犬好きの人に贈る感涙小説」にはなりませんでした。今読んでいるのが、エリフ・シャファクさんの「レイラの最後の10分38秒」。1990年、トルコ。イスタンブ...

続きを読む

やる気が出んのは困りますなー

今年はコスモスが少ないと思っていましたが、稲美町の有馬芳香堂の西に広大なコスモス畑が広がっていました。ここは去年もやっていたのですが、去年より広いです。看板は何もありませんが、これだけ広いと見ごたえがあります。ところで畑の片づけが遅々として進みません。取りあえずトウモロコシの残骸だけでも片づけます。雨で足元が悪いということもありますが、やる気が起こらんのですわい。何とかトウモロコシとトマトは片づけ...

続きを読む

この歳になって、新記録達成!

心配をしていた台風ですが、通り過ぎるとやれやれです。しかしオクラは大きい分、風にやられています。まあ、これぐらいはどうってことないのですが、オクラは1日採り遅れると、ほれ、この通り、すぐに巨大化してしまいます。でも、このオクラが新記録ではありません。新記録は、今日の歩数です。どこをほっつき歩いとったんやー。ちなみに土曜日は9628歩、最近リハビリをさぼっていただけによかったかな。「老化は足から」、でも...

続きを読む

何歳になっても出会いがある

申し訳ありませんが、本との出会いの話です。「沖晴くんの涙を殺して」という額賀澪さんの本を読みました。つい最近、発売されたばかりです。地震の後、学校に迎えに来た両親とともに津波に飲み込まれた沖晴くん、父と母と母のお腹の中にいた妹か弟を奪われ、沖晴くんも津波に飲み込まれそうになります。しかし沖晴くんは溺れそうになりながら死神と取引をして、生き残る代わりに喜びだけの感情を持った少年になりました。9年後、...

続きを読む

スワンってなんだ?

申し訳ないです、自転車とも畑とも全く関係のない話です。呉勝浩さんの「スワン」、スワンって何と思いながら読み始めました。大型ショッピングセンター「湖名川シティガーデン・スワン」で起こる大量殺人、犯人2人は自死、半年後、犯人にとらわれながら生き延びたいずみに届いた一通の招待状。明々白々な事実を掘り下げていくところに見えてくる真実、たまたまそこに居合わせた者がとった行動にどんな責任があるというのか?構成...

続きを読む

まだバレてませんよー

昨日のカラスの80倍もそうですが、実は最近、カメラを変えました。IXY200のレンズに傷がついて、遠くを撮る時は問題ないのですが、近くを撮ると真ん中が白くぼやけるようになっていました。毎度のことながら、歳を考えて、「今、買わないといつ買うねん?」を言い訳に、新しいカメラを購入してしまいました。びっくりしたのがWi-Fi機能!いちいちSDカードを抜かなくても、線をつながなくても、カメラからPCに画像を送れるんですね...

続きを読む

3度目の正直?

傷ついた梨をもらったので三度目のジャムづくりです。これまでの経験から、今回はさらに砂糖の量を減らして9%にしました。そして何回か作っていると、いろいろ変わってきますが、一番変わったのは、小さなビンに小分けして入れることです。この方が使いやすいので。やっぱり人間は為すことによって学ぶんだなーと思いました。ところで話は全然違うのですが、最近、東野圭吾さんの「希望の糸」を読んで、この人、すごいなと思いまし...

続きを読む

熱源

川越宗一さんの「熱源」、明治維新から太平洋戦争終結までの、時間的にも空間的にも壮大な歴史小説、第162回直木賞受賞作品です。最初の読みにくさは、第160回で受賞した真藤順丈さんの「宝島」と一緒です。400ページを超える長編で、最初の30ページは意味不明(伏線になっているのですが)、もう少し歳を取ると、この小説を読み切ることはできなくなると思いました。舞台は、サハリン、北海道、ヴラジヴォストーク、ポーランド、...

続きを読む

声はすれども姿は見えず、ほんにお前は屁のような

先日からLineが、「音は鳴れども画面は真っ暗、ほんにスマホはやっかいな」状態に陥っています。Line電話が来ると音は鳴るのですが画面表示が出なくて困っていました。スマホというのは普段使っているには便利なんですが、一つおかしくなると、本当に困ってしまいます。無意識に変なところを触ってしまったのか、アップデートなどで勝手に何か変わってしまったのか、原因が分からないのに答えを探さなくてはいけません。ネットで検...

続きを読む

暑さに負けず遊びました

暑い暑いと言っていても、涼しくはなりません。ということでドローンを加古大池に持って行きました。一度、加古大池を空撮してみたいと思っていたんです。アプリでドローン禁止区域に指定されていないことを確認してからちょっと遊んでみます。私のドローンは200g未満なので、法規制を受けないのですが念のためです。空から見ると加古大池って天橋立みたいですねー。残念ながらウィンドサーフィンをやっている人はいないようです。...

続きを読む

世の中、分からんことだらけですわ

最近では、直木賞や芥川賞を受賞した作品よりも売上部数が伸びる本屋大賞,年間大賞は凪良ゆうさんの「流浪の月」でした。訳の分からない純文学や大衆文学といった色分けがなく、書店員さんからの投票ですから、おもしろくないわけがない。この「流浪の月」も面白かったです。ロリコンと思われる大学生の文に居場所を求めた9歳の少女更紗、「家内更紗ちゃん誘拐事件」の真相は、報道とは全く違っていた。事実と真実は違う、誰にも理...

続きを読む

PeakFinderは使えるか?

山座同定ナビが年間500円必要ということで、どうせなら買取のPeakFinderをインストールしました。グーグルプレイで残っていた650円の内、560円を使います。それではさっそくいつもの場所で試してみます。鉄橋の向こうに見えるのは、高御位山です。ピークファインダーを向けると、このように稜線が出ます。そしてシャッターを押して、稜線と画像を合わせます。手元がぶれて合わせるのが難しい。写真を保存してから稜線を合わせた方...

続きを読む

やっぱり金を取るんかー?

今からでも遅くはないトウモロコシを定植します。少数精鋭の20株、10月半ばの収穫が楽しみです。夕方、少し曇ってきました。この風景、どこかノスタルジックだなー。特に薄くかすんだ低い山、あの山はなんという山なんでしょう?ちょっと気になったので山座同定アプリで調べてみます。はー?やっぱり金を取るんかい?世の中、そう甘くはありませんねー。ノスタルジックな雰囲気に浸っていましたが、一気に現実に引き戻されました。...

続きを読む

今日が人生で一番若い日

囚人たちに説法をしていた教誨師の顕真は、その一人に目が釘付けになる。なんと学生時代、同じ山岳部に所属し行動を共にしていた親友の関根ではないか。関根はすでに確定死刑囚、彼が本当に人を殺したのか?幼稚園で幼児らを惨殺した“平成最悪の凶悪犯”仙街不比等、彼を担当する天生検事は仙街を取り調べ中、意識を失い、気が付けば目の前に彼の死体、机の上にはトカレフがあった。指紋や硝煙反応が検出され、身に覚えのない殺害容...

続きを読む

久しぶりにおもしろかった本

ディーリア・オーエンズさんの「ザリガニの鳴くところ」以降、これという本に巡り合いません。かろうじて垣谷美雨さんの「うちの子が結婚しないので」はすぐに読み終えましたが…。そしてまたまたスランプが続きましたが、自称元ハルキストの私が期待していたのが、村上春樹さんの「猫を棄てる」でした。表紙は何となく「海辺のカフカ」に似ているし、「捨てる」ではなく「棄てる」だし、サブタイトルが「父親について語るとき」…、...

続きを読む

給付金は何に使う?

風速を測ろうと思ったら、風速計がうんともすんとも言いません。おいおい、壊れるのが早すぎやろー。これはクレームを入れて交換してもらわんとあかんなー。電池が2個ついていたんで、取りあえず電池交換。動きました!え、動くん?わずか10回ほど使っただけで、電池切れするって、一体どこのメーカーや?LIXING?、知らんなー。調べてみると、「武漢Lixing(トーチ)電源株式会社」って会社でした。まあほかの人のレビューも、電...

続きを読む

自転車に乗らんかったら、暇やろ

天気がいいです、しかし…、「自転車に乗らんかったら、暇やろ」、ということで、梨の袋掛けを頼まれました。傷ついているのは、最初から除外。やり方を教えてもらってやりましたが、思った通りしんどい。野菜も果樹も一緒で、害虫被害を防ぐのに農薬を使わないとすれば、物理的な方法しかないでしょうね。午前中いっぱいかかりましたがな。「自転車に乗らんかったら、暇やろ。」いえいえ、自転車には乗っているんですよ。今日の河...

続きを読む

最近、Wi-Fiが遅い

私は古ーいAterm WG1200HSというルーターを使っていますが、最近、Wi-Fiが遅いです。テストしてみると、古いルーターが原因なのか、それともステイホームで使う人が多くなったせいか?このルーターの仕様を調べてみると、実行スループットが、Wi-Fiでは最高462Mbpsに対し、有線LANでは最高940Mbpsになっています。ということは、有線にすると速くなるかも。あー、倍にはならんけど、ちょっと速くなりました。ちなみに壁からルータ...

続きを読む

やることがない…

ほぼ毎日畑に来ていると、だんだんやることが少なくなってきます。そんな時はBBQ!アルミホイルでジャガバターはポピュラーですが、アルミホイルでタマネギはとろっとろになります。そして畑からソラマメをちぎってきました、今年の初収穫ですよ。うーん、ちょっと火がきつすぎたか?でも、中身は大丈夫、ソラマメの甘い味と香りがぎゅっと濃縮されていて、ちょっと塩を振って…、こりゃ、ビールのつまみに最高だー。もう少し、畑か...

続きを読む

ドローンで遊びました

雨が上がり一段落ついたので、久しぶりにドローンで遊びます。まずは昨日の植え付けたところをドローンで確認します。前回のソラマメジャングルと違って、幅が広いので飛ばしやすいです。左側が今回植えた苗、右側はジャガイモです。今回、植え付けたのは赤い丸の部分です。そう言えば、エッケイさんから上空撮影のリクエストがあったのでやってみます。今回は対地高度40mまで上昇させました。もし画面下にドローンの影を見つけら...

続きを読む

ザリガニの次はライオンか?

GWが始まりましたがステイホーム、いかがお過ごしでしょうか?家にいるとよく本を読むのですが、最近は図書館が閉まっていて困っています。閉館される前に何冊か借りていて、「ライオンのおやつ」もその一冊です。先日の「ザリガニの鳴くところ」は、本当にすごい本だと思いましたが、今度はライオンです。作者は小川糸さん、以前に「食堂かたつむり」を読みましたが、作品には人柄があらわれますねー。若くして余命宣告を受けた主...

続きを読む

全米500万部突破のベストセラーはすごかった

ザリガニの鳴くところ?、何この本?(画像は早川書房のオンラインページから)早川書房のページでは、次のように紹介されています。500万部突破! 2019年アメリカで一番売れた小説ノースカロライナ州の湿地で村の青年チェイスの死体が発見された。人々は真っ先に、「湿地の少女」と呼ばれているカイアを疑う。6歳のときからたったひとりで生き延びてきたカイアは、果たして犯人なのか?不気味な殺人事件の顛末と少女の成長が絡み...

続きを読む

ブログ復活のお知らせです

長い間、ブログをお休みさせていただき、またコメントへの返信も全くできなくて申し訳ありませんでした。今日から復活しますが、さっそくここで問題です。(なんでやねん?)問題は、「なぜ3週間もブログを休んでいたのでしょーか?」です。答えを、下の4つから選んでください。1. 入院していたためブログを更新できなかった。2. この時期、どこも空いているのでちょっと自転車旅に出てていた。3. ほぼ毎日ブログを書き続けて...

続きを読む

銀輪さん、さまさまの1日でした

KR銀輪さんにもらった八朔で3度目のマーマレード作りです。今回は、とろみを出すために、白いワタの部分と種も使います。ネット情報によると、ワタと種にはとろみとなるペクチンが含まれているそうです。出汁袋に入れて、一緒に煮詰めていきます。種は思ったより少なかったので、ペクチンがよく出るように包丁で半分に切りました。仕上げは、今回は本物のレモンを使いましたが、ここに種がいっぱいあったので、これも一緒に入れた...

続きを読む

この酒、うまい!

申し訳ありません、自転車とも畑とも全く関係ない話です。m(_ _ )m菊正宗の「磨き39」という酒をもらったので、さっそく体内消毒をしてみました。大吟醸は磨きが50%以下と決められていますが、39%とはすごいです。(39%まで磨いて残りの61%はどうなっちゃうんでしょう、もったいない。できたら私の好きな米粉パンの材料にしてほしいなー。)口に含んだ瞬間、全く尖った感じはなく、まろやかさと華やかさが伝わります。そしてふわー...

続きを読む

ため池横断

ため池横断、この寒い時期に泳いで?いやいや私が横断するわけではありません。まずは池ポチャの心配がない水のない池でドローンを飛ばしてみます。長靴を履いているので、全然怖くありません。(ドローンアイから)次はいよいよ水のある池の上を飛ばしてみます。ドローンアイから見ています。真下を見ると機影が映っていますが、水が濁っていて天気が悪いので、この程度です。やりました、ため池横断成功ということで、今日の任務...

続きを読む

花のある生活

室内室内室内ベランダベランダベランダ悲しいことにベランダの花はあまり見てもらえません。以前、シャコバサボテンにつぼみがついてうれしくて室内に入れたら、全部つぼみが落ちちゃったことがあります。同じ花なんですがねー。クリスマスローズ、初めて咲いたのですが、外で我慢してもらいましょう。花のある生活、続けていきたいと思います。クリックしていただければ、うれしいです。にほんブログ村にほんブログ村...

続きを読む

自転車の足と山登りの足は違うと分かりました

最近、自転車乗りさんがウォーキングや山登りを楽しんでいるブログをよく見ます。ということで、私も今日は自転車ではなく歩いて山登りに挑戦します。目指すは升形山、八十の岩橋(やそのいわはし)です。加古川を渡っているとき、円を描くように大きな鳥が飛び立ちました。円を描いて上昇気流に乗る飛び方、たぶんコウノトリです。訂正:写真を見ると首が短いので、コウノトリではないみたいです。相当な高さまで舞い上がってから...

続きを読む

BiCYCLE CLUB 4月号に激しく同意!

バイシクルクラブ4月号で、「禿同(はげどう)」な記事がありました。(ところで、「禿同」とは「激しく同意」の意味で、「今使うと恥ずかしい、もはや死語になったネット用語10選」に入っています。)本題に戻って、シクロクロスの兄弟チャンピオン、筧さんの、「気持ちが衰えたとき 身体が衰える」という記事です。私自身、今は楽しく自転車に乗ってロングライドを楽しんだり、野菜作りやドローンを楽しんだりしていますが、い...

続きを読む

リタイヤシニアの合言葉、「今からでも遅くはない」

畑に支柱を立てて、黄色いビニールテープで目印を付けます。何のためかと言いますと、これです。ドローンスクールに通ったことがあるのですが、やっぱり腕を磨くには自主練です。ということで、畑でドローンの練習をします。真ん中にランディングマットを置いて、四角形にポイントを置く方法は、ドローンスクールで習った通りです。実は遠目で見てのランディングって意外と難しいんです。老眼ということもありますが、このあたりか...

続きを読む

リタイヤシニアの身につまされる話

定年退職して再雇用先が倒産、もう家でゆっくりしようとしていたところ、妻が心療内科に通い出し、娘から妻はフゲン病らしいと聞かされる。「それはどういった病気なんだ? 普賢岳と何らかの関係があることぐらいは察しがつくが」「父さん、夫源病も知らないの?」 垣谷美雨さんの「定年オヤジ改造計画」です。会社の先輩たちが、退職後は酒浸りになったり、一日中テレビを見てごろごろする噂を耳にしても、全くの他人事だと思っ...

続きを読む

原因はスマホにありました

ガーミンのブルートゥースがすぐ外れる、ドローンとの通信ができない、すべての原因は格安スマホにあったことがわかりました。スマホとドローンの接続、あれほどできなかったのが、スマホを換えたとたん、一発OKです。離陸をしても、ドローンカメラから遅延なくスマホに映像が送られてきます。え、スマホの取り付け位置がおかしい?実はコントローラーのホルダーにスマホを正しくセットすると安定しないんです。なぜかって、このス...

続きを読む

♪走るー走る、俺たーち、流れーる汗もそのまーまーに♪

風は強いけど、天気がいいので走りに出かけました。加古川河川敷に出ると、「加古川みなもロード」という30kmマラソンをやっているようです。コースは貸し切りではないとのことですが、ここは走れません。ということで下流の明姫幹線側道から加古川右岸に入ります。♪走るー走る、俺たーち、流れーる汗もそのまーまーに♪いやそんなに頑張って走っているわけではありません、向かい風→爆風→爆風スランプ→ランナーと連想ゲームをした...

続きを読む

青春の思い出は金で買える時代

すごいタイトルになっちゃいましたが、ネット社会が発達したおかげで、青春時代の愛読書だった本を手に入れることができました。それは、真崎・守さんの「ジロがゆく」です。さすが古本屋さん、グラシミン紙でカバーされています。だから中身はともかく、表紙は新品みたいにきれいです。自転車で走っているときも、見開きのこのページが浮かんできたりしますが、ネットが発達していなければ、絶対入手は不可能だったと思います。だ...

続きを読む

PCの期限が迫ってきましたよ

Windows7がもうすぐ期限切れなので、清水の舞台から飛び降りてwindows10を購入。データーというか、パスワードなどの移動がむちゃくちゃ大変です。英数6文字以上、しかも1文字以上は大文字でとか、同じパスワードは使わず、3ヶ月に一回は変更とか、しかもパスワードは紙に書かずに覚えておけって、人間の能力をはるかに超えています。こんなん、出来る人っているんでしょうかねー?パソコンを買ったのは数日前なんですが、今日は雨...

続きを読む

俗世間の欲と垢にまみれて

俗世間の欲と垢にまみれて本能のままに生きるGGチャリダですが、ここ数年、12月の第1日曜だけは心の洗濯日になっています。開演の1時間前に行ったのですが、もうこの状態でした。今年の指揮者は昨年と同じく楽譜を見ない栗辻さんで、演奏曲は、「ジャジャジャジャーン」で有名な「運命」と、それを継承・発展させた「幻想交響曲」でした。ベートーベンの「運命」の「ジャジャジャジャーン」は有名なのでよく聞きますが、全楽章を通...

続きを読む

寒い日はDIYで楽しみましょう

時計が止まっちゃいました。この前、初めて自分で電池を交換してわずか5ヶ月!ということでまたまた電池交換にトライします。まあ、2度目なので割と慣れてきました。しかしあまりにも電池の持ちが悪いので、交換した日付を書いておきます。これ、5個セットで489円、やっぱり逆輸入品はあかんのんかなー?まあ、電池交換1回100円やから、許したるわ。続いてヤマゼンのデスクファン、とても使い勝手がよい扇風機なので2台持っていま...

続きを読む

今度は「危険なビーナス」

今度は軽ーく、東野圭吾さんの「危険なビーナス」です。途中まではむちゃくちゃ面白い。そして最後、「はー、こんなん、ありー?」って感じです。昔、眉村卓さんが「そして彼は胸のボタンを押した、と書けば、何でもSF小説になるんですよ。」と言われてたのを思い出しました。軽い本の後は、最近はまっている村田喜代子さんの短編と長編を借りてきました。秋の夜長はサイクリング計画と読書、リタイヤ組も忙しいです。最後までお付...

続きを読む

怖い物見たさ、久しぶりにすごい作家と思いました

村田喜代子さんの「飛族」が面白かったので、今度は第97回の芥川賞を取った「鍋の中」を借りてきました。すごいです。親たちは病気のおじさんを見舞うためにハワイへ行き、子どもたちは田舎のおばあさんと一夏を過ごす。日常的と思える非日常が作品の中にゆっくりと流れている、「飛族」と通じるところがありますね。村田さんの文筆活動の始まりである「水中の声」は、4歳の我が子を亡くした母親が、全国子供を守る会に入って、周...

続きを読む

やっぱりうまく行かんのー

いい季節になってきたので、久しぶりにドローンを飛ばしてみました。スマホだけで飛ばすと、ちゃんと写真も撮れてうまく飛ばせるのですが、リタイヤしたシニアにはスマホで細かな指先操作をするのは無理です。だからコントローラーで操作したいのですが、離陸まではうまく行きますが、その後は画面が真っ暗になってホバリング状態からうんともすんともしません。アンドロイドで少しはコントローラーが使えるようになったんですが、...

続きを読む

「飛族」

予約していた村田喜代子さんの「飛族」が入ったので、さっそく借りてきました。島で最年長だった97歳のナオさんが亡くなって、久しぶりに島に帰ってきたウミ子にイオさんが言う。「わしは生まれて九十年がとこ、この島に住んで、今が一番悩みもねえで、安気な暮らしじゃ。」過疎という言葉ですら表現できない国境に点在する離島、海と空、魚と鳥、生と死、島に伝わる素朴な祈り、気負いもせず、誇張もせず、語りのように話が進んで...

続きを読む

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -